2019年06月19日

昼休みの過ごし方〜給食編〜

こんにちは。
サーバプログラムを担当しているオオタケです。

さて、今回はバイキングの給食システムについて紹介します。

バイキングでは社員の健康と食事時間短縮と財布事情を考えて、
「タベル株式会社」様の「みんなの食堂」という
デリバリ型社食サービスを導入しております。
https://shokudou.jp/

おいしい上に安いのが魅力です。
経済基盤が脆弱な若者、子育て預金に苦悩する者、
直近のギャンブルで惜敗した者にたいへん人気です。

日々の献立はバリエーションがかなり豊富で全く飽きが来ません。
また、管理栄養士が栄養バランスを考慮して作っているそうで、
グルメだが栄養の偏りがちな現代人には
まさに願ったり叶ったりのサービスなのです。

ただし、世の中そんなにおいしい話はありません。
誰もが給食を食べられるわけではないのです。

約月イチで訪れる給食当番の
激務に耐える体力と精神力があってこそ
その恩恵に浴することができるのです。


本日は私オオタケが当番です。

まず、昼頃になると
荷車にのった給食一式が届きます。

1906191.jpg

これを昼休みまでに
並べきらなくてはなりません。
さもなくば、血に飢えたバイキングの面々に
何をされるかわかりません。

1906192.jpg

極度の緊張感の中、知力と体力を振り絞って、
何とか準備完了です。

この日のメニューは「豚ニラたま丼」でした。

1906193.png

バイキングの面々がところ狭しと食を貪ります。
彼らの通った跡は草さえ生えないと思われがちですが、
好みもあるのか、食材が余ることもあります。

そんなときに保存のききそうな物は
夕食用に確保しておく賢者たちもいます。
もったいないもんね。

食べ終わると後片付けをします。
食器プレートと食材バットと飯タンクとの
ファイナルラウンドが始まります。

1906194.jpg

終わりました。
これであと1ヶ月は、
血に飢える側に回れます。

開発者にとって、食はとても大事です。
その食へのケアができているかどうかは
案外企業の生命線なのではないのでしょうか。
バイキングに入社した暁にはぜひ利用してみてください。

以上、サーバプログラムを担当しているオオタケが
約半年前に始まった給食システムについて紹介しました。
posted by byking at 15:25| 日記