2018年06月28日

企画マンの仕事

こんにちは。

バイキングは10周年、自分は入社5周年、すっかり中堅企画マンのノグチです。
まだまだ若いです。若い。
同期には容赦なくいじられるようになり、昔のよそよそしさ、新鮮さが懐かしいです。
どうしてそうなっちゃったの、、、。

さて今回は、企画マンってどんなことしてるの?という部分を書いていこうと思います。
とはいうものの、会社、人などによってやり方は千差万別、
あくまでもノグチは大体こんな感じ、という内容です。

・企画書の作成
 新しいゲームの企画書を作成します。
 バイキングでは職種問わずに行っています。
 実際に動き始めたプロジェクトにアサインされた場合は、記載された企画書を
 確認し、ゲーム&プロジェクトのコンセプトをつかみます。


・ゲームの概要作成
 企画書をもとにゲームシステムなどの概要をイメージ、作成していきます。
 例えば「超絶速いゲーム!」というコンセプトのゲームなら

 ・超絶速い!部分の達成方法    :ダッシュが速い、ワープするなど
 ・その仕組みの中でのゲームルール :対戦ゲームなら駆け引き、対戦のルールなど

 大まかなゲームでの立ち位置を決めていく感じです。
 企画マンとして、

 ・このロジックなら面白いはず!
 ・このアクションなら絶対かっこいい!

 という方針を決めていくようなイメージでやっています。


・仕様への細分化
 概要をもとに、こういう仕様が必要だな、と抽出していきます。
 上記内容を踏襲すると
 
 ・ダッシュシステムの詳細を考える必要がある
 ・ゲームルールの詳細を考える必要がある


・仕様書作成
 抽出したものを仕様書として作成していきます。
 書類はプログラマーさん、デザイナーさんに確認してもらうものとして
 書いていきます。
 
 ダッシュはゲージ制なのか?距離は?挙動はどんな感じなのか?
 といった部分です。
 
 破綻しないように何度も読み返してやっていきます。
 とは言ったものの試してみないと実際わからない、という部分もあります。
 実装する人の方針となるようなものとして作成していっています。


・ディレクターチェック
 仕様書を交えてディレクターにプレゼンし、企画意図に仕様が即しているか
 を確認します。
 GOが出れば実装、リテイクが入れば手直しします。


・各担当者とミーティング
 プログラマーさん、デザイナーさんと仕様書の読み合せを行います。
 実際にこの仕様は実現できるのか?どうやって実現していくのか、
 といった部分を詰めていきます。


・実装時の相談
 実装していく上で出てきた問題点などを実装担当者と相談しながら
 対応していきます。
 想定が甘かったりするとここで苦労します。
 出てくる問題点をどうするか、決断しながら進んでいきます。


・実装完了、確認
 実装完了したものを確認していきます。
 ディティールの修正依頼や数値調整などを行い、完成品へと近づけていきます。
 ディレクターも交えてこんな感じにやってきますかねーと話したりもします。


・完成
 できた!!ディレクターに完成品を見せに行きます。
 OKが出れば実装完了、リテイクが入れば手直しをやっていきます。
 

そのほかにもKPI分析、リスト作成、マスター入力などなどなどなど
まだまだ色々ありますが、大まかにこのような仕事のやり方をしています。

仕事の進め方、方法論はこれで決定版!というわけではないです。
日々改善、さらに新しい仕事をやっていくとやり方は変わっていきます。


いかがでしたでしょうか?
なんとなくでも、企画マンの仕事内容がイメージしやすくなっていただければ、幸いです。

ではでは。
posted by byking at 16:36| 開発