2016年01月08日

なぜそのゲームを遊び続けるのか?

はじめまして、企画のサトウです。
弊社にもサトウさんは何人か在籍していますが、私はその内の末端構成員であります。

今回の記事は某日に行われた企画座談会について。
テーマは「なぜそのゲームを続けて遊ぶのか」。
直球も直球で我々が昼も夜もなく考えて止まない内容に対し結論を出そうという議題。

一言に「続けて遊ぶ」と言っても様々な条件が考えられると思います。
@始まりから終わりまでの流れがあるゲームを最後までプレイする
A始まって終わるゲームを何度もプレイする(周回プレイ)
B明確な始まりや終わりのないゲームを繰り返しプレイする

私は今回のテーマについてBを軸に考えています。


まずは参加者それぞれが継続して遊んだタイトルについて語ります。

ホワイトボード.jpg
・〇〇な部分が面白くて繰り返しプレイした
・友達と一緒にプレイしていた
・劣勢からでも一発逆転がある対戦ゲームだった
・キャラクターに恋をした
・考えるプロセスがあった
など、多種多様なキーワードが出ました。

この中から内容を厳選するために、
参加者の中で最もプレイ経験者が多いタイトルを例にしてさらに議論を深めます。
以下は「マリオカート」を例にして出てきたキーワードになります。

・リスクとリターンを自分で選択することができる
・勝敗に対するプレイヤーの技術とシステム干渉のバランス
・1ゲームのプレイ時間が短い
・プレイアブルキャラクターに個性がある
・繰り返しプレイしても全く同じ展開にはなりにくい

一例として使用したタイトルの完成度に舌を巻きつつ、ここで議題が若干別方向へ転がります。
「お金を賭けてプレイできるか?」
この問いに対して大半の参加者たちはNOと答えました。
その理由について尋ねた結果
・自身の技術以外の要因で勝敗が決定する可能性がある
主に上記の理由があがりました。

どうやら参加者たちが語るには
「真剣勝負では極力ランダム要素を排除する」とのことです。
その理由としては己の技術、実力勝負をするためということでした。

座談会風景.jpg

その後も麻雀を例に出すなどしてランダム性について熱い議論を交わし、
予定していた時間を1時間近く超過したところでゲームセット。

今回の「継続して遊べるゲームにするには?」という問いに対して
得られた結論としては二つの方法論が見えてきたように思います。
一つは「パーティーゲームとして仕上げる方法」
一つは「純粋な対戦ツールとして仕上げる方法」
そしてそれらの方法で押さえておくべきポイントは以下

◆パーティーゲーム
・プレイする度に違うことが起きる、違うことが出来る、違う結果が生まれる
→ランダム要素などを盛り込み組み合わせを用意することで何通りもの遊びの幅を作る

◆純粋な対戦ツール
・何度プレイしたとしても変化しない環境
→ランダム要素を極力排除し、結果を変えるためにプレイヤー自身の考えるプロセスを作る


ゲームの趣向に対するバランスが重要!
個人的にはパーティーゲーム志向のゲームが好きです。

それではまた次回!


企画 サトウ
posted by byking at 10:13| 日記