2018年06月13日

eora3D

皆さんこんにちは、デザイナーのまじかるです。

本日は先輩が持っていた「eora3D」という小型3Dスキャナーを使ってみたのでそのご紹介をしたいと思います。

こちらなんとスマートフォンを取り付けてレーザー光線で物体をスキャンするという物で、平らな場所ならどこでも手軽に素早くスキャンができます。

ということで、実際に私の顔をスキャンしてみました!

06131.jpg

不気味なほど良く出来ています・・・、iPhoneの前でものの5分立っていただけでここまで精密に取り込めました。
その分ポリゴン数も凄いことに。

06132.jpg


取り込んだデータはObjデータで持てるので編集も可能です。

06133.jpg


06134.jpg


ふっさふさにしてみました!

おでこから上が切れていたり顔が穴だらけだったりしますが、遠くから見れば雰囲気はわかりますね、髪型で迷うという貴重な体験をさせて頂きました。


3Dスキャンがここまで身近なものになっているとは驚きでした。
しかもここまで精密なら編集の仕方次第で十分製品に出来そうですし、改めて技術の進歩に驚愕しました。
今後も何か面白そうな技術があったら試して行きますので、その時はどうぞよろしくおねがいします!
posted by byking at 18:36| 日記

2018年06月08日

入社前と入社後 プランナー編

みなさんこんにちは!

今回初めてブログ記事を書かせていただくことになりました
企画のカトーです。

思い返せばちょうど一年前に
ここbykingの内定を貰ったなぁ〜と思い出しました。

そこで今回は、まだ入社から2か月しか経っていませんが
入社までの経緯と、入社してからの話をしていきたいと思います。

少しでも現在、就職活動中の方々の参考になればいいなぁと思います。


まず、入社までの経緯の話になりますが
僕はゲーム業界を目指しゲーム系専門学校に通いました。

そこで勉強を重ね、去年就活をしており
ある日bykingの説明会に参加する機会がありました。

ゲーム業界を目指していた僕はいくつものゲーム会社の説明会や面接を受けており
その内の1つ、程度の気持ちで参加したのを覚えています。
作っているゲームは実際遊んだ経験あるな〜ぐらいです。


今思うと少し失礼な感じもしますが
当時はがむしゃらだったので許してください(笑)


そこでのbykingの印象が強く、入社したい希望が芽生えエントリーしました。
それはこんな言葉によるものでした。


「面白い、を追求することにうるさい会社」


少し、言葉は違うかもしれませんが、ニュアンスはあっていると思います。

もちろんどんなゲーム会社も面白いものを作ろう、という姿勢だと思いますが
その姿勢を「うるさい」と表現する会社が僕の中ですでに「面白そう」だったのです。



では実際に入社してからはどうだったのか、という話になりますが

入社してからは割とすぐに実戦的な研修になりました。

僕の場合の話にはなりますが
入社2日目からすぐに企画書や仕様書を書く練習が始まりました。

ゲーム系専門学校を卒業していたので
企画書や仕様書は、質こそプロに到底及びませんが経験はありました。
とても褒めた出来とは言えないものでしたが……。


そこから1週間経つ頃には、すでに動いている各部署に1週間ずつ参加しての研修になりました。

各部署での研修はどれも学校ではできないものが多く、
うまくいかないこともありましたが、楽しく経験させていただきました。

入社から1か月経つ頃には部署配属され、今僕もひとつの部署に所属しています。

配属されてからの1か月間は、もちろん途中参加になるので
手探り状態でしたが、日に日に現状を理解し、ある程度慣れてきました。


そんなある日、気になったことがあったので現在の仕様について
質問したことがありました。


そこで話を聞いているうちに自分の中で納得がいかなかった部分を意見してしまいました。
ディレクターの言うビジュアルが自分の中でしっくりこなかったからです。

しかし、僕の話を真剣に聞いてくれて、それに対する意見を返してくれました。

結果的には、僕の意見はそこで採用されるには至りませんでしたが、
それからは「話を聞いてくれて、採用に値するか判断してくれる」という印象が生まれ、
度々、意見を言うことができるようになりました。

採用されると、「その部分をまとめて提出して」という形で仕事を振られ

説明会で言っていた「うるさい」という部分が垣間見えた気がしました。
たった1つの疑問で3時間も話したこともあります(笑)



つらつらと入社前と入社後の話をしましたが、
僕の中で、この会社の印象は大きく変わることが無く日々楽しく仕事をしています。

特に、早い段階から実戦研修に移行し、バリバリと働く環境を求めているのなら
とてもわくわくする職場だと思います。

もうすでにエントリーして入社前の意識の高い状態でご覧になっている方も
気になって情報収集のためにご覧になっている方にも
この記事が何か参考になればいいな、と思います。

それでは長文、乱文失礼しました。
ブログの趣旨に合っているかわかりませんが、これが何かのきっかけで
来年お会いできることを心より楽しみにしています。

カトーでした。
posted by byking at 11:30| 採用