2018年07月25日

差し入れ

こんにちは!ブログでは約2年ぶりの登場、デザイナーの小山です。
今回は会社での差し入れの話になります!
バイキングでは他社様から頂く差し入れや、社員からのお土産などをシェアし楽しんでおります。
時たまとんでもないものが差し入れられることもあります。

-------------------

それは7月某日のことでした。全ては代表であるオバタさんの一言から始まります…
「生うに好きな人いますかー?」
生モノという事で選ばれし1人に譲渡されることとなったウニ
なんと小山、じゃんけんが激弱にも関わらず社内のウニ好きが集うじゃんけん大会で、奇跡的に勝利し、ウニを手に入れたのでした。

海水をしっかり切って食べると美味しいらしいと説明してくださるオバタさんの言葉と一緒に15センチ各ほどの容器を受け取ります。
おお、綺麗なオレンジ…これが美味しいとされるウニ…!まばゆい。

実は不肖小山、今まで100円で回るお寿司のウニくらいしか食したことが無く、高いウニを食べたことがなかったのです。つまり完全な好奇心でじゃんけんに参加しておりました。
高いウニの味とは…一刻も早く口にしたいと急く気持ちを抑え、昼休みになった瞬間席を立ちます。
向かうのは会社の近くのコンビニ、流れるように白米とミニボトルの醤油を購入、準備は万端と会社に帰ります。

ウニのパックに封入されている海水を震える手で切り、会社のセンターテーブルへセット
数名のウニ好きの方を召喚し、いざ実食。ウニ祭り、別名ウニパの開催です。祭りじゃ祭りじゃ〜〜

1807251.jpg

ウニ上級者の助言を聞き、醤油をかけず白米の上にものせずまずはそのままの姿で1切れ口に含みます。
口に広がる優しい甘さ、なんとも言えないコク、優しいまろやかさ、後から広がる海水の塩味…!
美味しい!臭みとかもったりした嫌な感じが全然感じられず上品な味わい、これが「「「「ウニ…?!」」」

1807252.jpg

白米に載せてもう一口、う、うまい…白米というしっかりした土台を手に入れたウニとはこんなに美味しいものなのかと箸が進みます。

センターテーブルに広げられたウニに釣られ、一人、また一人と祭りに参加者が増えたところにオバタさんからまさかの「もう1パックあるよ!」とのお言葉。
ウニ好き達の箸が加速し、(小山を含む)数名が日本酒飲みたいな〜とこぼしながらウニを口に運びます。
辛口淡麗の冷えた日本酒が飲みたい〜〜(心の叫び)!!

1807253.jpg

昼休みなのを忘れ、2パック目のウニを消費していると「自分が食べる用だったのだけど…」ともう1パック頂けたではありませんか(本当にごちそうさまです…!)

いつもより圧倒的に長く感じられる昼休み、和気藹々と皆で美味しくウニを堪能させていただきました。

1807254.jpg
(最後の一口になると皆遠慮して手をつけなくなる図。最後はプログラマの先輩がとどめを刺しておりました)
ご馳走さまでした〜!
posted by byking at 17:26| 日記