2019年03月29日

マッチングシステムの考え方

こんにちは。
企画のノグチです。

今回は企画座談会で話された、
「マッチングシステム」についてレポートしようと思います。



マッチングシステムと一口に言っても、
コンセプト、ゲームデザインによってその要件は大きく変わります。
今回、自分たちは「多人数対戦ゲーム」のマッチングシステムに対象を絞り、

より実力が拮抗したマッチング、
より平等で、緊張感のある楽しいゲームにするのはどうするべきなのか?

これらの実現方法について話し合いました。


■基本的な考え

ではマッチングってどうやって考えているのか、ですが。

まず、マッチングを開始したプレイヤーを規定人数まで集め、
その中で指標値(多くはランクと呼ばれるもの)参照して強い順に並び変えます。
その後、上から順番に組み合わせを作成していきます。

この組み合わせを作成した際に、指標値に差がある場合は組み合わせを解消し、
再度規定人数を集めるところまで戻します。

規定人数が少なければマッチングまでのスピードが速くなりますが、
組み合わせの数が少ないので格差ができる可能性があります。

多ければマッチングスピードは鈍くなりますが、
より多くの人数と組み合わせを作成できるので格差がなくなりやすい可能性があります。

これが大まかなマッチングの考え方です。


■精度を高めるための工夫

では、じゃあこのマッチングの仕組みを踏まえたうえで、
実力がより拮抗するように精度を高めていくにはどうしたらいいのか?

例えば6vs6のゲームだった場合は、
上から12人の中で平均になるような組み合わせを選択していくのですが、
(それぞれアルファベットA〜Eはランクのイメージ)

・Aチーム:A、A、A、E、E、E
・Bチーム:B、B、B、D、D、D

単純な平均値で算出するとこのような組み合わせも発生する可能性があります。

平均的には誤差があまりない対戦にはなるのですが、
Aチームのほうが強いんじゃないか?
もしかしたらゲームデザインによってはBのほうが強い?
なんて場合がいくつも考えられそうです。

このような偏りを極力なくすために、
チームに交互にプレイヤーを割り振り、
割り振る度に平均値を出して低いほうに高ランクのプレイヤーを入れていく。

この方法で両チームに高ランクのプレイヤーを割り振り、
印象的・実質的な格差をなくしていくように組み合わせを生み出す考え方です。

そのほかにも
様々な方法論などが話し合われましたが長くなるので割愛します。
すみません。


■それでも起きる問題

色々方法論などは出ましたが、それでも完璧ではなく、
ランク的には正しでのですが、キャラクターの相性で負けてしまっている場合はどうするのか?
とか、
起きてしまった格差試合の価値の置き所をどうするのか?
等など、考えるべき点はまだまだあります。

キャラクターの相性差をカバーする方法としては、
マッチング後でもキャラクターを変更できる、武装を変更できる、
または、リスポーン時にそれらが変更でき、相性をゲーム内でひっくり返せるなどの方法があります。

起きてしまった格差試合に関しては、
その試合に勝てた場合にボーナスを与えるなどの方法はどうか、などといった方法も考えられます。

それ以外にも、
納得するまで再マッチングを任意で行えるなどなど。

座談会ではこれ以外にも色々話しましたが、この位で。

目指す先、理想の置き所にもよりますが、
完全な平等を目指したマッチングシステムの構築は、
かなり難しい課題だなと感じました。

・ランクが持つ見た目的な印象値
・実際のスキル
・キャラの習熟度
・キャラの相性
・チーム内の戦術の浸透
などなど参照する部分がとても多く、
それらすべてに対しての最適解というものは永遠の課題かなと感じています。

ただ、上記のような要因はありつつ、
ユーザーが「これなら戦える!このチームでなら戦える」と納得してもらうような工夫を盛り込むことで、
気持ちよくバトルに望んでもらえるのではないか?
というのが今回の結論です。

方法についてはゲームに合わせて色々検討していきたいです。
日々勉強、日々研究です。
ではでは。
posted by byking at 10:28| 日記

2019年03月20日

インディゴゲームスタジオさん訪問

こんにちは!

プログラマの瀬田です。

いよいよリクルートシーズンとなりバイキングでも採用活動を本格スタートしております。

今年はどんな方と出会えるのかと期待しつつ大阪の専門学校の作品展に参加させていただきました。

私は大阪でカプコンに勤めていたため大阪に来るのはとても懐かしさがあります。

そんななか学生さんの作品をみてまわっていると、目の前にカプコン時代の先輩の上山さんが!!

まさに新入社員として入社したときのチームでお世話になった先輩です。

現在はインディゴゲームスタジオさんにお勤めされています。
インディゴゲームスタジオさんには他にもカプコン時代の大先輩方がお勤めされているんですよね〜

オフィスはお近くとのことでしたので図々しくもご訪問させていだくことにしました!

1903201.jpg


するとその日は毎月オフィスで行っているパーティーの日というではないですか!
まさかそんな日とは知らずにすみません、、

そんななか快く迎えていただき、スタッフのみなさまにもご紹介いただきました。

パーティーはとてもアットホームかつ楽しい雰囲気で、みなさんで一体感のあるゲーム作りをされている様子が伝わってきましたね!

カプコン時代の話やいまのゲーム制作についてなどいろんなお話をさせていただきましました。

1903022.jpg

船水さん、醤野さん、上山さん、福本さんはじめスタッフのみなさま、お世話になりました。ありがとうございました。

とても刺激になりました!
先輩方と出会えたように新入社員といい出会いができるよう、これから採用活動を頑張って参ります!
posted by byking at 12:57| 日記

2019年03月13日

モチベーションの上げ方モーション編

こんにちは、モーションデザイナーのまじかるです。
今回はモチベーションの上げ方モーション編ということで
書いてみようと思います。

私は趣味でたまにお笑い芸人さんのライブを見に行きます。
芸人さんは誇張した動きをしてくださるので
モーション的にも時々気付かされるのですが、
先日はツッコミのポーズがとても印象的だという事に気が付きました。

03131.jpg

まさにこんな感じで、左腕以外は普通に直立してても、
左手を開いて横に向けるだけで「ツッコミ感」が出てきますよね。

これは恐らく、舞台で客席に体を向けつつ
少ない動きですばやく打撃を与えられるポーズであり、
これを受けるボケが大きな動きをする事で
緩急による笑いを表現できるのではないかと考えました。

つまりこのポーズは、ツッコミという笑いに必要な事を全て行っている
完成されたポーズなのでは無いかと考えました。


仕事は違ってもプロが作った面白いものは必ず深い意味があり、
それを感じるたびに身が引き締まります。
今回は、笑いつつ引き締まったことで仕事のやる気にも繋がりました。

以上が私のモチベーションが上がったお話です。
今回はモーション編ということで、せっかくなのでバイキングの
別のモーションマンにも話を聞いてみました。
************************************************************

まじかると同い年のHさん。

モーションの髭の方、ハギです。
私は最近プロレスにハマりだしました。

プロレスはただ試合を行うだけでなく
会場を盛り上げるために技の動作をダイナミックに大きく見せたりするので
技ひとつひとつがとても見映えのいい動きになっています。

打撃1つ取っても、予備動作や技の振り、動きの派手さなど
ほかの格闘技とだいぶ違ってとてもダイナミックで
すごい選手に至っては、最早ゲームキャラクターのアクロバティックさです。

03132.jpg

ゲームのアクションもシンプルな動きではなく、見栄えが良いものにしたいので
プロレスの魅せ方はとても参考になりますし、なにより見てて気持ちがいいです。
やっぱりダイナミックな動きを見るとモチベ上がりますね!
**********************************************************
ベテランモーションマンの小寺さん

モチベーションとしては仕事中の音楽ですかね。
自宅ではスマートスピーカーで家中どこでも音楽三昧な環境ですが、
仕事場ではBluetoothヘッドフォンと聴き放題サービスの合わせ技が最強。
アニソンやゲーム音楽ばかりヘビロテしています。

なぜアニソンやゲーム音楽が中心かというと、
その意図がわかりやすいものが多いからです。
「速い」「遅い」みたいに単なるスピード感だけでなく、
「冷たい」「暖かい」「鋭い」「硬い」「柔らかい」みたいな
音色の持っている感触もシンプルに伝わってくるのが良いです。

03133.jpg

実際にモーション作業中・・・とりわけカメラ演出のあるものは
感触というかノリが大事なので、その内容に応じて想い起こす音楽などを
わざわざチョイスして作業BGMとするときもあります。

イメージの根本を支えつつ、悩みや迷いによる手元の失速を
音楽でアゲるのが自分流モーション術。
***********************************************************

みなさん色んな方法でモチベーションを上げているみたいですね。
私もひとまずリフレッシュ目的で、色んな事をやってみようと思います。
posted by byking at 18:04| 日記

2019年03月06日

バイキング企画座談会 「ヒット感触を考えよう」

こんにちは、企画のノグチです。

今回は例によって企画座談会の内容をレポートしていきます※


今日の司会は5年目の栗山君

画像1.png

楽しそうに仕事しています



彼が持ち込んだテーマは、
「気持ちのいいヒット感触の作り方を話し合う」です。

アクションゲームを作っていく上で(ジャンルにもよりますが)、
「敵に攻撃を当てて気持ちがいい」だったり「攻撃を振った感触が気持ちいい」
といった内容は追求していく課題だと思います。


彼も例にもれず、
現在担当しているプロジェクトでアクション感触の調整を行っています。

今回の座談会は、そんな彼が他プロジェクトの企画マンが今まで開発してきた中で得た知見、
発売されているゲームから推察できること、参考になりそうなゲーム等などの情報を得るために開催されました。

今回は座談会で紹介された内容の一部を紹介します。


画像2.png

座談会の雰囲気はこんな感じです


・攻撃のベクトルに合わせて、攻撃ヒット時のカメラの揺れ方向を設定する
 
  敵のやられている動きだけでなく、
  カメラも同一方向に揺らすことで画面全体に影響をもたせ、
  気持ちよさをアップさせる方法です。
  
  
・ヒットストップを攻撃した側と攻撃を受けた側で変えた
  
  攻撃した側のヒットストップが受けた側より先に解除されるようにし、
  インパクト感を強くする方法です。
  
  
・殴られる側のキーポーズをしっかり見せる
 
  動き的に多少不自然でも、吹っ飛ばされた際の印象的なポーズをしっかり見せて
  やられた印象をしっかりと見せる方法です。
  

そのほかにも色々な方法のお話や、
参考になるおススメのゲームの話などで盛り上がりました。


画像3.png


座談会で共有、蓄積した知識は
他のゲームでも生きてくると思っています。
今回自分も学んだことをゲーム制作に生かしていこうと思います。

それでは


※1
企画座談会とはバイキングの企画陣が行っている知識共有し、勉強する会です
posted by byking at 18:05| 日記

2019年02月27日

技術書典に行ってきました

はじめまして、ネットワークチーム所属サーバーエンジニアのタテノです。
以前、ネットワークチームの紹介をした中村の相方兼、チームリーダーをやらせていただいています。

昨年になりますが「技術書典」という技術書系同人誌の即売会が池袋であったので行ってきました。
同人誌というとコミケが有名ですが最近は、技術書系の同人誌の数も増えてきたため
コミケとは別の会場で行われるほど規模が大きくなってきています。

私が行ってきたのは、昨年10月に行われた技術書典5で池袋のサンシャインシティが会場でした。
1時間ほど前に現地に到着したのですが待機列がビルの外側まで続いており予想以上に来場者が居ました。
あとから技術書典公式ツイッターで確認したところ1万人以上の来場者数だったそうです。

出展されている書籍はいろいろあり、 Unity やプログラミング系以外にも各種ミドルウェアや自作キーボードなどハードウェアに関するものもありました。

1902271.jpg

自分のお目当ての書籍は無事ゲットできましたがそれ以外にも色々気になる書籍があり予定より多く購入してしまいました^^;
XFLAGさんやKLabさんなどのゲーム会社の方も出展されていました。
XFLAGさん、KLabさんが出展されていた書籍はPDFで公開されているので気になる方は、チェックしてみてください。

現地では立ち読みエリアが設けられておりそこで書籍の内容を確認して購入できますが、
人気のある書籍はすぐ品切れになる可能性もあるのである程度は事前にチェックしてから向かったほうが良いと思われます。

なぜ昨年行ってきたイベントを今頃ネタにしたのかと言いますと、次のイベントの技術書典6が2019年4月に行われるそうです。
興味のある方は、ぜひ参加されては良いのではないでしょうか。
コミケ会場よりは混雑していないはず(コミケ行ったことないので個人的なイメージです)

バイキングは、Unreal Engine とかで技術書典に出したりしないのかなー。チラッ

技術書マニアのタテノでした。

そこ積ん読とか言わない。
posted by byking at 17:00| 日記

2019年02月20日

すべての道は肉に通ず

こんにちは、ブログには約半年ぶりの登場となります背景デザイナーの小山です。

三寒四温で体調の調整が大変ですが、
皆さんはいかがでしょうか?インフルエンザの予防接種は受けましたか?
私はなんとかインフルエンザの毒牙から逃げ切れそうなので、
この勢いで春まで乗り切ろうかと思います!

さて今回のブログのお題ですが「モチベーションの上げ方」。
モチベーション…、goo辞書で検索したところ
動機づけ、物事を行うにあたっての意欲、やる気。または動員刺激。だそうです。
何処にあるかな私のやる気スイッチ〜?

デザイナー的に言うと、美術館や展覧会へ行ったり、映画やCG作品を見たり、
3DCGのニュースサイトにあるTipsを見て作品のクオリティに刺激を受けたりして
モチベーションアップを図る感じでしょうか…!

背景デザイナー的に言うなら、旅行をしていつもと違う風景を見たり感じたり、
あえて近所を散歩して新たな発見を探したり、
自然に触れ合って背景の参考にしたりします。

ゲーム開発者的に言えば、
開発に携わったゲームで遊んで下さるユーザーさんの姿を見たり、
他社さんのゲームを遊んで刺激を得たりもします。

個人的にだと、友人と飲んだりお茶して励まし合ったり、
趣味に勤しんだり、自主制作をして気分転換を図ったり、
実家でのんびりしたりですね。

仕事中だと、自分が苦手な「モチベーションが下がるタスク」を
自分の取り組む課題にして「高難易度クエスト」と思って頑張ったり、
小さい目標を沢山立ててみたりしています。

とまあ、多種多様に色々有るのですが、
多分一番患部に速攻で効くのは焼いた肉です。

お肉はこちら!

肉の焼ける音、焼ける姿、香りにモチベーションがガツン!と上がり、
ハイテンションになること間違い無し…!!
またお仕事頑張ってこの肉を食べに来ようと、
会社から歩いて5分のいきなりステーキ大久保店の扉をくぐるのでした。
posted by byking at 14:55| 日記

2019年02月13日

JAEPOに行ってきました その2


お久しぶりです、企画のナガタクです。

今回のブログは、前回に引き続きJAEPOついて書こうかなと思います。
私ナガタクは大のアーケードゲーム好き、JAEPOのブログを書かないワケにはいきません!
決っっしてネタが被ったワケではないのです。

画像1.jpg

というわけで、JAEPOで試遊したゲームをいくつかご紹介!


・新作音楽ゲーム

まず体験したのは、完全新作な音楽ゲームです。
僕もアーケード音ゲーを嗜む身、新作とあれば試遊するしかありません!
張り切ってプレイしてきました!


さてこの新作、最大の特徴は筐体上にぐるりと360度円形状に展開されているタッチパネル。
このタッチパネルを使用してリズムに合わせてノーツを叩く、というゲームです。

360度全方位に迫るノーツを処理するため、腕をぐるんぐるん回します。楽しい。

また、タッチパネルには奥行きがあるので
フリック操作が左右に加え、前後の4種類を使い分けられるのが独特で印象的でした。

視野がタッチパネルに内蔵されているLEDライトで埋まるため、没入感が高いのも良いですね〜。



・某巨大な人から逃げるVRゲーム

次に体験したのは某アニメ作品の1シーンを再現したVRゲーム。
プレイヤーは馬に乗って障害物をジャンプや屈むことで避けつつ、巨大な人から全力で逃げます。

こちらの作品、僕が今まで遊んだVRゲームの中でもかなり没入感が高く、すごく面白かったです!!

障害物を把握する為、前を見ないといけない。
しかし、後方から重い足音がどんどん迫り、遂には頭上を飛び越え目の前に…!

と緊迫感溢れる内容で手に汗握る体験が出来ました。

ジャンプすると座席が大きく揺れたり、前方から風が吹いていたりと
没入感を高める工夫があちこちにあったのが印象的でした。

いやー、楽しかった!


アーケードゲームは自分の体を動かして遊ぶ作品が多いので
コンシューマー、ソーシャルゲームとは違った体験が出来ますし、触れていて良い気分転換にもなります。

皆さんも是非、ゲームセンター、そしてJAEPOに足を運んでみては?

というわけで今回はここまで。
また次回、お会いしましょう!
ではでは!
posted by byking at 18:07| 日記

2019年02月06日

JAEPOに行ってきました

こんにちは、そして始めまして。
去年からお世話になっておりますプログラマーの滝澤です。

先週1/25〜1/27に幕張メッセで開催されていたJAEPO 2019(ジャパン アミューズメント エキスポ)視察に行ってきました。
http://www.jaepo.jp/top.html

今まで 東京ゲームショウは何度か行った事がありますが、
JAEPOは初めてです。

1902061.jpg


まずは、新作のビデオゲームとゲームセンターではおなじみのガンシューティングをプレイ。
それとゲームセンターでは出ないらしいのですが試験的にやっているVR版のゲームを遊びました。

当たり前と言ってしまえばその通りですが、コンシューマーゲームに比べると体感するようなゲームが多いのが印象的でした。



ビデオゲーム系以外で感動したのは、両替機のモデルが置いてあったことですね・・・!
こういう物を取り扱っているのは さすがJAEPOですね
その他の機材やアーケードのレバーやボタンが売ってるのを見て勝手にテンション上がってました。

それと最近のゲームセンターは分煙化が進んでいるのでBOX型の喫煙所もありましたね。


キャッチャーやプリクラ、キッズ向け遊具などのコーナーもあり
よく考えれば、これらを含めてゲームセンターなんだなぁと感じました。

最後は新作キャッチャーで頂いたアイスを食べながら撤収。


今回初JAEPOになりましたが視察の機会を頂けた事に感謝をしつつ
いつかこの会場に自分が関わったものが並ぶようにこれからも頑張っていきたいと思います。


それでは、また。


posted by byking at 18:52| 日記

2019年01月30日

体で感じるって・・・大事



こんにちは、軍事評論家兼モデラーのTKです。
絶賛稼働中の超体感型ハイスピード対戦メカアクション『星と翼のパラドクス』
バイキングのブログ読んでる皆さんならもう遊んでくれたかな?!
まだ体感してない方も、初プレイは100円なので是非搭乗してみて下さい!
http://starwing.jp/


超個人的な話ですが、先日ちょっと良い出来事がありました。
社内の新人モデラーの子のちょっと良い話です。

2018年12月、私を含めた男3人で茨城県にある百里基地航空祭に飛行機を見に行く予定でした。
ところがその内の1人が仕事の都合で来れなくなってしまったのです!
色々手配済だったのでどうしたものかと考えていた時、あるスタッフの話が脳裏に浮かんできました。


新人の彼、前に「飛行機好き」って言ってたな('ω')! と。


「急な話だし遠いし無理かなぁ〜」と思いつつも聞いてみる事にしました。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
TK「明日、飛行機見に行くけど興味ある?」

新人君「是非参加したいです!」

TK「突然だよねぇ、場所は茨城県で朝早いけ・・・ん??いいの!?」
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


なんと即答してくれました!感動したっ('Д')!!
そんな新人君の姿勢は仕事にも表れていて、積極的に技術を得ようとするハングリー精神には自分も背筋が伸びる気持ちになります。

これがその時の航空祭の動画です。


F4戦闘機の耳の穴まで吹き飛ぶような金切り音。
駐車してる車のセキュリティーも反応してしまうほどの轟音と衝撃波。
漫画やテレビでは分からない。体で感じないと知り得ない面白い体験でした。

こういった経験でモデルの腕前が上がる訳ではないですが、作る時の【心持】は確実に変わります。
そして、それは確実にユーザーに作品を通して漏れ伝わるのです。
posted by byking at 11:45| 日記

2019年01月23日

プレゼンの練習をしよう

こんにちは!
年末にブログで登場した以来再び書かせていただくことになった企画のカイセイです。

最近、インフルエンザが流行っているみたいですね。
みなさんも予防をしっかりして気を付けてください。

さて、
今回は定期的に行われている「企画座談会」のお話をさせていただきます。


今回の議題は「プレゼンテーション」についてです。
「身近なものでも分かりやすく伝えられる練習するか!」
みたいな軽いノリからこの議題が決まりました。

今回の座談会の趣旨はずばり、上でも書いていますが「伝え方の練習」です。
プレゼン力という言葉がある通り、説明次第で物の伝わり方は良くも悪くもなります。
企画マンは自分の意見を相手に正確に伝えるスキルが大事!
ですので、しっかりと練習をしていきたいと思います。

内容は事前にプレゼンするテーマをいくつか決めておき、
発表者とテーマをランダムで決定しプレゼンしていく、というものです。


それでは、プレゼン内容に移っていこうと思います。

トップバッターはながたく(先輩)
テーマは、給食制度 ※1についてです。

まず初めに、
「給食制度を活用している方はいますか?(利用者は過半数割っていました)」の質問から始まりました。
それから給食制度の良い部分をいくつか説明して、プレゼンは無事終了。


プレゼン後、
尾畑が「今の発表で気をつけたこととかあるん?」と質問しました。


@聞いている方に質問をして参加させることで話を聞きやすく、興味を惹くように仕向ける
A給食制度を活用している人数によってプレゼンの内容を変える

以上の2点に気を付けていたようです。

受け手のことを考えて話し方を変えつつ、
話題の当事者にすることでのめり込んで聞けるように工夫していたんですね。
私はプレゼンをするときこの2点を考えられるほど自分に余裕がありませんでした。
今後、参考にしていきます。

トップバッターのながたくのプレゼンが非常に聞きやすく、
クオリティが高かったのでプレゼン後、空気がざわ…ざわ…していました。


次の発表者は、
我らの代表・尾畑です。
テーマは………なんとまた給食制度でした(笑)

思わず「同じテーマしんどいな(汗)」とぽつり。
プレゼンが始まると……、
「給食制度を活用している方はいますか?」と質問して天丼をしていました(笑)


このように進行して楽しく座談会を行っていました。

今回で学んだことは
・聞き手も「楽しく」「面白く」という工夫をすること
・話す内容を聞き手に合わせて考えること
です。
今回学んだことを吸収して日々精進していきます。



以上カイセイでした。



※1 給食制度とは、ワンコインで昼食を食べられる制度のことです
posted by byking at 17:13| 日記