2009年05月21日

アイデアは知識と工夫のかけ算

こんにちは、今日も独り言っぽい内容のおばたです。


ゲーム作りに限ったことではないと思うのですが
モノ作りって知識だけでも工夫だけでもダメな気がします。


まぁ変な例えですが、新しいコンセプトの美味しいラーメンは
決してラーメンマニアには作れないと言いますか・・。
ゲームに詳しいのはとっても良いことなのですが、そこから生まれるのは
〜〜みたいなゲーム・・・が多いと思うんです。


要は新しいゲームの面白さを生みだすとき、ただゲームに詳しくても
アイデアの近親相姦を起こすだけなので、出来るだけ知識と工夫の幅を持てるように
出来れば良いんじゃないかな?と思うんです。
(言葉使いに問題あればすいません)


あるコンセプト(面白い理由)を実現しようとしたとき、その方法にはきっと多く手法があると思います。
その手法を導き出すために、知識に工夫が掛け算されたとき
そのクリエイターにしか出来ないアイデアが生まれるんだと思います。


知識だけだと、どこかにある同じ物しか生まれませんし
工夫だけでは素っ頓狂なものになってしまいます。


アイデアとはそのクリエイターの知識の幅と工夫の幅を掛け算して
生む事が出来るんだと思いますし
それがクリエイターの個性なんだと思います。


この仕事を目指す方やモノ作りを目指す方は
知識(見聞の広さ)と工夫(経験や考えの柔軟さ)を積む意識を
持てると良いかもしれませんね。



私も頑張ります!



おばた







↓↓↓最後に…ブログランキングUPにご協力をお願いします。↓↓↓
banner_21.gif人気ブログランキング
posted by byking at 00:00| お仕事