2019年06月27日

印象に残る必殺技名の考え方

はじめまして!
アニメのヒロインは“金髪よりも銀髪派”の新人プランナーのモリです。

最近、やたらと画面が横に長いウルトラワイドモニターを2枚買いして
横に並べてしまったせいで、自宅のデスクで首を痛めたことが一番の悩みです。

それでは、自己紹介もほどほどにして
今回は先日行われた企画座談会についてレポートさせていただきます!


今日の司会は同じく新人プランナーのJ.T。
彼が考えたテーマは『ユーザーの印象に残る必殺技名の考え方について議論しよう』です!

「必殺技」といえば、ゲームだけでなくアニメや漫画など、
様々な作品において重要なキーワードとなりえる要素です。
皆さんも一度はキャラクターを真似て
必殺技を叫んでみたくなったことがあるのではないでしょうか?私はあります。

今回の座談会で、印象深い名称とはなにか?
どういった要素が人の心に残るのか?
これらを企画マン全員で議論し、普遍的な答えでなくとも、何かしらの答えを見出そう!
という趣旨のもの開かれました。

座談会の進行としては、
「印象に残るような必殺技って何だろう?」
ということで各々に既存の必殺技名を順番に挙げてもらい、
それを見ながら「なぜ印象に残っているのか?」「名前のどういうところがかっこいいのか」など、挙がった必殺技名を見ながらブレスト形式で話し合いました。

その中で挙げられた意見としてはコチラ!

・語呂が良く、言葉にしやすい
・濁音が入っている
・名前からどういった必殺技か雰囲気がつかみやすい
・名前を略しやすい

確かに字面が綺麗であれば見栄えも良く、
挙げられた必殺技の中にもそのようなものが多く含まれていました。
特に最近では技名などが略して使われることが多く、
やはり基本的には「語感」が重要であるということがわかります。

しかしそれ以外に、「必殺技の名前以外の要素」が印象深さにつながっているという意見も挙がりました。

・必殺技がキャラクターの特徴や世界観に合っている
・技とキャラクターの動作が連動している
・名前では無く必殺技を出すシチュエーションによって印象に残りやすくなっている

印象に残る必殺技というのは名前だけで決まるものではなく、
必殺技を使用するキャラクターや、その場面でなにが起こっていて、
技を出した結果どうなったのか。
そういった「シチュエーション」が関係しているということですね。

座談会の中で挙げられていた必殺技を見てみても、
・「好きなキャラクターが使っている技」
・「読んでいた漫画の名場面で使われていた技」
など、必殺技の名前自体が印象的であるというよりも、
「誰が、どこで、何をしたのか」ということがより重要な要素だと感じました。

やはり「必殺技の名前を考える」と一口に言っても、ただカッコいい名前をつければいい!という単純なものではないようですね。

まずはキャラクターのバックボーンやゲームの世界観と照らし合わせ、
「なぜこの必殺技が存在するのか」「必殺技が使用されるシチュエーションはどこなのか」ということを多角的に考えることによって、技を出した時の楽しみを増幅させる。
そのような考え方を軸に命名していくことによって、印象に残る必殺技に成りえるための土台となっていくのではないかと考えます。


今回の座談会では、「なんとなく印象深い」で終わらせず、「なぜ印象深いのか」を
より明確にしていき、具体的な言葉にすることの大切さを実感することができました。
こうして1つ1つの要素を深掘りしていくことで初めて、偶発的ではない
再現性のあるアイディアとして面白いものを考えるということにつながっていきます。

私もまだまだ新人プランナーとして学ぶことの多い毎日ですが、日々の気づきを大事に、
このような「深掘りの精神」を忘れずに日夜精進していきたいと思います!

それでは以上、企画座談会のレポートでした。
posted by byking at 12:40| 日記

2019年06月19日

昼休みの過ごし方〜給食編〜

こんにちは。
サーバプログラムを担当しているオオタケです。

さて、今回はバイキングの給食システムについて紹介します。

バイキングでは社員の健康と食事時間短縮と財布事情を考えて、
「タベル株式会社」様の「みんなの食堂」という
デリバリ型社食サービスを導入しております。
https://shokudou.jp/

おいしい上に安いのが魅力です。
経済基盤が脆弱な若者、子育て預金に苦悩する者、
直近のギャンブルで惜敗した者にたいへん人気です。

日々の献立はバリエーションがかなり豊富で全く飽きが来ません。
また、管理栄養士が栄養バランスを考慮して作っているそうで、
グルメだが栄養の偏りがちな現代人には
まさに願ったり叶ったりのサービスなのです。

ただし、世の中そんなにおいしい話はありません。
誰もが給食を食べられるわけではないのです。

約月イチで訪れる給食当番の
激務に耐える体力と精神力があってこそ
その恩恵に浴することができるのです。


本日は私オオタケが当番です。

まず、昼頃になると
荷車にのった給食一式が届きます。

1906191.jpg

これを昼休みまでに
並べきらなくてはなりません。
さもなくば、血に飢えたバイキングの面々に
何をされるかわかりません。

1906192.jpg

極度の緊張感の中、知力と体力を振り絞って、
何とか準備完了です。

この日のメニューは「豚ニラたま丼」でした。

1906193.png

バイキングの面々がところ狭しと食を貪ります。
彼らの通った跡は草さえ生えないと思われがちですが、
好みもあるのか、食材が余ることもあります。

そんなときに保存のききそうな物は
夕食用に確保しておく賢者たちもいます。
もったいないもんね。

食べ終わると後片付けをします。
食器プレートと食材バットと飯タンクとの
ファイナルラウンドが始まります。

1906194.jpg

終わりました。
これであと1ヶ月は、
血に飢える側に回れます。

開発者にとって、食はとても大事です。
その食へのケアができているかどうかは
案外企業の生命線なのではないのでしょうか。
バイキングに入社した暁にはぜひ利用してみてください。

以上、サーバプログラムを担当しているオオタケが
約半年前に始まった給食システムについて紹介しました。
posted by byking at 15:25| 日記

2019年06月12日

デザイナー新人研修発表会がありました

みなさんこんにちは、モーションデザイナーのまじかるです。
2019年も半分が過ぎ、新年度に入ってから2ヶ月が立ちましたね。
この時期は毎年これで驚いている気がします。
そんな時間に取り残されている私を尻目に、
弊社では毎年恒例の「新人研修発表会」が行われました。

今回のブログではこの発表会の内容についてお話しようと思います。が、
研修内容の方が気になるという方は4月24日の「新人研修が始まりました」という
記事で詳しく説明をしているので、下記リンクからぜひ一度読んでみてください。

http://byking-blog.sblo.jp/archives/20190424-1.html

発表会はこんな感じで、奥のモニターに画像をいくつか出しながら
それについてプレゼンをするというものです。

1906121.jpg

観客はもちろん先輩方です。ベテランほど前の方でじっくり見てます。
ご想像の通りめちゃめちゃ緊張します!
しかし、弊社の理念では「デザイナーたるもの自分の理想を語るべし」
としているので、これも必要な経験というわけです。

そんな過酷な経験をバネにしていく今年の登壇者さんは
Oさん、Saさん、Mさん、Kさんの四人です。

トップバッターはOさん!
背景モデリングの研修では、作ったオブジェクトを自分なりに
街っぽく配置して見せてくれました。

1906122.jpg

研修中も一人で閉じこもったりせずに、
周りの同期達と積極的にコミュニケーションを取っていた様で、
見ていた先輩方の印象もかなり良かったです!


次はSaさん
UIの研修では、ロボット格ゲーというお題を「サイバー」っぽさで
表現しようとしたところ、画面の明るさと透明感が悪い意味で
一体感を出してしまったようで、テイストを「固め」に変えてみたそうです。

1906123.jpg

プレゼンでは少し言葉が少なくて伝わりにくい所がありましたが、
機能性と見た目を両立させる考えがあって先輩方も好印象でした!


三人目はMさん
やりたかった事やそのために工夫した所など、話題の転換などでテンポが良く、
声も出ててとても聞きやすかったです。
プレゼン自体が上手で、弊社がほしい人材とマッチしてて
先輩方からも絶賛されていました!

1906124.jpg

モーションの研修では力強く溜めて放つパンチを作る際、
足が地面を離れるタイミングなどが噛み合わず力強さが出ない所を
先輩や同期達に見てもらったりして意見を聞いていたようです。
聞かれた先輩も熱意を感じたと喜んでいました。


ラストはKさん
キャラモデリングでは、全身のプロポーションがちゃんと取れていて
資料をよく理解して作業していたのがよく分かる物でした。

1906125.jpg

骨を入れてポーズを作る段階でも、
武器を下から上に大きく振り上げるというテーマを持たせてから
それをわかりやすくするために武器を自作したり、
カメラからの見え方に気をつけたりと一連通してクオリティが高く、
先輩方からも「おぉー」という声が響いてました!


以上が新人研修発表会の内容です。
この会は、受ける新人さん達はもちろん
指導する先輩方も本気で取り組んでいます。
今回は研修自体が少し特殊で、担当の先輩方も忙しそうにしていた様で、
プレゼンを聞きながら「ここは出したお題が悪かったかもしれない」と
反省するような場面もありました。
作るゲームをとことん面白くする為に、新人研修も本気で考えて作っています。
新人さん達が早く一人前になり面白いゲームを作って行けるように
我々も一緒に邁進していく所存です!






posted by byking at 17:50| 採用

2019年06月05日

休日の過ごし方 〜プランナー編〜

こんにちは、企画のながたくです!
約4ヶ月ぶりのブログです。

さて、今回は僕の休日模様を書きたいと思います。

先日、とあるイベントに参戦すべく、神戸まで行ってきました!
生まれも育ちも埼玉なので関西に降り立つのは初めてです。


写真1.jpg

まずは羽田発のフライトで神戸空港へ。
飛行機だと1時間ちょっとで着いちゃいますね、はやい!

まず驚いたのが、関西のエスカレーター。
本当に関東とは左右逆に乗るんですね〜!


さて、イベント開始まで三宮周辺を観光します。
まずはここ。

写真2.jpg

実は弊社が開発したとあるゲームで
バトルステージに選出されていたスポットなんです!
ゲーム内ではよく訪れていた三宮ですが、初の生三宮にテンションが上がります!

「あ〜よく壊してた(ゲーム内で)ビルじゃん!」と独特なテンションの
上がり方をしましたが、実在の都市を扱うゲームならではの醍醐味(?)を感じます。

写真3.jpg

三宮観光の後は、元町の中華街や、ハーバーランドを散策。
すれちがう街の人々や、店員さんの関西訛りに情緒を感じつつ
存分に飲み食いしたりしました。

バイキングは関西出身の方も多く、色々なイントネーションの言葉が
飛び交う職場なのですが、現地で聴くとかなり印象も違いますね。

店員のお姉さんの関西訛りがとても可愛くて最高でした。


そんな感じに観光を楽しんでいたら、あっという間にイベントの時間に。
イベントに参戦して最高を確認し、関東へ帰ったのでした。


普段の休みはゲームや映画を楽しむことが多いので
今回かなり久しぶりに遠出をしたのですが、こうして行ったことのない場所へ
足を運んでみると、新たな発見や刺激を沢山もらえます。

仕事でも趣味でもゲーム!になりがちですが
たまにはこういう時間を作るのも大切だな〜と改めて感じました。

また近い内に遠出しよう!と強く思った休日でした。


それでは最後に神戸で食べた美味しいものたちの写真で〆たいと思います。

写真4.jpg


神戸、ウマいものしかない!
ではまた!
posted by byking at 18:33| 日記