2009年05月14日

企画書は重要じゃない?!


と、いきなりですが企画マンとしてはかなり問題発言?な おばたです。

でもコレって本当にそう思います。
企画書なんて所詮は数枚の紙切れなんです。ハイ。



誤解を恐れずに言いますと

「企画書の重要さ=企画の重要さ」

では無いと言うこと。


もう少し言葉の真意を言いますと、本当に大事なのはその企画書が出来上がるまでのプロセスなんです。

どういうコンセプトから、どのような試行錯誤を経て最終的にそう結論ついたのか?
そのプロセス事が一番大事だと思います。

だから断言できるのは、面白いゲームは面白い企画書からは生まれません。
面白くするプロセスを持った考えと、その考えを実現化できる技術から生まれます。


プロセスを持った考えは時代や状況、目的が変わっても新しい物を生む事が出来ます。
ただの紙切れである企画書はいつまで経っても、その内容は変わりません。


企画マンは自分の考え方、考える力が商売道具だと思います。
(付け加えるなら、考え方を伝える伝達力もですが)

例えばゲームをプレイしながら「なぜ、こうなっているのか?」
なんてプロセスを逆に考えても興味深いと思います。


今日は企画マンとしての立ち位置から
ボクなりの考え方を書いてみました。


おばた







↓↓↓最後に…ブログランキングUPにご協力をお願いします。↓↓↓
banner_21.gif人気ブログランキング
posted by byking at 21:44| お仕事