2017年02月15日

JAEPO2017視察してきました〜


先日 2/10〜2/12 の日程で JAEPO (ジャパン アミューズメント エキスポ)2017 が行われました。

年に一度 アーケードゲームの祭典です。


もちろん、我々バイキングも アーケードゲーム業界の一員として、チェックは欠かせません。
多くのバイキングスタッフが視察に臨み 様々な最新アーケードゲームをプレイしてきました。


今年はどんなゲームが出ていたのかな?

という事で、バイキングスタッフの何人かに JAEPOの感想を聞いてみました!




-------------------------------------------------------------------------


ブログ初登場となりました、プログラマーのたかぴー です。

私はコーエーテクモさんの 「VR_Sence」を体験してきました。
史上初のVR体感型アーケードゲーム機は やはり皆注目されていて
金曜日にも関わらず、なんと120分待ちになっていました・・・。
もちろん並びましたとも。


さて、私が遊んだゲームはVRホラー「〜だるまさんがころんだ〜」です。
正直ホラーは大の苦手なのですが、VRはホラーとの相性がいいと聞いていたので挑戦しました。

結論、めっちゃ怖かったです・・・。
そもそもVRホラーというだけで怖いのに、映像とリンクして吹いてくる風や
突然倒れてくる柱に合わせて椅子が揺れたりと、的確に恐怖を煽って来ましたよ(泣)
今回は風と椅子の揺れだけでしたが、更にタッチやミストなどの機能が
実装されると恐怖を感じることになるでしょう。



-------------------------------------------------------------------------

こんにちは、ナッシュです。

今回のJAEPOでは、カプコンさんの「進撃の巨人TeamBattle」を体験プレイしてまいりました。

僕は以前放送されていた進撃の巨人のアニメを見てからというもの
大の進撃ファンになりまして、原作本はもちろん、スピンオフ作品も読み漁るほどハマっています。

さてこの「進撃の巨人TeamBattle」なのですが昨年のJAEPOでも
出展されておりまして初めて見た時の衝撃は今でも忘れられません…。

ブースに置かれた超大型巨人のどでかい顔のオブジェクトもさることながら
注目すべきはあの「2丁のスナップブレード型コントローラー」!!

あれ見て対抗心燃やさないバイキングスタッフなんていませんよ!?(多分)

残念ながら昨年はプレイができず歯がゆい思いをしましたが
今年は体験プレイが可能と聞けばそりゃもう飛んでいきますよ、当然じゃないですか。

そしておっかなびっくり操作でスナップブレードを使い
巨人のウナジを狙って、きる!キル!!斬る!!!

「僕が一番ミカサ・アッカーマンをうまく使えるんだ!」
とまでは行きませんがうまいこと連続キルが取れると楽しさ抜群!
4月にアニメ第2期も控え巨人ブームが再燃する事間違い無し!
これからの展開にますます目が離せない巨人大好き進撃のナッシュでした。



-------------------------------------------------------------------------


こんにちは!プログラマーワタナベです。
私はコナミさんの「ノスタルジア」と、バンダイナムコさんの「WORLD'S LARGEST PAC-MAN」をプレイしてきました!

「ノスタルジア」、ピアノがモチーフの音楽ゲームということで、ボタンの数が多く見た目は手強そう…?
ところが、実際遊んでみるとノート毎に左右どちらの手で叩けばいいかが
色分けで分かるので、へっぽこ音ゲーマーの自分でもできる!楽しい!

楽器ベースでない音ゲーも増えてきた昨今ですが
ノスタルジアはそんな中「演奏してる」感を味わえるゲームでした。

個人的にはキーボードマニア時代の曲が
また鍵盤風デバイスで遊べるのも嬉しいところです。
会場ではHard譜面をプレイできなかったので、そのあたりは稼働を楽しみに待とうと思います。



「WORLD'S LARGEST PAC-MAN」、こちらは海外向けタイトルなので
この機会を逃すとそうそう見れないかも?とプレイさせて頂きましたが
デカい!とにかく画面が大きく更に発色もキレイ!

会場では筐体を撮影したのですが(許可は頂いております)、
写真でもはっきりくっきり画面が確認できる!
液晶とは違う利点を持った、とてもロマンあふれる筐体でした。
日本でも稼働して欲しいものです…



-------------------------------------------------------------------------

皆、いろいろ楽しんできたようです。
(もちろん、自分たちのゲーム作りに活かすよう 楽しんでいるだけに見えて、みんな真剣です)






そして、今回のJAEPO

バイキングも、自社ブースで 最新作「マジシャンズデッド」を 出展しました!!


DSC_0048.jpg


なかなかカッコイイ ブースでしょう?


「マジシャンズデッド」の無料プレイをはじめ
新キャラクターや新機能を紹介した ステージイベント
土曜日には 公式大会を開くなど

なかなか盛況な3日間でした。


こちらについてはまた後日お伝え致します。

posted by byking at 12:08| イベント

2017年02月08日

勉強会で登壇!

こんにちは!
デザイナーの成相です。


今回は先日行われた
Unreal Engine4 DeepDive
(アンリアルエンジン4 ディープダイブ)
という勉強会で登壇したお話をします。

皆さんは勉強してますか?
僕達プロのゲーム開発者も毎日勉強してます。

ゲームを作る技術は日々新しくなっていて、
それを取り入れて面白いゲームにする為に、
常に勉強しながらゲームを作っています。


昨年バイキングがリリースした『マジシャンズデッド』は、
アンリアルエンジン4(以下UE4)という
ゲームエンジン(ゲームを作るソフト)で制作しました。

blog_ue4dd_1.jpg

バイキングも初めて使うものだったので全員初心者でしたが、
皆で勉強してゲームを作ることができました。
(今後もアップデートはガンガン行う予定です!)

そこで経験した内容を他の会社のゲーム開発者と共有して、
UE4使用者全員で技術を向上させようというのが
DeepDiveという勉強会です。


会場には日本中のゲーム会社から
100以上のデザイナーやプログラマーが集まる中、
バイキングから私とプログラマー鈴木が登壇しました。

blog_ue4dd_2.jpg

内容は専門的なものでしたが、
他の会社よりも先進的な内容も含まれており、
他社の開発者に共感や興味を持ってもらえました。


※勉強会で使用したスライドは公開されていますので、
 興味がある方はご覧ください。
http://www.slideshare.net/EpicGamesJapan/byking-ue4dd


このようにバイキングは
常に新しい技術を皆で勉強し、
時には他の開発者と協力しながら
面白いゲームへと昇華させていこうと思います!

今後もバイキングにご期待ください!
一緒に開発してくれる方も募集してます!

posted by byking at 17:15| 開発

2017年02月01日

企画座談会〜企画ノウハウの共有

お久しぶりです。 企画のクリヤマです。
前回のブログから大きく間が空きました。


実は空白の期間にも1度、企画座談会のブログ記事を
書いたのですが、社外秘の内容てんこ盛りでお蔵入りになってしまいました。


今回はお蔵入りにならないで済みそうです。


では、本題に。
今年最初の座談会のテーマは
「企画ノウハウの共有」です。


去年は「ガンスリンガーストラトス3」の稼働、運営、
バイキング初パブリッシュタイトルの「マジシャンズデッド」が稼働しました。


激動の1年で作業や仕様を考えるにあたって、悩んだりすることが多々あったと思います。
それらをどのように解決してきたかをプロジェクトの垣根を超えて共有することが目的です。


出た内容をいくつか、まとめてみたいと思います。


●データ設定のミスを減らすためには

・専用のデータテーブルを作り、1箇所の変更でまとめて変更できるようにした。
変更箇所を減らし、ミスを減らす。

・担当者以外も設定を確認するようにした。
担当者が休んだ場合のバックアップ要員にもなれる。


●スランプな時でも作業を進めるには

・パターン化できる部分をみつける。
調子に影響されにくくなる。

・調子が悪く失敗しても、パターンの精度を上げていくチャンスと考える。
悪循環におちいらない。


●企画で自分の意見をとおす、仕様を作って貰うためには
・作る理由を用意する。
いかに自分の仕様を作って貰うか、曲者になる。

・「こういったことを考えている」といった時から担当者と話をする。
話し合った内容なのでコンセンサスも取れた仕様になる。


●最新情報を得るためには

・いろいろな情報に詳しい人と仲良くなる。
・おもしろそうな情報があれば共有できる雰囲気を作る。
情報の入り口を増やすことで多くの情報を知れる。


●企画書を作る上で重要視する点について

・何のために使うものなのかが重要
新しいゲームを作るための資料なのか?
意見を貰うための資料なのか?

その上で、目的にあった作りになっているかが重要


といった情報が共有できました。


今回企画座談会で情報共有を行い、
自分が過去に悩んだことがあることの多くが他の方も通ってきた道だと実感しました。


同じ様なことを悩んできているので
他の方が「どういった作業してきたのか?」、「どういった仕様を作ってきたのか?」を知ることで
「誰々さんに聞けば分かるかも……」といった解決策を見つける糸口なりそうです。


今後もプロジェクトの垣根を超えて
失敗や成功を共有するこでバイキングとして面白いゲームを作っていけると思います。


今年もバイキングは全力で「面白い」を追求していきます。

ブログ画像.jpg


posted by byking at 17:13| 日記