2017年05月17日

マレーシア

以前バイキングで働いていましたが、
今年3月まで常夏のマレーシアで仕事をしていて、
時を経て再び日本で一緒にお仕事することになりました
デザイナーのアマカワです。

001_amakawa.jpg


マレーシアでは、
日本のゲームグラフィックのお仕事(3Dモデリングなど)をマレーシアを含むアジアの開発会社様に発注したり、そのサポートなどをやっていました。
並行して、バンコク、シンガポールなどの東南アジアのスタッフ達と、
ゲームアプリケーションの開発もやっていました。
最近は、日本のゲーム開発もどんどん国際的になってきている印象があります。

特にマレーシアではMDeCというIT国家機関が積極的に支援していることもあり、
3DCGのグラフィックスタジオが盛んです。
海外の大手企業(EA, Naughty Dogなど)や日本の大手企業が、
積極的にグラフィックのアセット開発をマレーシアの会社に委託している状況です。
マレーシアの開発会社は、スタッフと英語でスムーズにやりとりができることや、
インフラが比較的に整っているというメリットがあります。

ゲーム開発の仕事をしていると、外国製のツールを使うことも多いですし、英語に触れる機会が多いです。
最近では、英語に強い人材が求められることもあるので、僕も英語の勉強を続けています。

ちなみに、ここまでいろいろ説明しましたが、
そもそも「マレーシアってどこ?」と思っている方が少なくないと思われますので、
マレーシアを宣伝させていただきます。


「僕のオススメするマレーシアの良いところ」
マレーシアとは
みんな大好きな、タイの南にあります。首都はクアラルンプールです。
クアラルンプールの意味は「泥が合流する場所」だそうです、、、ちょっとがっかりな感じがしますね。

1. [自然が豊か]
東マレーシアは、ボルネオ島にあります。ジャングルです。
世界最大の花「ラフレシア」が咲いてます。あと虫がでかい。
  
2. [食べ物がおいしい]
チャイニーズ、インド料理(もっぱらカレー)、マレー料理(ナシゴレンとか)が選べます。イスラム教の国なのでお酒は高いです。
僕の好物は「ラクサ」というエビヌードルです。大丈夫。そんなに辛くない。
日本人にドリアンを食べさせると8割が残念な表情になりますが、僕は好きで す。

003_food01.jpg


今後、ますます東南アジアでのゲーム開発が盛んになると予想されます。
国内や、北米、ヨーロッパの情報だけでなく、
東南アジアにも目を向けてみると面白いかもしれません。

これから世界で受け入れられるゲームをバイキングで開発していこうと思います!




posted by byking at 17:11| 日記

2017年04月26日

新人歓迎会

こんにちは!
はじめましてプログラマーの瀬田です。

私もバイキングに入社してもう2年が経とうとしてきました。

その間にも新しいメンバーが入り、少しずつ後輩も増えてきました。

まー、年齢でいうと最年長に近いんですけどね!

そんな中、今年4月に入社した新入社員と中途入社のみなさんの歓迎会を行いました。

今回は16名の方がメンバーとして加わります。
新入社員はデザイナー3名、プログラマ2名、プランナー5名、総務1名
更に 5名の中途入社の方々を歓迎します!

特にプランナーの方が多数!頼もしいですね。

自分が開いていただいた歓迎会が遠い昔に感じてしまいます。すでに懐かしいです。

今回入社された方を含めると90名を超えるメンバーになっています。
会場をおさえるのもたいへんですね。幹事さんありがとうございます!!



今回の歓迎会場は、以前に利用したときにビュッフェスタイルの料理があっというまに平らげられた、という逸話があり はじまる前から緊張感が漂います。


1.jpg

新メンバーのみなさんはまんべんなく別れてそれぞれのテーブルへ。
代表尾畑から新メンバーへのエールと乾杯ではじまりました。

2.jpg



そして まずは食事、早速ビュッフェコーナーへ詰めかけます。
先輩が新人さんの料理をとりわけてくれているんでしょう!ですよね?

2.jpg



▼わりと和やかな感じで歓迎会は進みます。
5.jpg



▼中途入社の方も各テーブルをまわり談笑中、さすがしっかりしてますねー
6.jpg



▼めちゃめちゃ楽しそうな2年目に入った先輩達!
今後は後輩達を鍛えてあげてくださーい。
7.jpg



▼時を経て再び一緒にお仕事することになった方も!
8.jpg



足りないのではと思われていた料理も幹事さんのはからいで十分用意されていてとても満足でした。
お料理も美味しく、デザートも頬張り、会話も弾み、楽しんでいただいていたのではと思います。

とはいえ、はじめてお話する方多数なのでやっぱり緊張もありましたよね。
おつかれ様でした!

ともにいいもの作っていきましょうー!!
これからよろしくお願いします!


そして、新人歓迎会を終えてブログを書く段階で全員での集合写真を撮っておけば良かったと反省!

posted by byking at 19:08| 日記

2017年04月13日

マジで知りたい!MagiDE會(マジデカイ)!

はじめまして!
4月からBYKINGに入社しました企画新人のさっくんです。
入社して1週間たって思うのが会社に特撮グッズが沢山飾ってあることにテンションが上がっています。
私事ですが特撮が好きなので、特撮グッズに囲まれながら仕事ができる環境が天国に感じます。
会社の雰囲気に慣れたら、私のデスクも特撮グッズでいっぱいにしてテンションMAXで仕事をしたいと思います。

そんな中、今回はブログの作成のお仕事をさせていただきます。
今回はMagiDE會についてとその魅力をお伝えします。

[マジデ會]01a-6.jpg


【MagiDE會とは?】
MagiDE會とは、マジシャンズデッドをすでにプレイしている方から始めたばかりの方まで、全てのマジデプレイヤーが参加できる、マジデをもっと盛り上げよう!という対戦イベントです!


・魅力その@
【マジで熱い!店舗同士の対戦】
MagiDE會に参加する店舗同士の対戦を主に行います。
しかし、ただ対戦するだけではなく、参加店舗のメンバーが誰とチームになるか分からない「シャッフルマッチ」!
最強チームvs最強チームや初心者チームvs初心者チームなど、店舗内で作ったチームで他の店舗と対戦する「店舗間イベントマッチ」を行っています!
今まで知らなかった同じ店舗のプレイヤーと仲良くなったり、ノウハウを教えてもらうなど対戦を通して交流することができます!


・魅力そのA
【マジで強い!公式コスプレイヤーとの対戦】
参加するのは店舗同士だけではなく、公式コスプレイヤーさん率いるスタッフから作られた公式チームとも対戦することができます。
クラリスとリプルの公式コスプレイヤーさんと対戦することができ、どちらもトッププレイヤーレベルの強さです…
しかし、初心者の方でも他のプレイヤーと協力すれば勝つことも!他のプレイヤーと協力して戦い公式チームに勝利しましょう!

Image uploaded from iOS.jpg
▲公式コスプレイヤーのクラリスさんとリプルさん


このブログを読んで参加してみたいと思ったそこのあなた!
なんと4月15日(土)にMagiDE會が開催(予定)されます!
更に、参加して頂いた方にはマジシャンズデッドのNESiCAシールをプレゼントいたします!
その他、詳しい情報は下記のURLのサイトに記載されております。

皆様のご参加、心よりお待ちしております!!

▼4月15日(土)「公式店舗間マッチングイベントMagiDE會(マジデカイ)」開催のお知らせ
http://magiciansdead.jp/players/news/1197/

posted by byking at 17:33| 日記

2017年04月05日

新入社員の初日をご紹介!

本年度も、新入社員としてプランナー5名、プログラマー2名、デザイナー3名、総務1名、計11名が新たにバイキングに仲間入りしました。

つい最近の出来事のように感じる私こと2年目プログラマーの「かこ」が、
社会人として新たな一歩を踏み出した彼らの初日にお邪魔しました。

---------------------------------------------------------------------------------
毎週月曜日の朝は、定例のバイキング集会が行われます。
一週間の中で全社員が一堂に会する唯一この日。
早速そこに招かれた新人11名。
いち.jpg
先輩方の視線を熱く受けながら一人ひとりご挨拶!
緊張感がひしひしと伝わってきます。
熱い激励を受けたところでバイキング集会は終了です。
きっと各自決意を新たにしたことでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------

一度解散したあと新人は再び集合。
まずは各職種のリーダー陣が職種毎の説明を行います。
に.jpg
自身の職種のみならず、面白いゲームを作る上で他の職種との連携は必要不可欠です。
ここで今一度バイキングからの視点を織り交ぜて、各職種への認識を深めてもらいます。

---------------------------------------------------------------------------------

お昼休みを挟んで、次はマナー研修です。

講師は、総務の先輩お二方。
残念ながらマナー研修中にはお邪魔できませんでしたが様子はきっとこんな感じ↓
さん.jpg
来客対応や電話対応などは新人業務の一つ。
先方に失礼のないよう言葉遣いから徹底して学びます。


---------------------------------------------------------------------------------

マナー研修が終わったところで我々2年目組が、
朝の清掃などの新人業務引き継ぎのため説明を行いました。
よん.jpg
主に「清掃」と「ゴミ出し」についてです。
以前私の同期ワタナベが別の記事で主な新人業務について触れているので
詳しくはそちらを御覧ください。
ニューゲーム!

---------------------------------------------------------------------------------

続きまして、ネームタグ作り。
先輩方にいち早く顔と名前を覚えてもらいましょう。
中には本名に加えて、あだ名を書いてくれた子もいます。
ご.jpg
「師匠」はインパクト絶大です。一発で顔と名前を覚えました。

バイキングでは、あだ名で呼ぶ文化が比較的浸透しています。
ここで宣言したあだ名は、ほぼ決まるといっても過言ではありません!
顔と名前を覚えてもらうためにあだ名を活用するのは一つの手段かもしれません。
私も高校時代から呼ばれていた「かこ」で通しています。

---------------------------------------------------------------------------------

そして、ここでいよいよオフィスに入ります。
事前に用意された席に着いて、社内で主に使用している各種アプリケーションについての説明を受けたあと退社報告メールを書いて初日は終了です。
明日から自席にて職種別に研修が行われます。
ろく.jpg

---------------------------------------------------------------------------------

なな.jpg
最後にプログラマーとして入社した早川くんのピースをお届け。
実は彼は早期出社として11月から既に出社していました。流石の余裕です。
バイキングの内定者には早期出社という形で、一足お先に実際の業務に取り組むことができます。
現在、就職活動中の方はこういった制度があることも押さえておくと良いかもしれません。
早期出社のメリット!

---------------------------------------------------------------------------------

以上、駆け足となってしまいましたが新人の初日の模様をお届けしました。
彼らは一体どんな新風をバイキングに巻き起こしてくれるのでしょうか!
君たちの戦いはこれからだ。


posted by byking at 16:37| 日記

2017年03月23日

設定について考えてみよう

はじめまして!
マジデACのチームに参加しております企画のヅネと申します!

今回のブログは、先日行った企画座談会の興味深いお話についてです!

座談会写真2.JPG

座談会のテーマは「設定」。
RPGでいう世界観やストーリー等の設定です。


殆どのゲームには「設定」が存在しますが、その考え方を共有するのを目的としました。
ゲームの面白さに深く関係する部分ですからね!

また、今回は『実践する事で、考え方に対する実感を得よう!』という魂胆のもと、
各自でとあるゲームに「設定」を付けて、その理由を話し合うことで造詣を深めるというスタンスにしました。

そのとあるゲームとして取り上げましたのは「オセロ」。
白黒の駒で挟んだ駒を裏返し合い、最後に色が多い方が勝ちとなるゲームですね。


そして、「ゲームルールをなるべく変更しない」という制限で、色々な設定案を出し合いました所……
沢山集まりましたので以下に記載します!



 ●バトルロイヤルオセロ
  ・オセロ盤を広くして、多人数のバトルロイヤルをできるようにする。
   →お金や得点を賭けたりできるようになるのが魅力。
    対戦ツールとしての広域化を行なう設定。

 ●プロオセロ
  ・お金(給料や賞金)が発生するようにする。
   →お金という明確な目的を用意する設定。
    ランキングに応じてお金が貰えるなど、明確なメリットを用意することで、人を呼び込める。

 ●脱衣オセロ
  ・駒をめくればめくるほど女の子の服が脱げるが、めくられるほど厚着になる。
   →この欲望に突き動かされる層に向けての設定。
    早く脱がそうと思い序盤から飛ばすと後で逆転された際に見れなくなるなど、ゲームの流れすらも変わる。

 ●マスに罰ゲームを記載する
  ・駒を置いた先で隠されている罰ゲームがあるようにする。
   →1VS1のオセロを、パーティゲームとしてしまう設定。周りの人とワイワイできるようになる。
 
 ●電車オセロゲーム
  ・駅をマス目とし、実際の人間を移動させて行なう超巨大オセロの設定。皆で参加して隣の駅を挟む。
   →多人数動員型にする事で、お祭り感覚として「遊びたい」というより「参加したい」と思わせる。
 
 ●オセロの戦術をくわしく解説する
  ・ゲームとして、将棋の検討ソフトのように戦術や定石、一手一手の価値を教えてくれる。
   →将棋やチェスなども検討ソフト等の様に解説をつける事で「やろうと思ってもできなかった人」を獲得できる設定。

 ●出会い系オセロ
  ・自分の色のコマの部分から対戦相手の顔が見えてくる。
   →オセロを相手の顔が見るまでのツールとする設定です。
    顔が見えるまでのコミュニケーションツールになり、勝敗とは別にドキドキさせるゲームとなる。
 
 ●マス目にボーナスルールを描く
  ・勝ち負けの際に、取った面にかかれている商品が貰えたり、罰ゲームをやらされたりするようにする。
   →勝ち負け以外に「このマスは取っておきたい、取りたくない」等、勝敗以外にも考えを巡らせられる設定。
    いつもの必勝法だけでは勝敗以外はうまくいかない、新たなレベルデザインへと変えてしまう。



ふむふむなるほど……同じゲームなのにぜんぜん違う目的、遊び方になるものだなと感じます。


さて、まとめになりますが、今回のオセロの設定出しを通して
設定による、モチベーション上げや、面白みの付与が可能な事、
さらにルールに手を加えずとも、ゲーム性や攻略法に変化を生む事さえできると感じました。


この考え方は、オセロに限った話では無いと思えます。


例えば、一人用ゲームのミッションモードで「次はどのミッションをやろうか」と考えた時に
設定付けを行なう事で、同じ遊びでも新しい心持ちで遊ぶ事ができる要素となると考えられます。

この考え方を、企画を広げる1つの手段として、考えてみるのも面白いかと思いました。
そして、これにより皆々様の企画力に少しでも刺激になるように働けば幸いです。


さて最後になりますが、これからもバイキングは面白いゲームを作る為、一所懸命ただ直向きに向かっていく所存でありますので、何卒よろしくお願い致します。

座談会写真1.JPG
posted by byking at 20:30| 日記

2017年02月01日

企画座談会〜企画ノウハウの共有

お久しぶりです。 企画のクリヤマです。
前回のブログから大きく間が空きました。


実は空白の期間にも1度、企画座談会のブログ記事を
書いたのですが、社外秘の内容てんこ盛りでお蔵入りになってしまいました。


今回はお蔵入りにならないで済みそうです。


では、本題に。
今年最初の座談会のテーマは
「企画ノウハウの共有」です。


去年は「ガンスリンガーストラトス3」の稼働、運営、
バイキング初パブリッシュタイトルの「マジシャンズデッド」が稼働しました。


激動の1年で作業や仕様を考えるにあたって、悩んだりすることが多々あったと思います。
それらをどのように解決してきたかをプロジェクトの垣根を超えて共有することが目的です。


出た内容をいくつか、まとめてみたいと思います。


●データ設定のミスを減らすためには

・専用のデータテーブルを作り、1箇所の変更でまとめて変更できるようにした。
変更箇所を減らし、ミスを減らす。

・担当者以外も設定を確認するようにした。
担当者が休んだ場合のバックアップ要員にもなれる。


●スランプな時でも作業を進めるには

・パターン化できる部分をみつける。
調子に影響されにくくなる。

・調子が悪く失敗しても、パターンの精度を上げていくチャンスと考える。
悪循環におちいらない。


●企画で自分の意見をとおす、仕様を作って貰うためには
・作る理由を用意する。
いかに自分の仕様を作って貰うか、曲者になる。

・「こういったことを考えている」といった時から担当者と話をする。
話し合った内容なのでコンセンサスも取れた仕様になる。


●最新情報を得るためには

・いろいろな情報に詳しい人と仲良くなる。
・おもしろそうな情報があれば共有できる雰囲気を作る。
情報の入り口を増やすことで多くの情報を知れる。


●企画書を作る上で重要視する点について

・何のために使うものなのかが重要
新しいゲームを作るための資料なのか?
意見を貰うための資料なのか?

その上で、目的にあった作りになっているかが重要


といった情報が共有できました。


今回企画座談会で情報共有を行い、
自分が過去に悩んだことがあることの多くが他の方も通ってきた道だと実感しました。


同じ様なことを悩んできているので
他の方が「どういった作業してきたのか?」、「どういった仕様を作ってきたのか?」を知ることで
「誰々さんに聞けば分かるかも……」といった解決策を見つける糸口なりそうです。


今後もプロジェクトの垣根を超えて
失敗や成功を共有するこでバイキングとして面白いゲームを作っていけると思います。


今年もバイキングは全力で「面白い」を追求していきます。

ブログ画像.jpg


posted by byking at 17:13| 日記

2017年01月25日

黒い画面、怖くない

お久しぶりです。シロです。


もうすぐ入社してから2年が経とうとしていますが、
昨年3月頃にクライアントプログラマーからサーバーエンジニアへ職種が変わりました。
そんな最初の頃に感じたお話をしようと思います。


学校の授業でLinuxを軽く触っていたので、
同じようにインストールしようとしたら、
「デスクトップ環境を入れるなんて、ナイスジョーク!」
と突っ込まれました。

サーバーを構築する場合は
「最低限必要なものだけをインストールして、後から追加でインストールしていく」
らしいです。
そもそもデスクトップ環境なんて使わないと教えて頂きました。


これが・・・
gui.png


こんな真っ黒に!!
cui.png


一体、どういう階層になっているんだ。。
確か色々コマンドがあったような・・・。
うろ覚え過ぎてネットで調べつつ、ちまちま打っていました。


先輩方の作業風景を見ていると、黒い画面にものすごい速度で文字が出てきており、
「めっちゃ打つの速い!映画で見たことある!かっけぇ!」
と思っていました。

まぁ実際は途中まで入力後、TABキー押して入力補完しているだけだったり、
出力されるログを流してるだけだったりですがw


他にもテキストファイルをviエディタで編集する時も、
様々なコマンドを用いることで素早い編集を可能にします。

例えば、
「 yy 」で一行コピーして「 p 」で一行下に貼り付ける。
「 ~(チルダ) 」で大文字と小文字の相互変換。
「 dd 」で一行削除。
vieeditor.gif


僕はよく忘れるので、自分用にこんなチートシートを作ってます。
vieditor_cheatsheet.png

そう、この黒い画面はコマンドを覚えていれば割りと可愛いもんなのですよ。
先輩方はもう愛でまくってます。



業務では、データベースとやりとりをするためにPHPやGOを使っているのですが、
そのためにはSQLも理解する必要があります。

最初は覚えるの多すぎじゃね?と思っていたのですが、
データベースの種類は複数あり、
データベースとやりとりをするプログラム言語も複数あります。

各プログラム言語仕様ごとにデータベースが扱えるような仕組みになると、
それこそ面倒なわけですね。

なのでSQLを理解していれば
色んなデータベースやプログラム言語にも対応出来る!
そう考えると、覚えるしかないっしょ!となり、モチベーションが上がりました。

そんな感じで日々、頑張っております。




データベースの構造を確認したり、テストでSQLを書いてみたり、
PHPやGOといったプログラムを書くのも全てあの黒い画面なのかぁ・・・。








と、思っていた時期が私にもありました。


phpMyAdmin:MySQL(データベース)の管理ツール、見やすい!
phpmyadmin.png

統合開発環境:プログラム書きやすい!
ide.png



すみません、あの黒い画面ずっとは無理でした。
まぁ便利なものは使っていきましょうということで^^;


ではでは。
posted by byking at 18:54| 日記

2017年01月18日

遅ればせながら新年挨拶〜総務編〜

少し遅いですが、
新年あけましておめでとうございます。

バイキング総務のミキティです。


新年を迎えたのがつい先日のことの様に思えるのですが、気が付けば1月も中旬!
この調子だと今年も瞬殺されてしまうかもしれませんね。


昨年は「ガンスリンガーストラトス3」の稼働開始や
バイキング初の自社タイトル「マジシャンズデッド」の稼働開始
それに伴う全国キャラバン等、多くのイベントで目白押しでした。
また、バイキングがデベロッパー(受託開発)からパブリッシャー(販売、宣伝)も担う会社へ転生した飛躍の年だったと思います。

これら全てが去年の活動なのかと疑うほどに密の濃い1年でした。


そして稼働開始で終わるのがゲーム開発ではありませんね!
技の調整や、新キャラやアクセサリーの追加等、
オンラインゲームの醍醐味でもあるアップデートが控えています。

そのため、息つく間もなく開発現場はフル稼働中です!!


と、そんな開発現場を横から見ている総務の私は新卒採用に向けて活動を開始しております。
(見ていただけじゃないんだからねッ)


新卒採用の情報開示は3月からということで詳しい事はまだ書けませんが、掲載媒体はマイナビを予定しております。


デベロッパーからパブリッシャーへと転生した新生バイキングにご興味を持っていただけたら幸いです。
(厳密には転生というより合体、デベリッシャーといったところですかねw)

そして弊社の理念とマッチした学生様にどしどし応募していただければなぁと思います。


以上、総務ミキティの新年あいさつとさせていただきます。

posted by byking at 14:38| 日記

2017年01月10日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 ディレクター兼代表の尾畑です。

そろそろ年末だぁなんて思っていたらあっという間の新年ですね。

毎年感じているのですが気がついたら1月が終わり、暖かくなってきたなぁなんて言っていると
梅雨になっている・・・今年もそんな速度感で進んでいく気がしています。

う〜ん、もっとゆっくりが良いなぁなんて思います。


この「時間が速く感じる」という現象には色々な説があるようですが
ゲームなどのエンターテイメントではどうなのでしょう?

「あっという間に終わった」
「短い時間に感じた」

というのはとても良い経験が出来たときに言われるような気がします。
エンターテイメントでは「とても夢中になった」ときや「凄く楽しかった」ときですね。

退屈な映像は10分でも辛いですが、面白い映画は2時間でも短く感じられますよね。

でも1年が短く感じる、、というのはどうなのでしょう?

こういった「時間をどう感じるか?」という部分にも凄く色々な意味や効果がありそうで
個人的には興味があります。


というわけで(どういうわけで?)2017年もよろしくお願い致します。


尾畑

posted by byking at 17:41| 日記

2016年12月28日

〜本年最後のブログになりました2016〜

ごきげんよう。
バイキングでモーション担当しております下田です。

早いもので、本年もあとわずかとなってしまいました。
寒さも厳しくなり、「会社なんて行きたくないなぁ〜」なんて考えもよぎるほどです。
そんな考えを現実にしてくれるような日が来ました。
本日は、弊社バイキングの仕事納めの日です。
「いやっほ〜、今年の仕事はこれで終わりだぁ」
と喜んでいるのは、自分くらいで他の人たちはちゃんとお仕事中です。

写真1.jpg
今後どうするか、お話し中


写真2.jpg
デバックプレイ中



午後からは、会社全体をみんなでお掃除。
年の瀬の大掃除ってやつですな!

写真3.jpg
自分の席を綺麗にしましょう

写真4.jpg
普段みんなで使っているところも、しっかりお掃除!



お掃除が終わったら・・・・、
そう!納会!!!
会社で堂々と酒が飲めるぜぇ〜、げっへへへへ。
みんなで、今年1年を振り返りつつ、労を労う簡単な宴。

写真5.jpg


写真6.jpg
若い子たちは、食い物に夢中!

写真7.jpg
おっさんどもは、飲み物に夢中!!

納会終わりに、ちょっとしたイベント発生!!
なつかしき格闘ゲーム大会!
御題は、武士道ブレード弐。
いや〜、懐かしいですなぁ。
あまりに懐かしすぎて、初めて見る人もちらほら。
もう忘れた&やりこんでないゲームなので、みんな平等に遊べるはず!

写真8.jpg
なんだかんだで、結構白熱!



思い起こせば、今年もバイキングにいろいろありました。
自社タイトル『マジシャンズデッド』の発表を皮切りに、『ガンスリンガーストラトス3』のリリース、自社運営初のニコ生放送、『マジシャンズデッド』のリリース、『ガンスリンガーストラトス3』大会の開催と、リリースやイベントが盛りだくさんでした。

これからも、皆様が楽しく遊べるより良いゲームを作るべく、まい進していく所存です。
本年もありがとうございました。
そして、来年もよろしくお願いいたします。

写真9.jpg
ではでは、皆様よいお年を!!


posted by byking at 21:02| 日記

2016年12月14日

「プログラマー新人歓迎会・2016年冬の陣」

皆さんごきげんうるわっしゅ!プログラマーのナッシュです!

早いものでもう2016年の終わりに差し掛かっていますが
今年はどんな一年だったでしょうか?

私は今年も多くの人たちとの出会いがあった年でありましたが
実はなんと先月また一人の男がバイキングの仲間に加わったので紹介します!

ブログ1.jpg
彼の名はよっしー君。関西出身の新人プログラマーです。
よっしー君は現在早期出社でいち早く働いており
不慣れなアンリアルエンジン相手に四苦八苦しながらも
自前の若さとガッツを武器に業務に励んでおります。

そんな健気に頑張る彼のため、先日私ナッシュめが幹事となり
プログラマーによる新人歓迎会を企画・開催いたしました。
今回はそんな私の苦労話をグt、もとい歓迎会について語らせて頂きます。

☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ

バイキングは今やプログラマーだけでも30人を超える団体となりました。
これほどの人数になるとお店を決めるだけでも一苦労。
席が足りなかったり予約が取れなかったりなんだりとありましたが
それでもなんとかお店も決めまして、いざ歓迎会の始まり始まり〜。

ブログ2.jpg

よっしー君を歓迎するために忙しい時期にもかかわらず
多くの方が参加してくれました!!

ブログ3.jpg

そして挨拶まわりをしている主役のよっしー君をよそに
鍋をつつきながらの大盛り上がり!!(歓迎とは?)

☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ

バイキングにはヒトクセもフタクセもある輩が多く一筋縄では行きませんが
君も今や立派なバイキングの一員なのだよ よっしー君。
皆さんもよっしー君の今後の活躍にご期待下さい!

少し早いですが良いお年を。しゆーあげいんばいばい。
自称バイキング随一の常識人 ナッシュ


posted by byking at 17:42| 日記

2016年10月27日

あのPSVRが発売!


こんにちは!
バイキング元祖新人プログラマーのウッチ―ことウツミです。
以前バイキング日記を書いたのは2012年の4月頃になるので4年半ぶりになりますね!
私はまだ健在ですよ…!

さて、ついに巷で話題のPSVRが発売されましたね!
バイキング社内でも早速休憩スペースに設置され休憩時間等にスタッフが遊んでいます。

というわけでさっそくPSVRを持っていない自分はここぞとばかりに触らせて頂きました。
(試遊したゲームは例の夏の授業でキャッキャウフフなタイトルです…!)

VRの魅力と言えばやっぱり圧倒的な没入感!でしょうか。
視界がまるっとゲーム画面に覆われ首の向きや位置に連動するのでまるでゲームの中に入り込んだ様な感覚が味わえます。

試遊したゲームで個人的に印象的だったのは会話の選択肢を選ぶシーンで目の前の女の子が携帯電話を見ていたので
ふとおふざけで自分も携帯画面を覗き込もうとすると「覗かないで!><」といった様な反応をされ、おおぅと驚いてしまった事です。
(もちろん自分は普段人の携帯画面を覗いたりなんかしませんよ!しませんからね!)

自分の何気ない視点の動きに連動して起こるアクションやギミックはとても新鮮で良いですね!
こういった要素はVRの独特の強みだと思っています。没入感もより強くなりますしね!

VRはまだまだ始まったばかりでゲームの数は少ないですが色んな可能性を秘めていると思います。
今後もどの様な驚きのあるゲームが出てくるかとても楽しみですね!

ではでは〜。


最後に某有名ホラーゲームのデモをプレイしている先輩プログラマーの様子の動画です。
(※ネタバレなどの問題がありますのでプレイ画面にモザイク処理を行っています。)




(バイキング一VRホラーゲームを楽しめる人だと思っています…!)



posted by byking at 15:10| 日記

2016年10月05日

企画座談会『最近どんなゲームやってるの?』

こんにちは!

プランナー2年目の佐藤です。
今回は弊社に7月頃入社した同じくプランナーの高橋が司会となり
弊社メンバーのことをもっと知る意味も込めて
それぞれに「最近やったゲーム」を紹介してもらい
プレイのきっかけなどを総じて情報交換する会を行いました。

もしもこのブログ記事をご覧になられている方の中で
弊社への入社を検討されている方は
社内の雰囲気をつかむ手がかりにもなるかと思います。

話題に上がったゲームタイトルを
以下プラットフォームごとに分けて記載します。
(記載順は発言順)
---ソーシャル---
ポケモンGO
SHADOWVERSE
Fate/Grand Order
囚われのパルマ
リトルノア
---
---アーケード---
ポケモンガオーレ
KoF14
鉄拳7
BBCF
---
---家庭用---
オーバーウォッチ
アンチャーテッド4
スーパーマリオギャラクシー
シャドウゲイト
---

まとめて見ると比較的偏りなく話題に出来た感があります。
また、ここで話題に上がったタイトルの中でも
ソーシャル系については先日の社員旅行中にもプレイしている者が複数おり、
「みんなゲーム好きだなぁ」と感じたものであります。
(私も例外ではありません。)

ソーシャル系ゲームについては出先でプレイできるという点がやはり最大の強みであり、
昨今話題のポケモンGOはその点を最大限活用したゲームであると言えると思います。
都内ではゲームセンターの営業時間が規則により定められておりますが
ソーシャルならたとえ終電を逃して家に帰れなくても遊べますからね…!


今回の座談会は
シリーズ作品だったり、あるいは類似作品があるタイトルで
「以前プレイしたタイトルの不満点が解消された」
というコメントが複数のタイトルでありました。

もちろんゲームを開発する中でゲームをプレイして感じる不満点は
限りなく0に近い状態で市場に提供する努力をするべきであります。
しかし、完全には難しいものであります。

そこで我々が主に開発の土俵にしているアーケードオンラインにおいては
ゲームセンターに行けば常に最新版が遊べるアーケードならではの強みを活かし
稼働後のユーザーの反応を出来る限り集積し
しっかりと検証を行った上でアップデートにて迅速に不満点の解消を行いつつ
ユーザーの皆さんとともによりよい作品に作り上げていくことが大切である。
と、開発の姿勢を再確認した会になりました。


熱意を持って仕事に取り組むことが出来る方はぜひ
弊社の会社情報などもご覧になっていただけると幸いです。


座談会風景.png


最後に話は変わりますが、すでにご存知の方もいらっしゃるでしょうか。
今年の夏からゲームセンターの入店時間に関わる通称「改正風適法」が施行されています。

改正された中から関係する部分の内容を簡単に説明すると、
未成年者が夜間ゲームセンターに入場する際の時間帯規制が緩和されています。

ただし、実際の入店可能時間帯や条件については地域によって異なっているため
詳しくはお近くのゲームセンターに足を運んで店員さんに聞いてみてください。


それでは、佐藤でした!


posted by byking at 12:47| 日記

2016年09月20日

アウトドア部活動報告 〜2016夏〜


久方ぶりの登場、来年で本厄のデザイナー三浦でございます。

TGSも終わり秋が近づいてまいりました。

皆さま如何お過ごしですか?
寒い季節がはじまりますが、皆様風邪などひかないように
運動をして免疫力を高めてまいりましょう!(登山とか最高ですよ!)

さて、本日のブログは「アウトドア部の活動報告回(3回目!)」となります!
今回のアウトドア部活動報告の内容は「富士登山!」でございます。

活動3回目にして富士登山・・・

部員から「敷居が高い」「体力的に無理」等いろいろな意見が出ました。

たしかに無謀感はあり、部員の意見もごもっともと思い、一旦は中止を考えました。
しかしながら一部の部員の熱い思いを受け、私個人でテスト登山を敢行!

結果・・・・ 「なんとか大丈夫そうなので登山決行!」を決定。
その勢いをもって参加表明したメンバーとともに一気に富士に登ってきました。

ここからは実際の登山の模様写真と一緒に報告していきます。



▼〜仕事終わりにちょっと富士へ〜 (会社から5合目に移動)
 9月2日(金曜日)19時半に会社を出発。
 2台の車に分乗し、一路富士スバルライン5合目の山小屋を目指します。
 そつなく到着したものの5合目の駐車場はパンパン。
 4.5合目付近に車を止めて歩きます。
  first_night.jpg
 
 強烈に星がきれい! (三脚なかったので写真撮れず・・・無念)
 大体22時あたりに山小屋到着! 

 他のお客さんは爆睡中なのでこっそりと雑魚寝の大部屋に向かいます。
  koya.jpg

 5合目とはいえ標高2500mを超えているのでパンの袋がパンパンです。
 pan.jpg
 



▼〜千里の道も一歩から〜 (一路山頂を目指します)
 早朝山小屋を抜け出し一路富士山頂を目指します。
  start1.jpg


 山小屋は煌々と明かりがついています。
 night.JPG
 


 登っているうちに夜が明けてきました。
 rise1.JPG
 

 
 吉田口は山小屋が沢山あるので小屋に出会う都度休憩!
 rest1.JPG
 


 かなり登ったつもりが大した事はありません。
 view1.JPG
 


 途中にはこのように険しい個所も!
 まだまだ余裕があります。
 danger2.JPG 
 


 パノラマ写真。自然は雄大です!
 pano.jpg
 


 今回の登山は晴天! 歩くと暑く、止まると寒い。この時の気温は13℃くらい。
 danger3.jpg
 


 そんなこんなで頂上(10合目)へ!
 top.jpg
 


▼〜そして伝説へ〜 (頂上→下山開始!)
 やってきました富士山頂! 約7時間の行程を経て山頂に到着しました!
 それぞれの全力を尽くして登り切りました! 
 (軽装の外国人の方に撮影してもらいました)
 Top_of_japan.jpg
 


 頂上で食べた味噌ラーメンの美味しさは忘れられません。
 miso.JPG
 


 そしてここから後半戦、約3時間半かけて下山します。
 (ここから本当の地獄がはじまります)
 danger4.jpg
 


ここから先は一切写真がありません・・・・・申訳ありません。

それはなぜかというと「余裕が無くなった」からであります。

登りで全ての体力を使い切ったメンバー、
高山病の影響が静かに近寄っていたメンバー、
激しい足の痛みに耐えながら降りるメンバー等様々なドラマが生まれました。
多くの困難がありましたが全員無事に下山することができました。

後日web等で調べた結果、登山中の事故やケガは全行程の3/4あたりで発生するそうです。
折り返した後が一番発生しやすいのです。

勿論、今回参加したメンバーは全員元気に仕事しております。

とはいえ、部活動として見るとメンバーの体力不足、スキル不足、
準備不足等、様々な点で反省をしております。

今回参加できなかったメンバーは「来年は絶対参加したい!」と鼻息を荒くしており、
今回の登山の教訓を生かし来年も富士登山を決行しようと思います。
来年は十分に準備し、しっかりとトレーニングをしてから富士にアタックする所存です!

思い返せば私が富士登山を思い立ったのが去年の夏。
そこから少しずつトレーニングをして今回の富士登山を行いました。
やっぱり1年くらいは余裕をもって準備しないといけませんね。

話は逸れますが富士登山の為のトレーニングをしてきた副産物として、
免疫力が強化されてきたのか去年ほど風邪をひかなくなりました。
やっぱり運動って良いですね! 登山は歩くだけなんですが。

我々の職業であるゲーム屋家業はとかく運動不足になりがちです。
そもそもアウトドア部創設のコンセプトも運動不足解消なので
私だけは目標は達成している事になります(笑)

一人でも運動不足は解消できるという意見も頂いたのですが
一人で登っているよりも、複数人で登った方が圧倒的に楽しいし時間を忘れます。

仕事に似ているな〜と思ったのもこの部分。
自分だけの作業をコツコツやりながら、集団での作業につなげていく。
計画を折り返す前の困難で苦しい状況、折り返してからの苦しい状況を
助け合ったり勇気をもらったり!仲間と共に乗り越える! 
孤独では発見できなかった事も沢山あります
(一人でも見つけられる事はあると思いますが)

そんな事を改めて発見した富士登山でした。

さあ、来年も富士登山するぞ〜〜〜
体力強化に励むぞーーー!

気兼ねなく部活動できるように仕事も目いっぱいするぞーーー!!


それではまた!
posted by byking at 17:02| 日記

2016年08月31日

2016社員旅行に行って参りました。


お世話になっております。総務のミキティと申します。

さて唐突ですが、今年も行ってきました!社員旅行!
今回はその模様をブログにてお伝えします。



集合は朝10:00の新宿センタービル前
そこから我々の旅は始まりました。

1.JPG

大型バス2台をチャーターして、いざ出発。


約3時間のバス移動を経て、、


最初の目的地「伊香保グリーン牧場」に到着です。

2.jpg


ここでは昼食でBBQをいただき、
次の出発まで動物と触れ合って楽しみました。

羊がキュート!散歩もできます。

3.jpg

愛着がとても持てましたが、僕は君たちの仲間をたくさん食べてしまったよ、、すまないね

7.JPG


その後は「吹き割れの滝」という天然記念物認定を受けている滝を散策し、マイナスイオンを体に補てんしました。

4.jpg

空気がものすごく透き通っているのが体感できました。
これがFEEL UNIVERSEかぁ。


旅館へ着いたのが17時

各自休憩を取ったのちに、やってまいりました

バイキング社員旅行の大目玉
大宴会!!!

みんなで美味しいごはんとお酒を堪能し、
毎年恒例になりつつある新人の出し物で盛り上がった後、
ビンゴ大会で豪華賞品をめぐり大奮闘しました。

61.jpg

宴会が終わってからも各自ボードゲームやカードゲームや麻雀等で盛り上がりつつ一日目の夜がふけて、、、

次の日!大雨!!

なんて日だ!!

予定していた動物園は頓挫することになりました。
残念です。。。


そのため帰りは羽生パーキングで昼食を取って帰ってきました。
外観が江戸の町みたいで趣あふれる場所でした。

僕は名物一本うどん食べました!

5.JPG
うどんに味が染み込んでいて美味しいっ

今回から得られた教訓を活かして次回は雨でも楽しめそうなところを視野に入れて見たいと思います。


普段デスクに張り付き気味のみなさんも大自然と触れ合って
リフレッシュしていただけたようで何よりです!


幹事を一緒に努めていただきました篤史さんありがとうございましたー!

posted by byking at 12:59| 日記

2016年08月03日

『ZERO LATENCY VR』(ゼロ レイテンシーVR)に行ってきました!


こんにちは!
バイキングのデザイナーの成相です。

今回は会社のみんなと行ってきた
『ZERO LATENCY VR』の内容をご報告します。

160802_blog_1.jpg

まず『ZERO LATENCY VR』(ゼロ・レイテンシーVR)とは何かと申しますと、
VR用ヘッドマウントディスプレイとヘッドフォンを装着し
更に銃まで持って実際に歩き回りながら
仲間6人でゾンビを打ちまくるという
体感型のVRゲームなのです!

地球の裏側のオーストラリアにある会社が開発したこのゲームが
なんと日本でも楽しめるということで
『視察』という名目を掲げて行ってまりましたジョイポリス!


ゲームの設定が軍人になってゾンビを倒すということで、
まずは上官役のスタッフの方の説明を聞きます。
軍での上官の言葉には絶対服従ですから、
勿論返事は『サーイエッサー!』

160802_blog_2.jpg

次に装備を整えます。
背にはPCが入っているであろうリュックを背負い
頭はヘッドマウントディスプレイとヘッドフォンを装着。
そして手には専用の銃を持ち、ゾンビを倒す軍人達の出来上がり!
…結構重く本格的です。


160802_blog_3.jpg


このゲームは頭と銃にセンサーがついており、
一緒にプレイする仲間の位置や銃の角度がゲーム内でも反映していますが
見た目はフルCGに切り替わります。

そのためVRの視界では、
隣にいた仲間は『ゲーム会社の日本人』が『ムキムキの外人部隊』にっ!
手に持った『おもちゃの銃』が『本物の金属の銃』に見えるんですっ!
それだけでもう大騒ぎ〜!

場所はジョイポリスの何もない部屋から
戦場となる廃工場のような場所に切り替わりました。
勿論VRなので上を向いても横を向いても廃工場です。
そして振り返るとゾンビ〜〜!!
次々とゾンビが群れを成して襲ってきます!

これまでの画面越しのゲームと違って臨場感が半端無いです!
思わず後ずさりして仲間とぶつかりそうになる程ビビりました…。

身体を撃つよりヘッドショットすると高得点が得られるなど
ゲームの基本は抑えてあるので、皆高得点を狙って撃ちまくりです。

そしてゲーム終了。
時間にして15分程でしたが、汗ばむ程疲れました。
しかし通常のVR以上に臨場感があり面白かったです!
今後のゲームの新しいスタイルになると感じました。




posted by byking at 19:51| 日記

2016年07月28日

現役プランナーの尾畑です。

現役でプランナーの尾畑です。

今日は関西に来て、色々な方々と新しい戦略を練って活動中です!

数年後にはアッと驚くことになるかな^ ^

今夜には東京に戻りマジシャンズデッドの開発をしますぜ。

宜しく!

Slack for iOS Upload.jpg
posted by byking at 15:31| 日記

2016年07月22日

ニューゲーム!

こんにちは、そしてはじめまして。新人プログラマーワタナベです!
凄腕プログラマーである山村さんの元で修行を繰り返す日々の中、
今回の記事を書くことになりました。よろしくお願いします!


さて、私ワタナベはバイキングに入社して早3ヶ月半、
研修としてゲームを作ったり
写真1.jpg


更に研修でゲームを作ったり
写真2.jpg


現場投入されてゲームUI(ユーザーインターフェイス)を作ったり……
写真3.JPG


と、ゲーム作りの毎日!


しかし、業務はそれだけではありません。バイキングには新人業務が幾つか存在します。
それらを今回はご紹介します。

@ 清掃(週2回)
毎日曜日担当ごとに交代で皆さんが出社される前に掃除を行います。
内容としては会議室の机を拭いたり、フロアに掃除機がけをしたりなど。
バイキング社内は土足厳禁なので土が上がってしまうことはないものの、その分ホコリや糸くずが多めなので掃除機は丁寧に!
綺麗な職場で気持ちよく仕事をする為に大切なお仕事ですね!

A ゴミ出し(週1〜2回)
こちらも清掃と同じように曜日担当ごとに交代で昼休憩が終わった後行います。
皆さんのデスクを回ってゴミ回収するのですが、この作業の目的はそれだけではなく
まだ顔も浸透していない新人が先輩とコミュニケーションを取る事で職場に早く馴染んでもらうという狙いもあるそうです。

私はその真意にも気付けず「皆さんで一箇所に持ってきてもらったほうが早いんじゃないですか?」などと上長に言ってしまったことがあります……愚かでした……

B 電話応対(週1〜2回)
取引先の電話応対がどうもたどたどしくなったなーと思ったら4月だった、
と春の訪れを感じることもあるらしい電話応対ですが、バイキングでも電話応対は新人が担当します。
電話応対は会社そのものの印象さえ左右してしまいかねない重要な業務なので、
日々細心の注意を払いながら、かつ固くなりすぎず臨機応変に。
中々一筋縄ではいかない業務ですね。

電話応対はとにかく落ち着いて行う、これに尽きます。
当たり前のようですが、中々できないものです……(遠い目)



大まかな新人業務は以上の3つです。
今年の新人は全職種合わせて8人なのですが、交代で担当しているのでいずれも週1〜2回の頻度で仕事が回ってきます。

これらは基本的に入社2年目の先輩に教えていただきながら覚えていくのですが、
教えていただくにも先輩とちゃんとコミュニケーションを取って意思疎通が出来ないと
取り違いが発生したり、トラブルの原因になってしまいます。

意思疎通が大切なのはプログラマーとしての仕事でも同じことが言えます。
つまり新人業務をしっかりこなせばプログラマーとしてのスキルも上がる!!!
・・・といいなぁなんて思ったりします。

以上が新人業務の紹介です。
来年から社会人になられる方は、清掃はともかく電話応対は一般的な応対ケースをある程度覚えておくと4月からちょっと楽かもしれませんよ。


新人プログラマーワタナベでした。


posted by byking at 16:47| 日記

2016年05月24日

他己紹介をしてみよう

こんにちは。
ブログ3度目、シアター組では矢吹可奈担当のノグチです。

さて、いきなりですがガンスリンガーストラトス3が絶賛稼働中です!
皆さま楽しんでいただけているでしょうか?
今後もより良いゲームになっていくよう、運営開発チームも気合を入れていく所存なので、ぜひ遊んでみてください!


話は変わって。
今回も某日に行われた企画座談会についてお送りしたいと思います。

議題は、「他己紹介をしてみよう!」

バイキングにも新人企画マンが入社してきました。
そこで、企画座談会で自己紹介を行おうという話になったのですが、それでは去年と同じで面白くない。
だったらと、社長の尾畑が「他人同士を嘘を交えてさもすごい人であるかのように紹介し合おう!そっちのがおもろい(誇張表現)」といったことから、他己紹介をする、というのが今回の議題になりました。

……。

思いつきではないですよ?ちゃんと理由もあります(本当です)。
企画マンたるもの、とっさの状況で固まらず、アドリブを効かせないといけない場面が結構あります。
そこで、各人にその能力がどこまで備わっているのか、把握するのによいのではないか?
という主旨がしっかりとあります。


ということで他己紹介が始まりました。


ノグチ→Y氏への他己紹介

・Y氏はノグチとは同期であり、同じ専門学校出身。
・人柄がいいため、よく詐欺にあい、みんなが毎日彼の心配をしている。
・映画が趣味であり、特にバットマンのジョーカーが好き。
・ジョーカーになりきるため、放火の方法を調べている。
・ゲームの趣味は特殊であり、ノグチがおすすめしたゲームが彼の心をとらえることがない。


さて、ワタクシはどこまでアドリブで彼をすごい人に見せられたかというと……
結構本当のことをしゃべってしまっています。(放火や詐欺は当然嘘です)


やはりアドリブで答えていくとなると、どうしても自分が知っている情報を思いついた順に並べてしまいがちです。
たとえ、とっさにこうした方がおもしろいんじゃないか?というひらめきがあったとしても、
それを話に組み込んでいくことはなかなか難しいです。


この喋りのスキルは、会議などの話す機会で得られる経験値がとっても大事です。
会議などのかしこまった場だけではなく、
日々のプログラマーさん、デザイナーさんとの仕様相談、
企画マン同士のどうすればゲームが面白くなるかの議論etc.
経験値をためていける場は毎日に転がっています。


今回の座談会で、各人自分のスキルが把握できたかと思います(僕はへぼでした)
毎日に学び、一流の企画マンを目指して日々精進していきます!

IMAG0148.jpg

ではでは。




posted by byking at 10:50| 日記

2016年04月20日

「VRの可能性って広大」

はじめまして、リューです。
※紛らわしいですが、日本人です。

ハンドパワー対戦アクションに
日々、向き合っている企画です。


さて、今回も某日に行われた企画座談会について
お送りしたいと思います。

議題は、ゲームの未来を変えるかもしれない
期待のデバイス「VR」について語り合いました。



そもそも「VR」とは、「Virtual Reality」の略です。

簡単に言うとVRヘッドセットを装着して、
「現実とは異なる空間」を映し出し、
様々な「体験」を楽しむ装置です。


VRに対応すると、ゲームに
どのような効果をもたらすか?

例えば「レースゲーム」。

視界を左右に向けるとバックミラーやサイドミラーで
後続車の様子もしっかりと確認できます。
これまでのレースゲームには少し乏しいもので、
VRコンテンツならではの体験です!


そして今回は……
「どういうVRのゲームがあったら面白いか?」

これが、議論のテーマになりました。


早速ひとりのプランナーが……
「鳥になって飛び回りたいなぁ〜(実際の速度と同じスピード感で)」

…ムっ?
……ムムムッ!


ココで川平慈英さんよろしく、気付いたことがあります。
新しいゲームというか「体験」じゃないですか、ソレ!!


でも「新しいゲーム」とは、ある意味「新しい体験」を
もたらすこと事とも言えますね!

これは、「東方Project」みたいな、
人が空を飛んで弾幕を発射するシューティングが、実現しそうです。

シューティングゲーム以外にも、自分がスーパーマンになって、
地球全体を舞台にした、オープンワールドレスキュー
アクションなんか面白そうですね〜


次は、本座談会でもっとも盛り上がった話題、既存コンテンツの活用。

例えば……
「VRで冒険!モンスターボール投げて、ポケモンGETしたい!!」


もし「ポケモン」がVR対応だったら
自分で草むらをかき分けたりして、手探りでポケモンを探す遊びや
仮想空間のポケモントレーナーたちと、自由に交換やバトルの
申し込みをすることが、できそうです。

正にひとりひとりが「主人公」になった錯覚を当てられて、
新しい世界が広がりますね!

「膨大な数の魅力的なポケモンを、探す楽しさ」
「ポケモントレーナーとしてどう冒険するかの、自由度の高さ」

数ある日本のゲームの中でも、特にVRでプレイしてみたい
コンテンツの1つです。

自分の見える世界が、「ポケモンの世界」一色になるのは
魅力的ですし、陶酔感もケタ違いでしょう。

私が思うに「知ってるキャラをVRで!」というアピールには
大きな魅力があります。
というわけで、日本の強みである既存IPと
キャラクター資産の活用という面で明るい展望です。


そこで、思うのは「ソードアート・オンライン」!
絶対一度はやってみたいですね!

もし「ソードアート・オンライン」がVR対応だったら
自ら入って、戦うことのできる世界観が
大きな魅力となるでしょう。

先日発表された、
「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」

自身のアバター情報を生成するために
3Dスキャンシステムで全身を撮影!
さらに、プレーヤーの動きは、さまざまなセンサーを使い検出しています。

ヘッドセットには「Leap Motion」、「OVRVISION」というデバイスを採用し、
装着時の視覚を確保しつつ、手や指の動きを検知しています。
さらに、プレーヤーの前方には「Kinect」を配置し、体の向きや動き、
腕を振る動きなどを「Leap Motion」と合わせて最適化しています。

(公式ホームページより引用)


さらに、ボイスチャット機能も付いているので……

腕を動かすと剣を振り攻撃!
仲間と冒険しながら、チャットもいらずに会話ができたり!

と、夢が広がります!

「ソードアート・オンライン」の世界が
実現されるかもしれない!
というところまできている、2016年。

その第一歩となるデバイス「VR」。
これも含めて可能性は、広大だと思っています。




その範囲は、ゲームのコントローラーだって
パワーアップすると思っています。

例えばガンコントローラー。

こういったものが「VR対応」になっていけば、
弊社開発タイトル「ガンスリンガーストラトス」だって
ゲームの臨場感、没入感がさらに
上がっていくことが期待できるますよね!

私の憧れの爽やか系男子「風澄徹」になりきって、
世界中のプレイヤーと空中を自在に飛び回りながら
銃の撃ち合いをしてみたいです!
(でもリスポーンした時、紐なしバンジージャンプかぁ……)




それはさておき、ゲームの分野に関しても、
VRの可能性は広大だと思っていますが
VR遊園地など、ゲームではない分野も興味深いです。

VR特有の没入感という体験性をうまく転用することで、
教育や医療、デザインなど、その他幅広い分野に影響をもたらすという
可能性もあるとのこと。

病気などで、外に出れない子供も
仮想現実の中では、みんなが「ポケモントレーナー」になれるんだったら
素晴らしいことですよね。


「PlayStation VR」が
出てきたことで、盛り上がるVRワールド!

幅広い分野に普及することで、技術が進歩して
VRを被って、寝ながらゲームをできたらよいですね!
そこで脱衣麻雀をして……いえなんでもありません。



今後は、PS4同梱パックとかワイヤレスモデルとかも
出していくんですかね?

SONYさん、期待してます!

posted by byking at 19:57| 日記