2018年05月30日

決意表明!?

プログラマーの”むらーん”です。 久々の登場ですね。

先月で46歳となりました。
バイキングに来てから丸7年になり
業界歴は25年目に突入です。

社会人になる前は40すぎのおっさんってスゲー大人やと思ってましたが
自分が40過ぎるとそのころに思い描いていたおっさんとは違っていて
精神的には全く成長しておらず、大人とは程遠い気がします(笑)


新入社員も入ってきて、ボチボチ仕事にも慣れてきたのかなぁと思ったりもするんですが
こんな精神的に成長してないおっさんでも若い子に負けないもの。
負けていないと思ってるものがあります。

それは、ゲーム制作に対する情熱。

一向に衰える気配がないです。
肉体的にはピークは過ぎてるので、疲れたとか腰が痛いとか出てきましたが、
面白いゲームを作りたいという気持ちは若いころ以上になってます。

どうして気持ちが衰えないのかなぁと考えてみたところ、
色々恵まれていたと思うんですが
今まで開発してきたゲームが面白かったからなのかなぁと。

1年目のころは作るのに必死で、面白いかどうか考える余裕すらなかったですが
2年目からはこうした方が面白い、って提案していました。
提案という優しい感じではなかったですね。
”こんなんおもんないやろ。こっちの方がオモロイ”こんな口調だったような(笑)
今振り返ってみても相当生意気だったかも。
周りの先輩方にも恵まれていて、本当に面白いものを作るために妥協せず
一生懸命に作っている姿は頼もしくもあり頼れる存在でした。

後輩たちから見て、今の自分が頼もしい存在なのかはわかりませんが
これからも面白いゲームを作り続けたいと思います。


バイキングに来て丸7年になり、
現在制作にかかわっている“星と翼のパラドクス”を含めると
5作品の開発に携わりました。

60歳定年ですと残り時間は14年しかなく、昨今のゲームの開発期間が1.5〜2年
程度かかっている事を考えると後7作品くらいしか作れません。
リリース後に運営だけで続編の開発がなかったりすると、残り時間で作れる作品数が
もっと少なくなったりするので それを考えるとゾッとします。

かなり前からおっさんなんで、体力的な衰えは隠せませんが
自分に残された時間を気にしつつ、これからも面白いゲームを作っていきたいと思います。
posted by byking at 16:52| 日記