2015年10月28日

開催!大喜利大会!!

こんにちわ、はじめまして!
今年の4月からバイキングでお世話になっている、新人企画のいっしーです。

先日、企画メンバーによる企画座談会が行われました。

司会は同じく新人企画のきょん。
彼の考えたお題目はズバリ『画像を見て面白いことを言おう』!
つまり大喜利ですね。

時に企画とは、瞬時に面白いことを思いつき、周りに向けて発信する力が必要な場面に出くわします。
そのような事態に対処する力を、楽しみながら養おうぜ!というのが、今回の座談会のコンセプトのようです。

座談会の内容は2部構成でした。
前半は1人1枚画像を選び面白いことを言い合いました。
笑いが起き、たまにシラケ、ボケの説明を行う者や、
「こうした方がもっと面白いんじゃないか」とアドバイスをする者など、様々な反応が飛び交いました。


写真1.JPG



後半はホワイトボードに張り付けた画像に対して、面白いことを瞬時に発言しました。
こちらは誰かの発したボケに更にボケを重ねて笑いを取るなど、前半とはまた違った反応が見られました。

写真2.JPG



また、そこから更に話は発展(?)して、
「お笑い番組とかで、笑い声につられて笑っちゃうことあるよね〜」という話しが出てきました。

確かにネタは正直面白いと思わないのに、そこにめちゃめちゃ楽しそうな笑い声が聞こえるとつい笑ってしまうことがあるかと思います。
またライブやスポーツの大会なんかでも、周りが盛り上がっているとつられて盛り上がってしまう経験って、みなさんにもあるかと思います。

そしてゲーム関係でも、実は似たような場面があったりします。

最近では、ゲームでも大会を実施するタイトルが増えてきました。
このゲームの競技化を『e-Sports』と呼んでいるのですが、スポーツの大会と同じように試合の様子を観客として会場内で見ることができます。

そして観客を盛り上げる施策として、実況者が用いられることがあるのです。
テンションの高い実況、熱気渦巻くオーディエンス、目が離せない上級者によるガチバトル、、、会場が盛り上がらないはずがないですよね?

このような効果をゲーム内で再現出来るようになれば、更にゲームを楽しんでもらう方法に繋がるかもしれません。
以上の結果へと実を結び、今回の企画座談会は幕を閉じたのでした。。。

普段と違う趣向で行なわれた今回の企画座談会。
その結果、思わぬ方向で話は発展し、新たな気づきにつながりました。
こういう進行も、たまにはいいのかもしれません。



posted by byking at 11:34| 日記

2015年10月14日

社員旅行へ行ってきました!

ご無沙汰しております。
イケメンじゃない方の佐藤です。

さて、今回は先日行ってまいりました
社員旅行のお話しをさせていただきます。

まず、社員旅行のスタートは集合場所である新宿西口に時間通りにくることです。
徐々に集まるに連れて旅行への期待が膨らみ、数名がテンション上がって
注意されてましたねww

そんなこんなで全員集合しそこからバス移動で山梨へGOです!
しかし、、高速道路が混んでいてなかなか進まずでした。
ですが!!!みんなテンションは落ちません。
なぜなら可愛いバスガイドさんが付いていてくれたからです。
それはもうみんな夢中でした。

少し時間を過ぎてましたが、山梨のグレープハウスに到着し、BBQを堪能しました。
BBQの後はぶどう狩りだったのですが、
実が大きくて、甘くて、、本当に美味しかった!
DSC_3843.JPG

DSC_3884.JPG

その後は、旅館へ移動し温泉に入って体を休め、
1日目の最終イベントである宴会に備えたわけです。
豪華なご飯とお酒、新人の出し物もありまして、めちゃくちゃ盛り上がりました!
IMG_4319.JPG

尾畑からもビンゴ大会を開催してもらいまして、豪華景品を目の前にみんな我を忘れて
自分の欲しい番号を叫んでおりました。
IMG_2017.JPG

遊ぶことも全力なバイキング社員たちは
この宴会の後も、各々ボードゲームをしたり、2次会でお酒を飲み続けていたとか。。
みんな明日もあるからほどほどにね。
といいつつ、もちろん自分も参加しましたよ^^

そして、翌日は朝から富士急ハイランドでまたまた思いっきり
遊んできました。
IMG_4302.JPG

絶叫系を楽しむ者もいれば、ひたすら食べ歩きをする者、
ナンパをしまくってやろうという者もいまして、
自分のやりたいことをやっていたようですww
みんな本当に欲張りだなぁ。


こんな感じのいろんなイベントで
2日間にわたって山梨を満喫したわけです!

いや〜〜、本当に楽しかったです!!
はやくまた社員旅行に行きたいなぁ。


それではまた〜

佐藤

PS 自分とともに幹事をやってくれた玉腰君
   お疲れ様でした。
posted by byking at 12:20| 日記

2015年10月07日

デザイナー報告会

はじめまして!

最近は某潜入ゲームにドッぷり浸っている、モリモリことモリサトです。
UIデザインを担当しています。

本日紹介するのは初の試み、デザイナー報告会です!

と言うのも、デザイナーチームも人数がかなり増えまして

「各プロジェクトで皆は何の仕事をやっているの?」と言う疑問を解消する場を設けよう!

と言う趣旨で企画されました。


blog_001.jpg


こちらはUIチームI氏のお仕事
会議室にあるモニターに画面を出しながら、デザインコンセプトや機能等を存分に語って頂きます!
この時はゲーム中に出てくる「全キャラクターに付いている共通のパーツ」を元にデザインを考えたりしたそうです。
国内外向けでアプローチの仕方や出てくる問題点が違って来たりするのは面白いですね。

後は、最近追加された画面を見せて頂いたりと、、



プロジェクトを超えてデザイナー同士で失敗した点等を全員で共有しつつ、
次に作るゲームでは「前回失敗した点を踏まえてこうやりたい!」と語る場にもなりつつあるようです。


手練れな先輩方の話を聞いていると、
デザインコンセプトや、そこに至った経緯をしっかり説明する事が出来るまで練っているのが伺えるなぁなんて。

私はまだそのあたりが苦手なのでしっかり身に着けて行く必要性を改めて感じたのですが
後は人数が増えた事で
同じ失敗をそれぞれのプロジェクトでも起こらないようにする、ノウハウの共有と言う場は大事だと感じました。


では、これにてお開き!
blog_002.jpg

2015年09月30日

物事を選ぶ理由

どうも、プランナーのカラタです。

さて、今回もひっそりとバイキングの企画人による企画人のための企画座談会が行われました。

3.JPG

もう第何回かわからないくらい、続いてきた由緒正しき企画座談会でついに尾畑が司会をする時がやってきました。
ちなみに尾畑というのはバイキングの社長です。みなさん覚えていますよね?
尾畑は新人に手本を見せるために、自ら司会を志願するような漢気溢れる方です。みなさん忘れないでくださいね!?


尾畑が選んだ今回の企画座談会のテーマは【それを選んだ理由】です。
テーマだけ聞くと抽象的でよくわかりませんよね。。
しかし、尾畑にはこのテーマにした明確な理由があるようでして、、、
気になる理由に関しましては後で触れようと思いますので、
まずは企画座談会の内容を簡単に説明します。


尾畑が「物事を選ぶのにはささいでも何か理由がある」と話し始め、企画座談会が幕を開けました。
それから不意に、企画座談会に飲み物を持ち込んだ2人にその飲み物を選んだ理由を聞きました。

カップタイプのカフェラテを持ちこんだ社員の返答は

・甘い物を飲みたかったから
・企画座談会の間に飲める量にしたかったから
・このメーカーを選んだ理由はビター系の中でも甘そうだったから
・この器にしたのは持ちやすさを重視したから

続けて、コク甘カルピスを持ち込んだ社員の返答は

・カルピスが好き
・新商品で飲んだことがなかった

というわけです。

これらの飲み物を選んだ理由としてあったいくつかの要点から
尾畑の分析が始まります。

「・この器にしたのは持ちやすさを重視したから」「・企画座談会の間に飲める量にしたかったから」
『飲むひとのタイミングや状況を想定していろいろなカップの形があり、いろいろな中身の量がある』と話を切り出し、

「・甘い物を飲みたかったから」「・このメーカーを選んだ理由はビター系の中でも甘そうだったから」
『こういう需要があるから、同じ飲み物で少しずつ違う味を揃え、他の商品に逃げられないようにしているのだ』とまとめていき、

「・新商品で飲んだことがなかった」
『というお客を狙って新たな商品を用意していく。そしてその新商品という売りを際立たせるためにPOPはつくるのだ』と完結させました。


このように、コンビニで飲み物を選ぶだけでも多くの理由があり、
その一つ一つがその商品をつくるためのコンセプトになるのだと尾畑は言います。


何気なく立ち入った本屋で平積みにされている本の中から一冊の本を選んだとして、その理由はなんだろう。
1・タイトル 2・表紙 3・裏の概要 4・帯
たくさんの本の中から選んだ一冊の本には、しっかりと考えれば「その本が売れる為の理由」が詰まっています。

そういった何気ない日常に”たくさんの考えるべきこと”があると教えるために、今回のテーマを【それを選んだ理由】にした尾畑は、
「常日頃から考えるクセを付け、自分で考え自分なりの答えに辿りつけるようにすることが大切。
 自ら考え自分なりの答えに辿りつくことができれば、その考え方に辿りついた答えが自分の武器になる」と語ります。


今までの話から変わり、我が社のタイトル「ガンスリンガーストラトス」というゲームの話を尾畑は始めました。
「アーケードゲーム」で遊んでもらうために重要なことは
・目につくようにする
・おもしろそう
・プレイしてもらう
これらの要素であると話し、「ガンスリンガーストラトス」はそれらの要素をしっかりと考えてつくってあると話します。
・目につくようにするために、筐体を大きくし、光るようにした
・おもしろそうさを出すために、プレイしているユーザーが良く動くようにつくる
・プレイしてもらうために、筐体を5台ワンセットで発売する。4人でプレイしてもらい、余っている1台で新規にプレイしてもらえるようにする。
「ガンスリンガーストラトス」はこういった色々な売れるための要素をいれている、だから売れる!と尾畑は断言し、今回の座談会は幕を閉じました。

4.JPG

企画座談会は、情報交換の場でもあり、企画会議の場でもあり、勉強会の場でもあります。
今回は勉強会という一面が大きい場となりました。
報告に近い形になってしまいましたが、これにて今回の日誌は終了となります。パチパチ☆


posted by byking at 17:50| 日記

2015年09月09日

「面白いTシャツがすーーーき!」

Hello from the first foreigner to work at ByKing! 
始めまして!BYKINGの最初の外国人です!

Shaun_1.JPG

I’m Shaun, 33 years old, Australian (G’day mate!), and I’ve been living in Japan for almost seven years.
私はショーンです、33歳です、オーストラリア人です。日本には7年間に住んでいます。
I’m an environment artist at BYKING!
私は背景アーティストです!
I love games, movies, beer, coffee and funny T-shirts!!! Take a peek!! The “ショーン” (my name in Japanese katakana) T-shirt is a little egotistical but it’s just a joke!
私はゲームや映画やビールやコーヒーや面白いTシャツがすーーーきです!!
見て!!ショーンTシャツはちょっと自信過剰そうけど、冗談だけです。

Shaun_2.jpg

But now if you see me on the street in Tokyo you know my name and can say “Hi, egotistical Shaun!” HAHA!
でもね、もし東京には私を見たら、“こんにちは、プライド高いショーン”と言うことが出来るね!笑!

Shaun_3.JPG

Nice to meet you, see ya!!
これから、よろしくお願いします! またね!



posted by byking at 14:18| 日記

2015年08月12日

ゲームにはまるポイント


こんにちは。

三度の飯よりアイマスが好きな企画のノグチです。
高槻やよい担当で、Pになってから3年半になります。そういえば入社してからも3年目になりますね。
バイキングで開発している『Rise of Incarnates』の開発チームの一員として日々頑張っています!

さて、自己紹介もそこそこに、
バイキング企画陣の恒例行事である企画座談会が先日行われました。

テーマはずばり「自分がゲームにハマるポイント、ゲームをやめるポイントについて」
このテーマについて、4月から企画として入社した貝塚を司会に据えて議論しました。


IMAG0065.jpg


ハマるポイントとして挙げられていたのは、

・そのゲームが目指したコンセプトが自分の趣向と合致した!(当たり前ですね)
・ストーリーやキャラクターなどの背景設定が徐々に浮き彫りになっていく感じが良い。
・様々なコンテンツが常に追加されて、ゲームに新しい風が吹き続ける。
・ゲーム内でコミュニティが形成され、そこで他のユーザーと触れ合う時間が楽しい。


色々とありますね。
人によって思うことはそれぞれなのでいろいろと参考になります。


さて、続いては逆にやめてしまうポイントです。

・コンテンツが消費されきって遊ぶものが無い。
・自由度が高すぎて、何で遊んだらいいのかわからない(オープンワールド系のゲームですね)
・対戦型ゲームで実力の壁を痛感してやめた。
・ゲームの難易度が高い。
・ゲームのサイクルが単調で、作業感を感じてしまいやめた。


とまぁ、このような意見が出ました。


僕もアイマスを例に挙げつつ意見を出していたのですが、
飽きられないコンテンツは常にユーザーの興味を引くものを出し続けているように感じます。


アイマスでは楽曲・アニメ・ゲーム・ライブイベント等々、様々なコンテンツが配信され続けています。
情熱が覚めそうでも、再熱させてくれるものが次から次へと流れてくるのでやめようかな、という気になりません。
そして10年間も続くコンテンツとして今でも多くの人を楽しませています。

ということは、情熱が消えるタイミングを新しい興味で上書きし続けられれば、
ずっと遊んでもらえるコンテンツが出来上がってしまうわけです!なるほど、難しいですね……。


運営型のゲーム開発に携わっている僕らとしては、
常にハマるポイント・飽きられるポイントを意識してゲーム作りに臨んでいきたいと思います!
「なぜ?」という探求を怠らずに理由を突き詰めていきたいですね。


それでは


ノグチ

posted by byking at 15:49| 日記

2015年08月05日

昼休みの過ごし方

はじめまして!!

プログラマーの「まう」こと山内です。
バイキングに入社してから、早くも3年が経とうとしています。

最近、日本でもリリースされたRise of Incarnatesの開発メンバーの一人です。

入社当時からRise of Incarnatesチームで働いていて、最初は和歌山から上京してきて
こんな大きいプロジェクトで自分の能力がどのくらい通用するか不安でいっぱいでしたが
上司、同期、後輩に助けられながら何とかやっていくことが出来ました!

今では、冗談を言ったり、ゲームやアニメの話をしたり。
会社の部活であるボルダリング部に入って汗をながしたり、冗談を言ったりと
冗談を言って日々楽しく働いています。



今日は、お昼休みにしていることを紹介したいと思います。

最近のトレンドは「大乱闘スマッシュブラザーズ for WiiU」です!!!
スマブラは今までの作品もずっとプレイしてきて、大好きなゲームの一つです。
また、アクションゲームを開発する身としては参考になることが多い作品です。

バイキングにはアクションゲームが好きな人が多く昼休みになるとWiiUの前に
プロジェクト関係なく人がぞろぞろとが集まってきます。

プレイする人もどんどん増えてきて今では8人プレイを出来るようになりました!
8人プレイにもなると、阿鼻叫喚で「ギャー」、「ワー」と、楽しくプレイしています。


mau01.jpg


後輩も一緒にプレイしているのですが、接待プレイという言葉を知らないのか
毎日コテンパンにされて心が折れそうな日々です・・・。


先輩としての意地を見せるために明日もプレイしようかと思います!
明日こそ負けん!!!



ではでは〜〜。




まう。
posted by byking at 20:36| 日記

2015年07月22日

もし10億円があったら

はじめまして!
4月に入社しました新人企画マンのきょんです。

先日、バイキング企画の恒例となっている企画座談会がありました。
テーマは「ガンスリンガーストラトスをプロゲーマーを使って最強に盛り上げるには」

そして条件が
・お金は10億円くらいまでなら使っても構わないとする
・2年以内に結果を出す(プロゲーマー達がガンストを盛り上げる状況を作り出す)
・宣伝広告イベントなど何をやってもいい(法律は守る)
という条件でみんなで考えようとなりました。

やはり注目すべき条件は10億円!
人生で誰もが一度は考えたことがあるであろうそんな妄想話を
ガンスリンガーストラトスでやってみようという

大!大!大妄想!
企画座談会について今回はお送りしたいと思います。

まず2チームに分けて、ブレスト形式でアイデアを出し合って
時間がくればお互いに発表するという形になりました。

gazou1.JPG

僕は尾畑チームだったのですが
「いっそ10億円の賞金出しちゃえ」
「ガンストのテレビ番組をつくろう」
「トラックに筐体積んで全国行脚しよう」
「バイキング所属のプロゲーマーをプロデュースしよう」

といった感じの夢のある話で盛り上がりました。
まぁ…10億あれば大体のことはできますよね!!

そして最後のまとめで
全員がブレストを上手くできるわけではないので、全員が話しやすい空気をつくる為に
テーマを絞るととても話しやすくなるので、そこを心掛けようということで終わりました。

gazou2.JPG

私の中で一番心に響いた、尾畑の言葉なのですが
「ブレストは話しだすとアイデアが一気に出だす。始めの話しやすい空気作りが肝心」

↑の言葉が本田圭佑の
「ゴールはケチャップみたいなもの。出ないときは出ないけど、出るときはドバドバッと出る」

何だか似てません?
すみません!いい言葉なのに変なことを言ってしまいました。。。

話が大きくズレましたがこれで終わりたいと思います!
ではでは。


posted by byking at 18:05| 日記

2015年06月04日

祝7周年♪

本日6月4日で8年目に入ったバイキング代表のオバタです。
う〜ん、なんか実感ありません。

という訳で毎週バイキング内でやっている全員連絡会の最中、

スタッフの一人から叫び声がッ

「ちょっとまってー。7周年記念にみんなに贈り物があるから!」

???

なになに?!何が始まるの?!

するとテーブルに次々と品が入った袋が並びます。

image1.jpg
ざわつき始めるバイキングメンバーww


袋を開けてみると・・・


IMG_0851.JPG


なんやこれ??

IMG_0850.JPG

チ・・チロルチョコレートに俺の顔が!!



しかも今まで放ってきた数々の暴言が!!!!www
(なにやらすべてで18種類もあるらしい)


あまりに問題発言が多いのでヤバイものは掲載自粛させて頂きます。ハイ。


それにしても嬉しいですね。こういうの。



オバタ



僅かに出すことが出来るやつ。
尾畑1.jpg

posted by byking at 17:01| 日記

2015年05月13日

僕とOculus

だいぶ暖かくなった今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。
GWが過ぎ、もう5月の中頃。
過ごしやすい季節だからってお腹を出して寝てたりしないですか?
どうも初めまして、プログラマーのカネです。

前回登場のプログラマーの奥井さんの弟子だったり
前々回登場のプログラマーのジモンと同期だったりします。

さて今回は前回の更新でちょこっと出ていた「Oculus」について触れていきたいと思っています。
私が「Oculus」を知ったのは結構遅くて去年のCEDEC2014の時でした。
当時も今もですが、私にはおいそれと買える品でもなかったので
淡い気持ちで「誰か買ってくれないかな〜」と考えていたら、本人も忘れた頃に
会社で買っておりました(笑)。

ちょっと遅かったですがバイキングにも「Oculus」というビッグウェーブがやって来ました。
いつも私はビッグウェーブに乗り遅れるのですが今回は逃しません!!
先輩や同期、師匠達をふっ飛ばして参加してきました(嘘)。

装着前に社内でも数名が先に試していたのを見ていましたが、
東京都内をジェットコースターで乗り回る感じのソフトになっており
「重力を感じる」だったり「怖い」という感想でした。
正直「ホントかよww」とか思っていたんですけど
いざ自分の番になり体験してみると、本当に重力は感じるし普通に怖いと感じてしまいました。
人間の5感の内の視覚が人間にどれほどの影響があるのかを改めて感じさせられましたよ……。

このような体験のできる「Oculus」を使ってゲーム作ってみたいですね。 大変だと思いますが……。
「Oculus」から見える3D空間はカクカクした感じは殆ど無くむしろヌルヌルに近い感じで見えたりします。
今回は「Oculus」に「Leap Motion」を合わせても使ってみました。
CEDEC2014では「Oculus」ではどの様な入力デバイスがいいのかという話もでていて個人的にはコントローラーではなく「Leap Motion」などの体を使ったデバイスが合っている様な気がします。
あと歩くという動作をどうするかですね。 
(「Virtuix Omni」という自分の足で歩くVRコントローラーもあったりしますね)
日々進化している入力デバイスに期待や不安を抱きながら面白いゲームを作っていきたいと思っています。

それでは今日はこのへんで!!

カネ

PS
写真は私が別のソフトで体験中に激写された写真です。(アホ丸出し!!!)IMG_6547.JPG

IMG_6563.JPG
posted by byking at 12:25| 日記

2015年05月11日

今後のゲーム機について

こんにちは。
新人の企画が4人入ってきてくれた中、唯一の企画2年生の栗山です。

バイキングでも「Oculus」を購入して色々遊びながらVRに感動しているところ
いいタイミングで社内の企画座談会がありました。

テーマもまさしく「今後のゲーム機について!!」
バイキングのプランナー、ディレクターの熱い議論(?!)の内容を紹介します!

では今後ゲーム機はどうなっていくのでしょう?
座談会ででた意見としては

 ・「Oculus」などの体感型ディバイスが多くでてくる!
 ・スマートフォンがますます主流になってる!
 ・ニコニコ動画やTwitchなどで配信ができる、見ているだけでも楽しいゲームが多くなって
  くる。
 ・PS4のシェア機能のような友達と離れていても近くで遊んでいるようにプレイできる環境
  ができてくる。

などがありました。

気軽にゲームを楽しむことでき、中にはコンシューマ機の性能を上回っているスマートフォンが今後さらに伸びるといった意見が大多数でした。

そんな中でバイキングが関わっているプロジェクトにはアーケードゲームもあります。
「アーケードゲーム」に可能性はないのでしょうか?

「アーケードゲーム」を発展させていくにはどうしたらいいのでしょうか?
という話の流れになりましたッ!


座談会では、

 ・スマートフォンでは味わえない要素に特化していく。
 ・カードなどの「もの」を得られるようにする。
 ・賞金制の大会などユーザーもお金を稼ぐことができる仕組みが必要。
 ・新規プレイヤーでもプレイしやすくする。
 ・ゲームセンターでしかできない体験ができる。
 
といった意見がでました。


スマートフォンでも、コンシューマでもなく「アーケードゲームでしかできない体験」……
となると、やはり「体感型ディバイス」は大きな可能性が見てきます。

ユーザーさんが高価なディバイス購入する必要がない、
気軽に最新ディバイスを楽しめるといった大きな強みがありそうです。

ゲームとしても、体感型ディバイスで架空世界をリアルに感じられる、
まさしく、「アーケードゲームでしかできない体験」の一つです。

しかし、「体感型ディバイス」に頼りすぎてしまえば、すぐに新しいものが登場する時代。

あっという間に取り残されてしまいます。

そうならないためにも常に「面白い」新しい体験、「面白い」新しい遊びを考えていくようにしたいですね。


座談会でも議論は延々と続いていくのでした(笑)

企画座談会_写真.JPG



posted by byking at 11:45| 日記

2015年04月30日

歓迎会の様子

初めまして、4月からバイキングでお世話になっている
新人の中で、(自称)一番ガンストを愛してるデザイナーの小山です。

今年の新人の中でトップバッターでブログ記事を書かせて頂くことになりました。

さて先週開催して頂きました、会社の歓迎会の様子を紹介したいと思います。

新宿某所のパーティ会場にて…
用意された美味しい食事に舌鼓を打ちつつ
kangeikai_1.jpg
各テーブルお酒も進み、盛り上がっていました!
kangeikai_6.jpg
kangeikai_3.jpg
IMG_3222.JPG

メガネ率の高いテーブルもあったり
kangeikai_4.jpg

仕事中とは違ったリラックスした姿を見ることも…!
kangeikai_8.jpg

先輩の経験談をお聞きして、気を引き締める一幕もありました。(ありがとうございます、うさぎ先輩!)
kangeikai_2.jpg

仕事中はお話しする機会のない社員の方とも話すことが出来て、とても楽しかったです!
皆様、写真撮影にご協力頂きありがとうございました!

posted by byking at 14:02| 日記

2015年04月23日

休憩も大切です♪

リラックスタイムが大好きなオバタです。

楽しいゲーム開発でも知恵を絞ったり作業をしていると疲れてくることもあります。

そんな時はリフレッシュ♪

ごろごろ寝ころぶもよし、漫画をよんで新しいネタを考えるもよし

な〜んにも考えずにマッサージチェアに身を預けるもよし。

そんな「リラックスエリア」がさらに充実しました。

なんとフカフカソファの導入です(笑)

IMG_0202.JPG

これ、試しに導入したのですが心地よすぎて癖になってしまいますね。

ついつい長居してしまいます♪


頑張るときは集中し、休憩するときはゆったりと♪なバイキングです^^
posted by byking at 11:50| 日記

2015年04月08日

企画者たる者 その3

こんにちわ
企画のいしだです。

4月になり、バイキングにも新しい仲間が入ってきました。
ぴちぴちの新入社員達は今、ゲーム業界に新しい風を吹かすべく
絶賛スキルを吸収中でございます。

今新人企画の子達は、お題に沿った企画書を作ってもらい、
私達に伝える訓練をしてもらっています。
これはその為に、自分達で遊んでみて感触を掴もうとしている所でしょうか?
4回目.JPG

そして、新人企画も参加した企画座談会にも触れていきましょう。
今回は新天地にて誰しもが通過儀礼として行われる
「自己紹介」
について

自己紹介……
自分がどういう人間かをアピールする瞬間。
ちょっと面白い事を言おうとして、ドン引きされたり
はたまた、ちょっとした小ネタが、以降語り継がれるくらいの大事になったりと
相手に与える最初の印象、評価となるかと思います。


何気ない事ではありますが、自己紹介も時と場合によって
アピールする内容は変わってきますね。
職場での紹介ならば、自分の職種や、仕事に関係しそうな趣味等
合コンでの紹介ならば、意中の相手に興味を持ってもらうような、趣味や喋り方等

やはりここにもコンセプトは存在しますね。
場合によっては一生を左右する事もあるかも知れません、
どう紹介していくか……どう思われたいか
目的を忘れずに。


余談ですが、バイキングはギャンブラーが多いようです。
posted by byking at 17:07| 日記

2015年04月01日

4月1日と言えば?!^^

こんにちは! 久しぶりのオバタです。

4月1日ですが特にエイプリールフールネタとかはありません(笑)

本日も粛々とオモロイゲームを創る為に活動中のバイキングです^^


ところで4月1日と言えばフレッシュマン!そう新入社員の入社日でもあります。

今年は8人のピカピカの一年生が集まりました。

これからどのようなクリエイターになってくれるのか、大いに期待しております。

112.JPG
バイキングの場合、新人研修を始める前に

先ずは各自名札を作って貰います。

名札と言っても馬鹿には出来ません。
先輩や同僚に自分の名前と仕事ぶりを覚えて貰う為の大切な道具です。


「各自、自由に考えて作ってくださいね」という説明をされて考え込む新人たち。

この時点から既に個性が出る筈なのですか…さて、どうなるのやら(笑)


明日からビジネスマナーを皮切りに本格的な研修がスタートします。

頑張ってついてきてくれよ!!^^

111.JPG


posted by byking at 21:57| 日記

2015年03月05日

異文化コミュニケーション

こんにちは!
「ガンスリンガーストラトスシリーズ」を担当しているプログラマーの高橋(TK)です!


昨日から、
タイにあるバイキングのグループ会社であるQスタジオからスタッフが出向でバイキングに来てくださいました!
全員プログラマーで、プログラマーチームが一気に賑やかになりました!


ゲーム開発してて初めての異文化コミュニケーション経験!
言葉が違えど面白いゲームを作る姿勢は同じ!
目指す方向が同じなのでコミュニケーションも取りやすいです!


tai01.jpg
左からピーさん、イッキュウさん、バードさん、ハートさん
タイでは子供が生まれた時に、親が自分の子供にニックネーム?を付ける風習があるみたいで、そちらで呼んでいます。
企画の佐藤さん(画面右)が仕様の意図を説明してる図ですね。



早く名前を覚えてもらえるようにタイ語でバイキングスタッフの名前を書いて頂きました!

tai02.jpg
訳:やまむらさん

おおー!
エキゾチックな雰囲気が漂ってくる字体ですね!カッコ良い!




自分の名前をタイ語で書いてもらうとどうなるのかな!
tai03.jpg
訳:TKさん

ええ!?
アルファベットかい!? しかもあだ名!?(かろうじて『さん』だけタイ語…)




「ガンスリンガーストラトス リローデッド」の開発も佳境に入り、今が一番追い込みをかけている時期です!

来週の14日(土)と15日(日)にネットワークテストを実施いたします。
http://gsreloaded.jp
こちらの公式サイトにて3月9日まで
ネットワークテスターの募集を行っておりますので是非ご参加の程よろしくお願いいたします!

それではまた!
posted by byking at 18:40| 日記

2015年02月18日

企画者たるもの その2

こんにちわ
企画のいしだです。

前回コンセプトについてお話しさせて頂きました。
その中で、「コンセプトをチームに浸透させる」には
人とのコミュニケーションが重要で、その際に
上手く喋れない事がひとつの課題として上がりました。
150128座談会写真.jpg

という事なので、第2回の企画座談会のテーマは
「トーク術」

会話の仕方次第で、話がスムーズに進んだり
逆にややこしくなったりします。

どんな事を気をつけていけば、会話が上手くなるのでしょう。

○トークにコンセプトを設ける
第1回でもお伝えしたように、どんな事にもコンセプトは存在します。
会話をする際、目的を作り、それを達成するように話しをしていく事を心がける。
最終的にどういう方向に持っていきたいか等も決めておくと、話をスムーズに進めることができます。

また、自分の目標とするもの全てが、達成できない場合もあります。
その場合の落とし所についても、コンセプトを決めておくのが良いでしょう。

○短く簡潔に
話が長くなればなるほど、話が耳に入って来なくなってしまいます。
できるだけ簡潔に話ができると良いです。
上記のコンセプトがしっかりしていると、やりやすいかと思います。

○相手を飽きさせず聞きやすい話し方を行う
淡々と喋っているだけでは、子守唄になってしまいがちです。
話しが長くなってしまうと、より相手を飽きさせてしまいます。
喋るスピード、アクセント、重要な場所では声を大きくするなど
常に変化をつけながら喋ることで、飽きさせにくくします。

○相手に意見を求める時には、自分が聞かれる立場で考える
自分が返答しやすい聴き方を行うことを心がけて見ましょう。
極端な例で言うと、「YES」「NO」の二択質問。
応えやすい質問をすれば、反応が返ってきやすい。
また、それをきっかけに話しを広げ易くなるのではないでしょうか。

○場数で慣れろ
何といっても会話は十人十色。
聞く人や、会話する人数規模等状況は様々です。
どうすれば伝わるのか、多人数や、知らない人の前では緊張する等の訓練は
やはり何度も会話をするしかないと思います。

また、思った事と違う展開に、話が発展することあるでしょう。
そうなるとアドリブを利かせていかなければなりません。
いろんな人と話す事で、話し方や情報等も吸収できます。
そうなった時のための武器になっていきますので
とにかく「色んな所で会話をする」という事をしておくのが良いでしょう。

最後に、自分が「この人喋りが上手いな」と思う人を見つけ
それを真似してみる。というのも良い手段だと思います。
因みに私はラジオパーソナリティ等参考にしたりします。
ラジオは会話だけで人を引き付けなければなりません。判りやすい参考例かと思います。


特に企画者は、各セクションに自分の思いと仕事内容を伝えていく頻度が高いです。
自分話ベタなので……ではいけません。
どんどん話しをして、会話の魔術師になっていきましょう!
posted by byking at 14:18| 日記

2015年02月10日

デザイナーの机の上事情vol.2

こんにちわ、再び登場のおっさんデザイナー三浦です。
前回に引き続き、デザイナーの(机の上)の紹介です。

今回、初めに紹介するのは何と「女子」!

そうなのです、一時期のバイキングは全員男、男、漢!の熱臭い集団でした。
それはもう楽しくも酷いもので男子工業高校のロッカールームの如し。

そんな事も今は昔。現在ではちゃんと女性も働いております。

それでは登場していただきましょう、エフェクトデザイナーのTさん!(の机の上!)
take_desk.jpg
う〜ん・・・ 
お菓子の食いかけあり、ガンスト愛あり、フィギュアがあり、良い意味でカオスですね。
基本的には、本人が満足し周囲に迷惑が掛かっていなければそれで良しとしましょう。
彼女は大きなプロジェクトの仕事を完遂した事で実力は赤丸急上昇中です!

次はこの方!
私と同じアラフォーデザイナーでありながら好奇心は10代のまま!
マスターエフェクトマン(ディレクター経験あり!)の岩崎氏!
iwa_desk01.jpg
あら!思ったよりも清楚系!
と思いきや

iwa_desk02.jpg
どーーん。 

丁度、隣の席が空いていたので書籍の資料置き場になっております。
ゲームや映画、Hobby雑誌等の資料が所狭しと並べられておりますね。
自由ですね!

それでは今回のオオトリ!
Bykingでモーションを担当している下田氏の机の上の紹介です。
彼は猫と戯れる事と肉を食べる事をこよなく愛する仕事の鬼。
shimo_desk01.jpg
年中無休!という意気込みとオーラが机の周辺からそこはかとなく漂っています。

ここだけが彼のスペースかと思ったら大間違い。
彼のコレクションを集めたスペースがなぜか会社内にあります。

shimo_desk02.jpg
これが彼のコレクションスペース。
※一部事情によりモザイク処理をしています・・・

そう、彼は開発者でありながらガンスリンガーストラトスのファンイベントに足しげく通い、
ちょっとずつ買い集めた品物を展示する事を何よりも心の喜びにしています。
(ファンになってくれた皆さん! 愛は開発現場に届いていますよ!)

shimo_desk03.jpg
カメラを引くとこんな感じ。仕事で悩んだ時はここで瞑想にふけるのかもしれません。

何はさておき、この様な形でゲームを楽しんでくれた人の熱い思いに触れる事で、
我々デザイナーとゲームに携わるスタッフ全員が元気を補充する事ができます!

皆さん!プレイしてくれてありがとうございます!
イベント等を頻繁に開催してくれてありがとうございます!
外国の皆さん!Rise of Incarnatesの方もよろしくお願いします!

という所で今回の「デザイナーの机の上事情vol.2」でございました。
お付き合い頂きありがとうございました。

次は「デザイナーの机の上事情」は一旦お休みにして別のネタにしようか悩み中。

それでは、さようなら!

posted by byking at 18:42| 日記

2015年02月04日

バイキングの息抜き

はじめまして、バイキングでプログラマーをやっております新井です。

現在担当しているRISE OF INCARNATESもついにアーリーアクセス開始となりました!
ユーザー様への公開直前ともなると、遅くまで多くのメンバーが残っている事も珍しくありません。

そんな時はバイキング恒例行事 ピザパーティーの予感です!

DSC_0034.JPG

ギリギリまでバグ修正やブラッシュアップに全力を注いでいる開発メンバーですが、この時ばかりは食欲の権化となります。
いつも注文する時には「こんなに食べきれるのか・・・?」と思いますが、結局いつも完食です。

食べ終わるとみんな作業へと戻っていきます。
若いメンバーもこの辺りをしっかり切り替えて仕事に戻るのでいつも感心しています。

私も若手に負けないように仕事に戻ろうと思います。では!
posted by byking at 19:44| 日記

2015年01月28日

企画者たる者 その1

こんにちわ
企画のいしだです。

先週、先々週とバイキングのプログラマー、デザイナーの紹介をしてきました。
今週は企画の番です。

バイキングの企画は
「常に面白いものを考え」
「他職種の方々が気持ちよく仕事できるように動き」
「決断する」
をモットーに仕事をしていくわけですが

新人の方々は未熟であったり、考え方は十人十色であったりするため
知識共有し、勉強する会を定期的に行っていたりします。

それが企画座談会!!
image2.JPG

という訳で、企画の紹介というよりは、こんな事考えてますよ〜という紹介になるかと思いますが、
企画座談会の風景とその内容について触れていきたいと思います。


今回は
「コンセプトについて」

よく耳にする言葉かと思います。
企画に限らず、どの職種にもついて回る言葉であり、
どこにでも存在する概念です。

最初に提示し、物事をスタートしていくわけですが
これがしっかりしていると、目標がハッキリし、それに対しての達成手段が絞り易くなります。
逆に曖昧だと、考えがブレやすくなり、曖昧なりの結果が返ってきます。

特にゲーム作りは1人ではそうそう行いません。大概チームで行いますね。
そして、ゲームの中身次第で規模が変わります。

規模が大きければ大きいほど、些細なブレも大きくなってしまうことがあります。
そうなると、着地点が見えないまま進行する事となり、放置すれば
時間だけが過ぎていく地獄になります。


という事で、やらなければならない事は……

■コンセプトを明確にする
もし、今考えているコンセプトに迷うようであれば
達成したい目標を絞り、細かくすると良いでしょう。

また、途中で出てくるアイディアを足した場合、
コンセプトに沿ってさえいれば、後付だろうと良いと思います。
それはゲームが豊かになる仕組みになるでしょう。

逆にコンセプトに沿っていなければ、余計なものとなると思います。

■コンセプトをチームに浸透させる
明確にするだけでなく、これをチームにも共有、浸透させていきます。
共有、浸透しているかどうかについて心配しないといけません。
共有できていなければ、ブレてしまいますから。

■コンセプトの根本を間違えない
例えば「爽快感」とコンセプトをおいた場合

・1発重い攻撃で思いっきりぶっ飛ばす!
・連続攻撃でコンボを決めまくる!

ここについて、選択肢として上がるのは問題ありません。
どちらも「爽快感」に沿っているから……
後は、決断するだけです。
しかし、これが

・時間差で攻撃がヒットする!

というのが選択肢として上がるのは問題です。
コンセプトに沿っていませんね。
判り易く例として出しましたが、根本が明確であれば
上記のような選択肢が出たとしても、間違える事無く選択、決断できると思います。


これらを意識していければ、次にすべき事の迷いが無くなっていくのではないでしょうか?


と、実際企画座談会ではもっと細かく話しはしていますが、この位で。
この後、コンセプトを意識しながら、即興5分で考えた企画プレゼン会等やってみました。
皆さん、流石企画マン、咄嗟でも面白いアイディア出してきますね。
中身を紹介する機会があれば、またその時に……
posted by byking at 18:30| 日記