2017年05月24日

プログラマ新人研修を紹介します!


みなさんはじめまして!新人プログラマのあまねるです!
初ブログ! ということで張り切らせていただきたいと思います!

いきなりですが、この会社に入って驚いたことと言えば自分のあだ名を付けることです!私は自分で決める前に事前に総務の方からこの「あまねる」という洗礼名をいただいていたので使わせていただきました!ちなみに好きな声優さんは木戸衣吹さんです!

冗談めいた挨拶はさておき、私あまねるは入社してから一か月半が過ぎ、プログラマ新人研修を丁度終えたところでございます。そこで、今回はプログラマ新人研修について簡単に紹介させていただきます!



プログラマ新人研修は、まずUnrealEngineに慣れるということでブループリントをカチカチしながら一か月かけてゲームを作ります。その際、師匠が必ず付くシステムなので心配は要りませんでした!私あまねるにはとっても優しい師匠、まうさんの指導の下ひたすらカチカチしました。

どんなゲームを作るのか?は自由なのですが、ちゃんと期日内に完成させることが大前提です。これは無理そうだ、とか、これなら実装できそうだ、といった事をきっちり考える必要があります。その面を身に付ける意味もこの研修には含まれています。当然、技術面だけでなく、スケジュールのことも師匠は優しくアドバイスしてくれました。

そしてカチカチすること一か月…




1.jpg


ついに完成! 個人的に対戦ゲームが好きなので対戦ゲームを作りました!
CPU対戦と対人戦、どちらもちゃんと遊べますよ!苦労した点、というよりも後悔があるとすればUIに自分なりの正解を見つけ出すことができなかったことですね(情報がユーザに伝わりませんでした)。それでもなるべくゲーム画面は常に動かすように工夫はしました。静止画だとわからないですが、ダメージを受けると上のゲージガタガタ揺れるんですよ〜!



完成したゲームは先輩方に呼び掛けをし、プレイしていただきました。

2.jpg

3.jpg

皆様お忙しい中、ありがとうございました!


面白いと言っていただけたり、アドバイスをいただいたり、大変貴重な時間でした。自分なりに拘って作ったこともあり、遊んでもらえて良かったと思いました。こんなに遊んでもらえるならもっともっと時間があれば!とも思う部分もありました。
作ったものを他人に評される、とても新鮮で 研修ながらプロの世界に入ったんだな、と強く感じました!


4.jpg


以上がプログラマ新人研修の簡単な紹介です!
楽しそうな雰囲気が伝わったら幸いです!

新人プログラマあまねるでした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

posted by byking at 16:36| 日記

2017年05月17日

マレーシア

以前バイキングで働いていましたが、
今年3月まで常夏のマレーシアで仕事をしていて、
時を経て再び日本で一緒にお仕事することになりました
デザイナーのアマカワです。

001_amakawa.jpg


マレーシアでは、
日本のゲームグラフィックのお仕事(3Dモデリングなど)をマレーシアを含むアジアの開発会社様に発注したり、そのサポートなどをやっていました。
並行して、バンコク、シンガポールなどの東南アジアのスタッフ達と、
ゲームアプリケーションの開発もやっていました。
最近は、日本のゲーム開発もどんどん国際的になってきている印象があります。

特にマレーシアではMDeCというIT国家機関が積極的に支援していることもあり、
3DCGのグラフィックスタジオが盛んです。
海外の大手企業(EA, Naughty Dogなど)や日本の大手企業が、
積極的にグラフィックのアセット開発をマレーシアの会社に委託している状況です。
マレーシアの開発会社は、スタッフと英語でスムーズにやりとりができることや、
インフラが比較的に整っているというメリットがあります。

ゲーム開発の仕事をしていると、外国製のツールを使うことも多いですし、英語に触れる機会が多いです。
最近では、英語に強い人材が求められることもあるので、僕も英語の勉強を続けています。

ちなみに、ここまでいろいろ説明しましたが、
そもそも「マレーシアってどこ?」と思っている方が少なくないと思われますので、
マレーシアを宣伝させていただきます。


「僕のオススメするマレーシアの良いところ」
マレーシアとは
みんな大好きな、タイの南にあります。首都はクアラルンプールです。
クアラルンプールの意味は「泥が合流する場所」だそうです、、、ちょっとがっかりな感じがしますね。

1. [自然が豊か]
東マレーシアは、ボルネオ島にあります。ジャングルです。
世界最大の花「ラフレシア」が咲いてます。あと虫がでかい。
  
2. [食べ物がおいしい]
チャイニーズ、インド料理(もっぱらカレー)、マレー料理(ナシゴレンとか)が選べます。イスラム教の国なのでお酒は高いです。
僕の好物は「ラクサ」というエビヌードルです。大丈夫。そんなに辛くない。
日本人にドリアンを食べさせると8割が残念な表情になりますが、僕は好きで す。

003_food01.jpg


今後、ますます東南アジアでのゲーム開発が盛んになると予想されます。
国内や、北米、ヨーロッパの情報だけでなく、
東南アジアにも目を向けてみると面白いかもしれません。

これから世界で受け入れられるゲームをバイキングで開発していこうと思います!




posted by byking at 17:11| 日記

2017年05月12日

ガンスリンガーストラトスΣのご紹介


こんにちは!
気がついたらもう、入社4年目に突入しました企画のクリヤマです。


今回は、ガンスリンガーストラトス3の稼働から一年。
戦略性が重視されるゲームへと生まれ変わった
「ガンスリンガーストラトス煤vについて紹介していきたいと思います。

もちろん、バイキングも開発に関わっています!

ガンストシグマロゴblog用.jpg


ガンスリンガーストラトス狽ヘココが変わった!


その1 「キャラクターの役割の明確化」

ガンスリンガーストラトス狽ナは
キャラクターがチーム内で求められる役割に応じて「タイプ」があります。

例えば……

素早い移動を生かし敵陣をかき乱すことが求められる「スピード」タイプ
高い攻撃力、耐久で戦線を押し上げることが求められる「パワー」タイプ

戦線押し上げの支援と自陣をかき乱してくる敵への対処が求められる「サポート」タイプ
後方からの戦況の把握、敵のクリアリングが求められる「スナイプ」タイプ

といったようになっています。


ガンスリンガーストラトス狽ナはこのような役割が顕著に分かれようになりました。
そのため、分担によるチームプレイの戦略性がより重要になっています。


自分の使用キャラクターがチーム内で求められている「役割」を把握することが勝利への第一歩になりそうです。




また、キャラクターセレクトもアップデートされています!


キャラクターに求められる役割、タイプが分かりやすくなっただけでなく、
「俺は敵を撹乱するような戦い方をしたい!」といったような
自分のやりたいことができるキャラクターを見つけやすくなっています。


それだけではまだ、よく分からないといった方は、
キャラクターの足元に表示されているパラメータを参考にしてみてください。


キャラセレ-パラメータ拡大画像.jpg


そのキャラクターは何が得意で何が苦手なのかがひと目でわかるようになっています。


それぞれのキャラクタの得意な点や苦手な点を分かることで
より自分にあったキャラクターが見つかると思います。



その2 「戦い方のセオリーの変化」

対戦では新しく3か所からリスポーン地点を選ぶ形になりました。
これによって自陣がより分かりやすくなりました。

戦線画像.jpg

敵と向かい合った際に赤側と青側がそれぞれ陣になることが分かるかと思います。
そして、自陣と敵陣の境目で主に敵と戦う事になります。


そのため、敵に自陣に攻め込まれているとリスポーンしてすぐに敵と近距離で交戦することになってしまい、
中遠距離のキャラクターがいきなり不利な状況になってしまいます。


なので、自分たちが有利になるように、
自陣を押し上げていくといった戦い方が新しいセオリーになりそうです。


自陣をどのように、形成していくのかといった戦略性、
役割が明確化されたことによる味方をフォローし合うチームプレイこれらが
ガンスリンガーストラトス狽ナは重要になります。


上記の大きな変更点以外にも、
ブリーフィングのチャットが変更されていたり、
チャットを送りつつウェポンパックを選べるようにレイアウトが変更されていたりと
細かな部分でチーム内での連携を取りやすいようにアップデートされています!



最後にお知らせになりますが
現在ガンスリンガーストラトス狽ナは200円3+1PLAYキャンペーンが実施中です。


いつもより1PLAYお得に遊べるこの機会に
生まれ変わった『ガンスリンガーストラトス煤xをぜひプレイしてみてください!

posted by byking at 18:58| 日記

2017年05月02日

ニコニコ超会議2017

こんにちは!!
ゴールデンウィークが明日から始まりますね!!
皆さんはどこへお出かけするんでしょうかね~?
自分は音楽フェスへ行きます!!いやぁー楽しみ…楽しみ!!

というわけで!!
今回は…
4月29日(土)、30日(日)に行われました「ニコニコ超会議2017」参加レポートでございますっ!!

1.jpg

どこもかしこも人、人、人!!

2.JPG



そんな中、バイキングは「超ゲームエリア アーケードエリア」に出展しており、
無料でマジシャンズデッドを遊ぶことができる「タッチ&トライ」を行っておりました~!!
そして!!参加してくれた方には「マジシャンズデッド オリジナル缶バッジ」をプレゼントしておりました!!

3.jpg
▲全13種!!イラストになったキャラクターたちかわいいですね!!


会場の雰囲気は…というと、

4.jpg

常に人が待機している状態で大盛況でした~!!
「タッチ&トライ」では初めての方でも安心してプレイができるように操作説明などをスタッフが直接説明しておりました。

そして、そして…
会場を彩る公式レイヤーさん!!

5.jpg
▲左から「公式クラリス」「公式リプル」

いつ見てもお美しいです…。
そんな彼女らとスタッフ数名で現場をまわしておりました!!

皆さんの協力のもとイベント開催2日間を無事終了することができました…!!
スタッフ&公式レイヤーさん!!そして、ご来場いただいたお客さま!!
ありがとうございました!!

6.jpg


休憩中に他のブースはどんなのかな…っと歩いていたのですが、
面白いブースがあったのでご紹介!!


7.jpg

円形トラスを組んだ中に円にカットしたターポリン(FFシートなんですかね?なんでしょう?)を張ったものが屋根になっていて、そこにプロジェクターで真上に投影する!!ありそうでなかったブース!!
円形トラスの上に半球体が乗っていてオシャレで遠くからでも目立つ作りになってました~!!

ここのブースの何がいいって…
会場全体の照明が暗いので光り物が目立つ!!
LEDライトも幻想的に存在感を出しております!!

もし会場全体が暗かったら…LED仕込んで…チャンネル文字とか…そういえば最近完全な空間に3Dを映すみたいなものもあったな…など「僕が考える最強のブース」妄想創作がものすごく加速します!!!!

そして、ニコニコ超会議といえばこちら!!
さいご.jpg

「大相撲超会議場所」!!
一度は見てみたかったこちらのブース!!
やっと見ることができました!!
ものすごく盛り上がってました…。

そんな感じで他にもマッチョがいるブースや、ライブをしているブース、踊っているブースなど通常のイベント会場では見られない斬新なブースばかりでとても刺激的でした!!

posted by byking at 17:42| イベント

2017年04月26日

新人歓迎会

こんにちは!
はじめましてプログラマーの瀬田です。

私もバイキングに入社してもう2年が経とうとしてきました。

その間にも新しいメンバーが入り、少しずつ後輩も増えてきました。

まー、年齢でいうと最年長に近いんですけどね!

そんな中、今年4月に入社した新入社員と中途入社のみなさんの歓迎会を行いました。

今回は16名の方がメンバーとして加わります。
新入社員はデザイナー3名、プログラマ2名、プランナー5名、総務1名
更に 5名の中途入社の方々を歓迎します!

特にプランナーの方が多数!頼もしいですね。

自分が開いていただいた歓迎会が遠い昔に感じてしまいます。すでに懐かしいです。

今回入社された方を含めると90名を超えるメンバーになっています。
会場をおさえるのもたいへんですね。幹事さんありがとうございます!!



今回の歓迎会場は、以前に利用したときにビュッフェスタイルの料理があっというまに平らげられた、という逸話があり はじまる前から緊張感が漂います。


1.jpg

新メンバーのみなさんはまんべんなく別れてそれぞれのテーブルへ。
代表尾畑から新メンバーへのエールと乾杯ではじまりました。

2.jpg



そして まずは食事、早速ビュッフェコーナーへ詰めかけます。
先輩が新人さんの料理をとりわけてくれているんでしょう!ですよね?

2.jpg



▼わりと和やかな感じで歓迎会は進みます。
5.jpg



▼中途入社の方も各テーブルをまわり談笑中、さすがしっかりしてますねー
6.jpg



▼めちゃめちゃ楽しそうな2年目に入った先輩達!
今後は後輩達を鍛えてあげてくださーい。
7.jpg



▼時を経て再び一緒にお仕事することになった方も!
8.jpg



足りないのではと思われていた料理も幹事さんのはからいで十分用意されていてとても満足でした。
お料理も美味しく、デザートも頬張り、会話も弾み、楽しんでいただいていたのではと思います。

とはいえ、はじめてお話する方多数なのでやっぱり緊張もありましたよね。
おつかれ様でした!

ともにいいもの作っていきましょうー!!
これからよろしくお願いします!


そして、新人歓迎会を終えてブログを書く段階で全員での集合写真を撮っておけば良かったと反省!

posted by byking at 19:08| 日記

2017年04月19日

デザイナー新人研修が始まりました

こんにちは。
背景デザイナーの駒形です。

今回はデザイナー新人研修の紹介をしたいと思います。

事前の就職活動で希望されるデザイナー業務は伺っているのですが
ゲーム制作において各デザイナー業務の仕事がどういうものであるか
実際の作業を通じて体験していただく体験研修を行います。


photo1.jpg


各体験研修期間は1〜2週間で
希望されるデザイナー業務に近い分野は長めとなっています。
主な内容を見ていきましょう。

○背景(1週間)

 3Dの基本知識とmayaの基礎的なオペレーションの説明

 ゲーム制作における背景作成の概要の説明

 背景で使用するアセットのモデリングとテクスチャの作成
 
○キャラ(1週間)
 
 ゲーム制作におけるキャラ作成の概要

 簡単な人間形状(棒人間)のモデリング

 上記作成モデルにスキニング

○モーション(1週間)

 ゲーム制作におけるモーションの概要

 任意の好きなマジシャンズデッドキャラクタを選択して
 「走り」モーションの作成

 上記に加えて任意の好きなアクションを作成

○UI(2週間)

 ゲーム制作におけるUI作成の概要

 架空の格闘ゲームの仕様・スクリーンショットから
 常駐UIをデザイン

 上記に加えて演出の作成

○エフェクト(2週間)

 ゲーム制作におけるエフェクトの概要

 UE4を使用したエフェクトの作成

以上が体験研修の概要です。

およそ2ヶ月ほど体験研修を行っていただいた後、
配属予定となるデザイナー業務の専門研修を1ヶ月ほど受け
各プロジェクトにアサインされます。


現在体験研修も3週目に入り
丁度モーションの体験研修を行っています。


photo2.jpg


スムーズに業務に入れますよう新人研修に力を入れていますので
是非ご応募いただければと思います。


posted by byking at 12:38| お仕事

2017年04月13日

マジで知りたい!MagiDE會(マジデカイ)!

はじめまして!
4月からBYKINGに入社しました企画新人のさっくんです。
入社して1週間たって思うのが会社に特撮グッズが沢山飾ってあることにテンションが上がっています。
私事ですが特撮が好きなので、特撮グッズに囲まれながら仕事ができる環境が天国に感じます。
会社の雰囲気に慣れたら、私のデスクも特撮グッズでいっぱいにしてテンションMAXで仕事をしたいと思います。

そんな中、今回はブログの作成のお仕事をさせていただきます。
今回はMagiDE會についてとその魅力をお伝えします。

[マジデ會]01a-6.jpg


【MagiDE會とは?】
MagiDE會とは、マジシャンズデッドをすでにプレイしている方から始めたばかりの方まで、全てのマジデプレイヤーが参加できる、マジデをもっと盛り上げよう!という対戦イベントです!


・魅力その@
【マジで熱い!店舗同士の対戦】
MagiDE會に参加する店舗同士の対戦を主に行います。
しかし、ただ対戦するだけではなく、参加店舗のメンバーが誰とチームになるか分からない「シャッフルマッチ」!
最強チームvs最強チームや初心者チームvs初心者チームなど、店舗内で作ったチームで他の店舗と対戦する「店舗間イベントマッチ」を行っています!
今まで知らなかった同じ店舗のプレイヤーと仲良くなったり、ノウハウを教えてもらうなど対戦を通して交流することができます!


・魅力そのA
【マジで強い!公式コスプレイヤーとの対戦】
参加するのは店舗同士だけではなく、公式コスプレイヤーさん率いるスタッフから作られた公式チームとも対戦することができます。
クラリスとリプルの公式コスプレイヤーさんと対戦することができ、どちらもトッププレイヤーレベルの強さです…
しかし、初心者の方でも他のプレイヤーと協力すれば勝つことも!他のプレイヤーと協力して戦い公式チームに勝利しましょう!

Image uploaded from iOS.jpg
▲公式コスプレイヤーのクラリスさんとリプルさん


このブログを読んで参加してみたいと思ったそこのあなた!
なんと4月15日(土)にMagiDE會が開催(予定)されます!
更に、参加して頂いた方にはマジシャンズデッドのNESiCAシールをプレゼントいたします!
その他、詳しい情報は下記のURLのサイトに記載されております。

皆様のご参加、心よりお待ちしております!!

▼4月15日(土)「公式店舗間マッチングイベントMagiDE會(マジデカイ)」開催のお知らせ
http://magiciansdead.jp/players/news/1197/

posted by byking at 17:33| 日記

2017年04月05日

新入社員の初日をご紹介!

本年度も、新入社員としてプランナー5名、プログラマー2名、デザイナー3名、総務1名、計11名が新たにバイキングに仲間入りしました。

つい最近の出来事のように感じる私こと2年目プログラマーの「かこ」が、
社会人として新たな一歩を踏み出した彼らの初日にお邪魔しました。

---------------------------------------------------------------------------------
毎週月曜日の朝は、定例のバイキング集会が行われます。
一週間の中で全社員が一堂に会する唯一この日。
早速そこに招かれた新人11名。
いち.jpg
先輩方の視線を熱く受けながら一人ひとりご挨拶!
緊張感がひしひしと伝わってきます。
熱い激励を受けたところでバイキング集会は終了です。
きっと各自決意を新たにしたことでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------

一度解散したあと新人は再び集合。
まずは各職種のリーダー陣が職種毎の説明を行います。
に.jpg
自身の職種のみならず、面白いゲームを作る上で他の職種との連携は必要不可欠です。
ここで今一度バイキングからの視点を織り交ぜて、各職種への認識を深めてもらいます。

---------------------------------------------------------------------------------

お昼休みを挟んで、次はマナー研修です。

講師は、総務の先輩お二方。
残念ながらマナー研修中にはお邪魔できませんでしたが様子はきっとこんな感じ↓
さん.jpg
来客対応や電話対応などは新人業務の一つ。
先方に失礼のないよう言葉遣いから徹底して学びます。


---------------------------------------------------------------------------------

マナー研修が終わったところで我々2年目組が、
朝の清掃などの新人業務引き継ぎのため説明を行いました。
よん.jpg
主に「清掃」と「ゴミ出し」についてです。
以前私の同期ワタナベが別の記事で主な新人業務について触れているので
詳しくはそちらを御覧ください。
ニューゲーム!

---------------------------------------------------------------------------------

続きまして、ネームタグ作り。
先輩方にいち早く顔と名前を覚えてもらいましょう。
中には本名に加えて、あだ名を書いてくれた子もいます。
ご.jpg
「師匠」はインパクト絶大です。一発で顔と名前を覚えました。

バイキングでは、あだ名で呼ぶ文化が比較的浸透しています。
ここで宣言したあだ名は、ほぼ決まるといっても過言ではありません!
顔と名前を覚えてもらうためにあだ名を活用するのは一つの手段かもしれません。
私も高校時代から呼ばれていた「かこ」で通しています。

---------------------------------------------------------------------------------

そして、ここでいよいよオフィスに入ります。
事前に用意された席に着いて、社内で主に使用している各種アプリケーションについての説明を受けたあと退社報告メールを書いて初日は終了です。
明日から自席にて職種別に研修が行われます。
ろく.jpg

---------------------------------------------------------------------------------

なな.jpg
最後にプログラマーとして入社した早川くんのピースをお届け。
実は彼は早期出社として11月から既に出社していました。流石の余裕です。
バイキングの内定者には早期出社という形で、一足お先に実際の業務に取り組むことができます。
現在、就職活動中の方はこういった制度があることも押さえておくと良いかもしれません。
早期出社のメリット!

---------------------------------------------------------------------------------

以上、駆け足となってしまいましたが新人の初日の模様をお届けしました。
彼らは一体どんな新風をバイキングに巻き起こしてくれるのでしょうか!
君たちの戦いはこれからだ。


posted by byking at 16:37| 日記

2017年03月29日

モーションデザイナーのお仕事

こんにちは。
モーションデザイナーのコデラです。

今回はモーションのお仕事についてご紹介したいと思います。


まずはモーション作業を容易にするための「リグ」という仕掛けをつくるところからはじめます。

モデル班から提供されたキャラクターには骨が入っていますが、そのままではモーション作業がとても難しいためです。この仕掛けは例えるならマリオネットを想像するとわかりやすいです。モデルが「操り人形の本体」だとすれば、さしずめ「リグ」はそれを思い通りに動かすための「糸」といったところですね。

rig1.jpg      rig2.jpg
ただの骨のままでは動かしにくい・・・       リグをつけると直感的で動かしやすい!
(画像はイメージです)

キャラクターを操作するための「リグ」ができたらいよいよモーション作業へ。

全くの白紙から手作業で動きをつくることもあれば、キャプチャーで撮影した動きからつくることもあります。どちらも一長一短で表現したい内容や作業コスト等から総合的に判断して決めることが多いです。

表現に直結する部分なのでモーションデザイナーとしてのスキルやセンスがはっきり問われるところですね。

kakoii.jpg      kawaii.jpg
カッコいいキャラはカッコよく!         かわいいキャラはよりかわいらしく!

さて、モーション作業が終わったら次はいよいよ実装作業です。

実装というのはちゃんと遊べる形になるようにデータをゲームシステムへ組み込むことを言います。なので、プログラマはもちろん、エフェクトやサウンドなど他セクションとの連携も必要になってきます。

頑張って作った動きも結局はゲームとして載せてみないと良し悪しがわからないので、全工程の中で実はとても大事なところだったりします。コントローラで動かしてみて気持ち悪い、ビジュアルに違和感がある場合にはまたモーション作業に立ち戻って調整することになります。

ue1.jpg
マジシャンズデッドではUE4で実装しています

ue2.jpg
表情や揺れの制御などもここで設定します

とまあ、こんな感じがモーションデザイナーの主なお仕事になります。
(他にもいろいろありますがその話はまた今度・・・)

モーションデザイナーの作業は用意されたキャラクターに動きをつけ、キャラクターに命を吹き込むという点ではとても楽しいお仕事ですが、キャラクターデザイナーが拘った1本の線、モデラーが凌ぎを削った1ポリゴン、それらのバトンを受け継ぎプレイヤーへと繋ぐという意味ではとても責任のある仕事ともいえるでしょう。

最後に・・・

もしあなたがゲームをやっていて好きなキャラクターがいたら、それは見た目だけの魅力ではないかもしれません。そのアクションや表情、仕草がキャラクターの見た目をさらに引き立てている事も少なくないのです。今度ゲームで遊ぶ時はキャラクターの動きにもぜひ注目してみてください。

では、また。


posted by byking at 12:14| お仕事

2017年03月23日

設定について考えてみよう

はじめまして!
マジデACのチームに参加しております企画のヅネと申します!

今回のブログは、先日行った企画座談会の興味深いお話についてです!

座談会写真2.JPG

座談会のテーマは「設定」。
RPGでいう世界観やストーリー等の設定です。


殆どのゲームには「設定」が存在しますが、その考え方を共有するのを目的としました。
ゲームの面白さに深く関係する部分ですからね!

また、今回は『実践する事で、考え方に対する実感を得よう!』という魂胆のもと、
各自でとあるゲームに「設定」を付けて、その理由を話し合うことで造詣を深めるというスタンスにしました。

そのとあるゲームとして取り上げましたのは「オセロ」。
白黒の駒で挟んだ駒を裏返し合い、最後に色が多い方が勝ちとなるゲームですね。


そして、「ゲームルールをなるべく変更しない」という制限で、色々な設定案を出し合いました所……
沢山集まりましたので以下に記載します!



 ●バトルロイヤルオセロ
  ・オセロ盤を広くして、多人数のバトルロイヤルをできるようにする。
   →お金や得点を賭けたりできるようになるのが魅力。
    対戦ツールとしての広域化を行なう設定。

 ●プロオセロ
  ・お金(給料や賞金)が発生するようにする。
   →お金という明確な目的を用意する設定。
    ランキングに応じてお金が貰えるなど、明確なメリットを用意することで、人を呼び込める。

 ●脱衣オセロ
  ・駒をめくればめくるほど女の子の服が脱げるが、めくられるほど厚着になる。
   →この欲望に突き動かされる層に向けての設定。
    早く脱がそうと思い序盤から飛ばすと後で逆転された際に見れなくなるなど、ゲームの流れすらも変わる。

 ●マスに罰ゲームを記載する
  ・駒を置いた先で隠されている罰ゲームがあるようにする。
   →1VS1のオセロを、パーティゲームとしてしまう設定。周りの人とワイワイできるようになる。
 
 ●電車オセロゲーム
  ・駅をマス目とし、実際の人間を移動させて行なう超巨大オセロの設定。皆で参加して隣の駅を挟む。
   →多人数動員型にする事で、お祭り感覚として「遊びたい」というより「参加したい」と思わせる。
 
 ●オセロの戦術をくわしく解説する
  ・ゲームとして、将棋の検討ソフトのように戦術や定石、一手一手の価値を教えてくれる。
   →将棋やチェスなども検討ソフト等の様に解説をつける事で「やろうと思ってもできなかった人」を獲得できる設定。

 ●出会い系オセロ
  ・自分の色のコマの部分から対戦相手の顔が見えてくる。
   →オセロを相手の顔が見るまでのツールとする設定です。
    顔が見えるまでのコミュニケーションツールになり、勝敗とは別にドキドキさせるゲームとなる。
 
 ●マス目にボーナスルールを描く
  ・勝ち負けの際に、取った面にかかれている商品が貰えたり、罰ゲームをやらされたりするようにする。
   →勝ち負け以外に「このマスは取っておきたい、取りたくない」等、勝敗以外にも考えを巡らせられる設定。
    いつもの必勝法だけでは勝敗以外はうまくいかない、新たなレベルデザインへと変えてしまう。



ふむふむなるほど……同じゲームなのにぜんぜん違う目的、遊び方になるものだなと感じます。


さて、まとめになりますが、今回のオセロの設定出しを通して
設定による、モチベーション上げや、面白みの付与が可能な事、
さらにルールに手を加えずとも、ゲーム性や攻略法に変化を生む事さえできると感じました。


この考え方は、オセロに限った話では無いと思えます。


例えば、一人用ゲームのミッションモードで「次はどのミッションをやろうか」と考えた時に
設定付けを行なう事で、同じ遊びでも新しい心持ちで遊ぶ事ができる要素となると考えられます。

この考え方を、企画を広げる1つの手段として、考えてみるのも面白いかと思いました。
そして、これにより皆々様の企画力に少しでも刺激になるように働けば幸いです。


さて最後になりますが、これからもバイキングは面白いゲームを作る為、一所懸命ただ直向きに向かっていく所存でありますので、何卒よろしくお願い致します。

座談会写真1.JPG
posted by byking at 20:30| 日記