2016年05月24日

マジシャンズデッドのロケーションテストが始まります!

ご無沙汰してます。オバタです。


ついにマジシャンズデッドのロケーションテストが始まります。

まぁいつものことですが、ギリギリまで作っています(笑


初代のガンスリンガーストラトスのときもそうでしたが

全く新しい新作のロケーションテストというのは本当にチャレンジのし甲斐がありますね。

もう心震えます。


では、以下にイベント告知をします〜!

詳細:http://magiciansdead.jp/news.html#news20160519_01

■「マジシャンズデッド先行体験イベント」
ロケテスト前日の5月26日(木)の10時〜20時に
秋葉原 Yodobashi-Akiba 1階第1エントランス前スペースにて開催します!

ブースイメージ.jpg

こちらもよろしくお願いします!!


■Mr.マリック(超能力)VSももち(魔法)のセレモニーイベント開催!
5月27日(金)に秋葉原のHeyにて、マジシャンズデッドのセレモニーイベント
「Mr.マリック(超能力)VSももち(魔法)の異次元大戦?勃発!!「マジシャンズデッド」」を開催。


■ロケーションテスト一週目 5月27日(金)〜5月29日(日)

・東京都
会場 Hey


・愛知県
会場 名古屋レジャーランドささしま店

・大阪府
会場 namco梅田店



■ロケーションテスト二週目 6月3日(金)〜6月5日(日)

・宮城県
会場 仙台レジャーランド一番町店

・東京都
会場 セガ 池袋GiGO

・神奈川県
会場 ラウンドワン横浜駅西口店

・福岡県
会場 タイトーステーション 福岡天神店

posted by byking at 21:42| 日記

他己紹介をしてみよう

こんにちは。
ブログ3度目、シアター組では矢吹可奈担当のノグチです。

さて、いきなりですがガンスリンガーストラトス3が絶賛稼働中です!
皆さま楽しんでいただけているでしょうか?
今後もより良いゲームになっていくよう、運営開発チームも気合を入れていく所存なので、ぜひ遊んでみてください!


話は変わって。
今回も某日に行われた企画座談会についてお送りしたいと思います。

議題は、「他己紹介をしてみよう!」

バイキングにも新人企画マンが入社してきました。
そこで、企画座談会で自己紹介を行おうという話になったのですが、それでは去年と同じで面白くない。
だったらと、社長の尾畑が「他人同士を嘘を交えてさもすごい人であるかのように紹介し合おう!そっちのがおもろい(誇張表現)」といったことから、他己紹介をする、というのが今回の議題になりました。

……。

思いつきではないですよ?ちゃんと理由もあります(本当です)。
企画マンたるもの、とっさの状況で固まらず、アドリブを効かせないといけない場面が結構あります。
そこで、各人にその能力がどこまで備わっているのか、把握するのによいのではないか?
という主旨がしっかりとあります。


ということで他己紹介が始まりました。


ノグチ→Y氏への他己紹介

・Y氏はノグチとは同期であり、同じ専門学校出身。
・人柄がいいため、よく詐欺にあい、みんなが毎日彼の心配をしている。
・映画が趣味であり、特にバットマンのジョーカーが好き。
・ジョーカーになりきるため、放火の方法を調べている。
・ゲームの趣味は特殊であり、ノグチがおすすめしたゲームが彼の心をとらえることがない。


さて、ワタクシはどこまでアドリブで彼をすごい人に見せられたかというと……
結構本当のことをしゃべってしまっています。(放火や詐欺は当然嘘です)


やはりアドリブで答えていくとなると、どうしても自分が知っている情報を思いついた順に並べてしまいがちです。
たとえ、とっさにこうした方がおもしろいんじゃないか?というひらめきがあったとしても、
それを話に組み込んでいくことはなかなか難しいです。


この喋りのスキルは、会議などの話す機会で得られる経験値がとっても大事です。
会議などのかしこまった場だけではなく、
日々のプログラマーさん、デザイナーさんとの仕様相談、
企画マン同士のどうすればゲームが面白くなるかの議論etc.
経験値をためていける場は毎日に転がっています。


今回の座談会で、各人自分のスキルが把握できたかと思います(僕はへぼでした)
毎日に学び、一流の企画マンを目指して日々精進していきます!

IMAG0148.jpg

ではでは。




posted by byking at 10:50| 日記

2016年05月13日

ガンスリンガーストラトス3 稼働開始!


ガンスリンガーストラトスでプログラマーを務めていますTK(高橋)です。
最近は日本酒飲みたい病で、たまに何人か拉致って飲み行く事が増えてます。
高田馬場にあるウニ料理が食べれる某お店がお気に入りです!


ガンスリンガーストラトス2が続編の3の稼働に伴い、
5月11日を持ちまして稼働終了となりました。
運営期間がおよそ2年と、ユーザーの皆様に応援して頂けたお陰で長い間稼働する事が出来たと思います。

先日に行われたガンスリンガーストラトス2最後の大会「超天空杯」も、
約400チームもお集まり頂き、最後にふさわしい大会で締めくくれたと思います。
決勝トーナメントはほとんどの試合が3試合目までもつれるという、どちらが勝ってもおかしくない素晴らしい試合を見させてもらいました!
(決勝トーナメントで実験体7号のロマン技である下格闘が決まるとは思いませんでした。決まった時にうっかり吠えてしまった)



そして、先にチラっと触れましたが、
5月12日からガンスリンガーストラトス3がいよいよ稼働となりました!
http://gunslinger-stratos.jp/gs3/


ガンスリンガーストラトスシリーズもついに3作目を迎え、
1作目から開発に携わっている身としては感慨深いものがあります。



ガンスリンガーストラトス3のメイン要素の1つ「チームルームモード」
離れた地域で遊んでいるユーザー同士が同じルームに入室する事でチームを組んで遊ぶ事が可能です。
一緒に遊ぶだけではなく、離れた拠点同士でボイスチャットを使用し、声を掛け合って連携を取る事も可能です。
(生声を聞かれると恥ずかしいと思う方は、ボイスチェンジャーも搭載していますのでご活用ください)

開発中、深夜に遠く離れている何店舗かのゲームセンターにご協力頂いてプレイチェックを行いました。
(深夜にご協力頂いたゲームセンター様ありがとうございました!)
離れた拠点でコミュニケーションを行いながらチームを組んで対戦出来るというのはとても新鮮で不思議な感じがしました!
本当に同じ店でプレイしている感覚で遊べます。

チームを組みやすい&練習をしやすい土台は用意できたと思います。

「大会に興味があるけど、遠くに住んでいるメンバーと会って練習する時間が取れない…」
という方も、優勝を狙ってみるのはいかがでしょうか!


旧作からのプレイヤーの方も、新規のプレイヤーの方も満足して遊んで頂けるように運営開発も気合を入れていきます!
ガンスリンガーストラトス3を一緒に盛り上げていきましょう!!



posted by byking at 15:30| 日記

2016年05月06日

デザイナー新人研修レポート 第1回

こんにちは。バイキングデザイナーの駒形です。
背景を担当していまして、今回は新人研修担当の一人としてデザイナー新入社員に3D研修を行っています。そこで、今回のブログはデザイナー新人研修レポート第1回をお送りします。

デザイナー新入社員は4名です。Yさん、Tさん、SさんとHさんで、私の担当はYさんとTさんです。3D研修後は各デザイナー分野での研修を行っていただきます。SさんとHさんはモーションに特化された方で、新人研修レポート第2回で詳しく紹介されると思います。

各デザイナー分野での経験をしてもらう研修は去年から行っているのですが、今回は3D未経験ということですので、さらに基本的な事柄を習得してもらうための研修を行っています。また、フォトショップについても未経験とのことでしたので合わせて習得してもらっています。実際の作成に関しましては、なるべく簡単かつ作成の流れがわかるような方法をとり、段階的に難易度を上げて進めています。自分の専門柄、配置物や建物を主に作成してもらっていますが、作成する上で直線が多く、また適度に曲線も含まれるので3Dに慣れるには良いかと思います。

ここで研修中のお二人にコメントをいただいていますのでご紹介します。

1.3Dをはじめる前に感じていたこと

Yさん「学生時代はプログラマとしてゲームを作っていて、3Dで表現したい世界やキャラクターが作れることに憧れを持っていました。」

Tさん「これまでは3Dソフトを用いずに手で立体造形をしてきたのですが、時代的にも環境的にも、3Dは必ず習得しなければならないと感じていました。3Dも造形ツールのひとつとして勉強できれば、今後いろんなものを作っていけると思います」

2.実際にいくつか3Dで作成してみて感じたこと

Yさん「研修で作っている簡単なモデリングでも、それっぽく見えることに感動しました。どの制作段階でも手順を立てて行っていかないと、後になって無駄な手間が増えてしまうところが難しいです。」

Tさん「頭がパンクしそうですね…!目的のための手段が一つではない上、うかつに一歩踏み出すとエラーは出るわ、後々の修正で泣くハメになるわで、筋道と段取りがとても大事だなぁと思います。」

3.今後の抱負を一言

Yさん「2Dと同様に「こういう時はこう作る、こうすれば良い」というような持っているパターンを、自分の中で増やすことが上達にように感じたので、まずは数をこなして、自分の中に知識を蓄えて行きたいです。」

Tさん「まだソフトに使われている状態だとひしひし感じます。ソフト側に自分をフィックスしていければ、きっと素直なツールに化けてくれるんじゃないかなぁ…という気がしているので、焦らずにじっくり乗りこなしていくつもりです。」

まだまだ3D研修は続きますが、お二人にはがんばってもらいたいと思います。

また、ポートフォリオに光るものがある方でしたら、お二人のように3D未経験からでもデザイナーとしてスタートできますので、3Dでの制作経験がないからとあきらめずに是非是非ご応募していただければと思います。
blog160428.jpg

posted by byking at 20:20| 日記