2016年07月13日

「SME合同就職説明会2016」

はじめまして。
バイキングでデザイナーをしているオオヨシと申します。

先週7月5日(火)、Studio A-CAT様のお誘いで、
SME合同就職説明会2016に参加させて頂きました。
http://a-cat.co.jp/recruit/
↑SME合同就職説明会2016の概要はこちら。
今回はその模様をお伝えしたいと思います。

この合同就職説明会、実は昨年も参加させて頂いており、
今年はどのような方と出会えるのか、開始前からドキドキです。
場所は前回と同じく浅草橋ヒューリックホール2F。

到着早々にも、設営開始!

画像1.JPG

各社にブースが設けられていて、レイアウトは自由。
来て頂いた方が動画や資料を見やすいよう、机や椅子、ディスプレイを
配置していきます。
注)右の人は決してサボっているわけではありません。

セッティングは完璧!後は座して待つのみ。

画像2.jpg

世間のよしなし事を考えていると、、、。

開始時刻には沢山の方々が我がバイキングブースに!

画像3.jpg

皆さん真剣な面持ちで話を聞いてくださっています。
先月で設立8年を迎えたバイキングも、今では大勢の方に
知られる存在になり感慨もひとしおです。
ここでバイキングをより深く知って頂くために、
バイキングの企業理念も含め説明させてもらいました。

画像4.jpg

主催者であるA-CAT様のブースは立ち見が出る程。

結果、合同就職説明会はとても充実したものになりました。
今後もこういった説明会には随時参加させて頂く予定です。
ホームページでも採用情報を掲載していきますので、随時チェック
して頂ければと思います。

A-CAT様、本当にありがとうございます!
来年もまた呼んでくれると良いなぁ。

というわけで、バイキングでは随時デザイナーを募集しております。
我こそはという方は、是非是非ご応募ください!
http://byking.jp/recruit/
↑応募はこちらから!↑


posted by byking at 12:24| 日記

2016年07月06日

【マジシャンズデッドをツイッターで盛り上げよう】


初めまして。
今年新卒として入社しました。
プランナーのヒビキです。
自慢はドラクエ作曲家すぎやまこういち先生の
サイン入りCDを持っていることです。


ブログ用画像@.jpg


今回は某日に行われた企画座談会について書かせていただきます。

さて、突然ですが弊社では現在とあるゲームを開発中です。
その名も

「マジシャンズデッド」!

超能力を扱う者達と魔法を扱う者達の戦いを描いた、3VS3のハンドパワー多人数対戦アクションです。
現在公式ツイッターも絶賛運営中です。
(※リンクは最後に)

今回の座談会の議題はこれに関連したものとなっており、

「マジシャンズデッド公式ツイッターのフォロワーを増やす方法を考えよう」

というものです!

この議題を考える意図として、もちろんマジシャンズデッドを盛り上げていきたいという目的もありますが、
ゲーム以外での発想力を養う機会も必要である、という所も意図としてあります。

ということでマジシャンズデッドは無事春のロケテも終わって着々と開発を進めており、
今後ツイッターでどう盛り上げていくか、話し合いが始まりました。

ちなみに今年一番どうでもいい話だと思いますが、僕のツイッターのフォロワーはかなり少ないです(笑)

それはさておき、座談会は思わず企画陣みんなが「このネタは強い!」と唸るようなアイデアなども出て、
非常に盛り上がったものとなりました。

そして今回出たアイデアは、実際に公式ツイッターで展開していく予定です!

そのため申し訳ないのですが、どんなネタが出たのかをこのブログで紹介するのは
今後のネタバレとなってしまうので控えさせていただければと思います。

もし少しでも気になる方がいらっしゃいましたら、
是非マジシャンズデッド公式ツイッターをフォローしていただき、今後を楽しみにしてください!
私達も今回出たアイデアを実践することによって、実際どんな反応が起きるのかワクワクしております。
また、フォローをしていただくことによって皆さんにもいいことがあるかも…?


それでは今後のマジシャンズデッド公式ツイッターの動向にご期待ください!

(フォローは以下のURLからお願い致します。)


https://twitter.com/MagiDE_PR


ブログ用画像A.jpg


posted by byking at 20:24| 日記

2016年06月30日

映画部 第18回レビュー会「デッドプール」

みなさんお久しぶりです!
映画部副部長の河村と申します!

本日は、弊社の部活動の一つ、TK部長率いる「映画部」の活動を紹介したいと思います!

まず、どんな部活なのか!
とても単純!投票で決定した映画を鑑賞し、
レビュー会にてその感想を発表しあう部活です!

今回は、先日行った「デッドプール」のレビュー会の模様を
皆さんにお見せしたいと思います!


選手スタンバイ中。奥では既に戦いの火蓋が・・・。
Blog_MovieCircle_01.jpg



我らが部長。Tシャツからも本日の気合が感じ取れます!
Blog_MovieCircle_02.jpg



和やかな雰囲気でレビュー会開始!
今回は評価の低い人から順でおこなっていくことに!
Blog_MovieCircle_03.jpg



・・・そして一発目から部長の厳しい評価が!
手の先にはポップコーン!
怒りのあまり手が止まらず、開始早々残弾が尽きます!
Blog_MovieCircle_04.jpg



低評価の方からということもあり、だんだんと良い所の話が多くなっていきます。
現部長に対し、前部長の稲田さんは高評価。
劇中のアクション(特に吹き飛び方)について熱弁しています!
Blog_MovieCircle_05.jpg



各々、発表に相槌をうったり、時には意見をぶつけたりしつつレビュー会は進み、
発表会はついにトリ!久々のレビュー会参加となるYさん!
Blog_MovieCircle_06.jpg



首を傾げて低評価のムーブから、意見が溢れ出す!
Yさん、厳しい男だ・・・。
Blog_MovieCircle_07.jpg



レビュー会の後はお題決め!
ここでは候補を決めるだけとなっており、
投票は今回のレビュー会に参加出来なかった方も含めて行っております。
Blog_MovieCircle_08.jpg


今回は高評価の方が多いレビュー会となりました。
ちなみに私は高評価組です!

しかし不思議なもので、
良かった、悪かったと感じた劇中のシーンが同じ事はあるのですが、
それぞれそう感じた理由が違うのです。
こういったいい所もあるなぁ。
そう考えるとここは気になってくるなぁ。
と、毎回その映画に新しい発見があります!

また、映画の中身だけでなく、その感じ方を参考に、
関わっているゲーム制作を少し違う視点で見れる事もあります!

そしてなんと!お題となった映画の鑑賞には、会社からの補助が出ております!

娯楽と実益を高水準で兼ね備えた素敵な部活。
「映画部」の紹介でした!

Blog_MovieCircle_09.jpg




posted by byking at 16:10| クラブ活動

2016年06月21日

バイキング・アウトドア部活動記―高尾山編―

みなさまはじめましてデザイナーの斉藤と申します。
好きなものはビールです。ガロン飲みします。

バイキング社員の日頃の運動不足と体力低下を憂うデザイナーのミウラさんの熱い思いの下に設立されたバイキング・アウトドア部…
その記念すべき第一回目の活動(前回は戸山公園の箱根山だから二回目?)ということで高尾山へのアタックを敢行しました。
今回はその模様をお伝えしたいと思います。

6月某日―
IMG_5888.JPG
京王高尾山口駅に集合。
DSC_5246.JPG
風情のある参道を抜けてリフト乗り場に到着!
1466488644927.jpg
今回はお子さんも参加されているのでリフトを使いました。
流れるリフトを見ていると急激に眠気が…。
1466488636612.jpg
リフトを降りたら絶景!東京イズマイン!

ここからは頂上を目指して徒歩。

観光地とは言え山はやはり山。
日頃の運動不足と猛暑で体力の消耗が激しい…
休憩を挟みつつゆっくりと着実に足を進めていきます。

DSC_5283.JPG

高尾山名物の天狗とデザイナーのU氏。チャーミング!


長い石段を越え、もう一登り来るかなぁと思った矢先にヌルッと山頂に到着。
やったね!
DSC_5288.JPG
ミッションコンプリート!
DSC_5292.JPG
山頂で乾杯!お疲れ様でした!
山頂ビールヤバいマジで…アガります!

しばらく各々に山頂を堪能したのち下山開始。
DSC_5272.JPG
途中に中腹のビアガーデンに寄る話も出ましたが、開店時間まで1時間ほど待たなくてはならず、今回は見送ることにしました…

お土産を買って、ケーブルカーに乗り無事下山。
それぞれの帰路につきました。

いかがでしたでしょうか?

恥ずかしながら私、東京出身ながら高尾山を登るのは初めてだったのですが、
全て新鮮で心身ともにリフレッシュできました!

次回は本格的に富士山(予定)にアタックするとのことなのでその模様もお伝えできればと思います!




posted by byking at 21:07| クラブ活動

2016年06月09日

「ボードゲーム部はじまりました。」

こんにちは、バイキングのボードゲーム担当の せっきーです。


これまでは 飲み会の後や、社員旅行の夜など イベントがあると、ボードゲームを持ち寄り 皆で遊んだりしていたのですが
「普段からボードゲームを遊びたい」という声が集まり、ボードゲーム部が立ち上がりました。





どんな部活か? と言うと
もちろん、いろんなボードゲームを遊ぶ部活です。

写真1.JPG

ボードゲームは、大体4人〜5人くらい集まらないと遊べませんが
そこは さすが、ゲーム会社


お昼休みになると、昼食を終えた部員が 1人、2人とやってきて

「じゃあ、人集まったし ゲームやりましょっか」

と言うのが、普段の流れです。




毎週、遊ぶゲームを一つ決めて 遊びます。


たとえば・・・


写真2.jpg

「パンデミック」
プレイヤー同士が協力して、伝染病から世界を救うゲーム

「スコットランドヤード」
逃げ回るプレイヤー1人を、5人のプレイヤーが追いかけるゲーム


など、戦略を重視するゲームから



写真3.JPG

「バルバロッサ」
みんなで奇妙な粘土細工を作って 当て合うゲーム

「エセ芸術家ニューヨークへ行く」
みんなで1枚の紙に絵を描いて (お題を知らない)ニセモノ芸術家を見つけるゲーム


など、感性を刺激するゲーム



写真4.JPG

どんどん積み上げていくバランスゲーム


まで、いろいろあります。


面白そうでしょう





我々 バイキングは、コンピューターゲームを作っていますが
ゲームの面白さは ボードゲームだからと言って変わりありません。


ボードゲームからも良い刺激を受けつつ 制作に活かしていきたいですね。





写真5.JPG

最後に、ここが ボードゲーム部のゲーム置き場です。

なんか、既にたくさんあります


が、ボードゲーム部は まだ立ち上がったばかり
今後も ちょっとずつゲームが増えていくでしょう


まだまだ 出会った事の無い名作はたくさんあります。
もし、おススメボードゲームがありましたら 是非とも教えてください!!

posted by byking at 11:09| 日記

2016年06月02日

デザイナー新人研修レポート 第2回

どうも、今日は。
バイキング・デザイナーの下田です。
今回は前回に引き続き、今年度バイキングに入ったデザイナー新人の研修風景をレポートします。

今年度入った新人4人のうち残り二人、H君とS君はモーションデザイナーとして入ってきました。
なので、この下田が自ら直接、ありがた〜い教えを日々叩き込んでいるところです。
まだまだ、学生気分が抜けきらないようですが、二人とも一人前になれるように、日々努力しています。

1.jpg
日々の修行風景その1

2.jpg
日々の修行風景その2

3.jpg
チェック

4.jpg
チェックチェック

5.jpg
怒られてばっかり


はてさて、一人前になってバイキングを盛り立ててくれるのは何時になるのやら。


ここで幾つか、修行中のお二人に突撃レポート!


下) 社員として入社して学生の時と何が変わりましたか?

H) 学生の時は、作りたい作品を好き勝手作ってましたが、
今は指定されたものを一定以上のクオリティで作り上げないと
いけない所です。
あと、定例ミーティングがあるとこです、社会人って感じがします。

S) まだ研修中なので業務には就いていないんですが、
学校のようにいろんな分野の作業はせずにひたすらモーションを
つけると言う点が学生との違いだと思います。
またその分求められるレベルも上がるのでひとつの分野に全力で
取り掛かる必要があり、そこが楽しくもありますね。


下) 日々、モーションについていろいろ教わっていますが、学校で学んだことで
役だったことは何ですか?また、学校での学習とは、どのような点が違いますか?

H) 基礎的なことを学校で学んでなければ、作業速度が今より
とんでもなく遅かったと思います。
当たり前ですが学校ではモーション以外も色々授業がありましたが、
今はモーションのみに集中して学べています。

S) 学校で学んで役に立っていることは基礎的なツールの使い方ですね。
まぁこれは完全に私の学ぶ姿勢の悪さが原因で学校の先生の
責任では無いのですが、重心の見方とかカッコいいポーズの
理論なんかのモーション技術的な部分は学校で学んできたことが
あまりに少なく素人状態です。
というのも、今まで私は学生という消費者気分で単位がとれる程度の
出来で満足していたため高い技術を学習しようとしない状態で、
入社した後も当然技術は無く考え方も消費者気分のままです。
恐らくここが学校の学習と大きく違う点ではないかと思います。
学校では合格までの技術があればそれ以上必要ありませんが、
社会人は合格からが本番でその後永遠に技術を磨いていく
必要があるのだと痛感しました。


下) 修業は、辛いですか?

H) 毎日教わる事ばかりなので辛くはないです、
自分で気づかなかった細かな誤差なども色々分かったりするので。

S) これっぽっちも辛くないとは言いませんが、
現状は楽しい方が強いですね。
昨日より先輩の指摘が少ないとちょっとした達成感は得られますし、
次の目標があると日々にメリハリが付きます。
とは言え自分なりの完成品からボロボロと指摘が出るとその瞬間は
無力感がすごいですね、その後すぐにまた目標できるので立ち直れますが。


下) では、今後への抱負を一言お願いします。

H) 早く一人前になりたいです。
S) 今年一年で胸を張ってモーションデザイナーを名乗れるようになります。


こんな毎日を送っている、モーションデザイナー新人のH君とS君でした。
早〜く一人前になって、儂を楽させてくれ〜〜い。


〜告知〜
バイキングでは、2D、3D、モーションのデザイナーを募集中でございます。
ご興味をお持ちの方は、バイキングホームページの採用情報をご覧ください。
よろしくお願いします。

採用情報は、こちら↓
http://byking.jp/recruit/
posted by byking at 19:44| 日記

2016年05月24日

マジシャンズデッドのロケーションテストが始まります!

ご無沙汰してます。オバタです。


ついにマジシャンズデッドのロケーションテストが始まります。

まぁいつものことですが、ギリギリまで作っています(笑


初代のガンスリンガーストラトスのときもそうでしたが

全く新しい新作のロケーションテストというのは本当にチャレンジのし甲斐がありますね。

もう心震えます。


では、以下にイベント告知をします〜!

詳細:http://magiciansdead.jp/news.html#news20160519_01

■「マジシャンズデッド先行体験イベント」
ロケテスト前日の5月26日(木)の10時〜20時に
秋葉原 Yodobashi-Akiba 1階第1エントランス前スペースにて開催します!

ブースイメージ.jpg

こちらもよろしくお願いします!!


■Mr.マリック(超能力)VSももち(魔法)のセレモニーイベント開催!
5月27日(金)に秋葉原のHeyにて、マジシャンズデッドのセレモニーイベント
「Mr.マリック(超能力)VSももち(魔法)の異次元大戦?勃発!!「マジシャンズデッド」」を開催。


■ロケーションテスト一週目 5月27日(金)〜5月29日(日)

・東京都
会場 Hey


・愛知県
会場 名古屋レジャーランドささしま店

・大阪府
会場 namco梅田店



■ロケーションテスト二週目 6月3日(金)〜6月5日(日)

・宮城県
会場 仙台レジャーランド一番町店

・東京都
会場 セガ 池袋GiGO

・神奈川県
会場 ラウンドワン横浜駅西口店

・福岡県
会場 タイトーステーション 福岡天神店

posted by byking at 21:42| 日記

他己紹介をしてみよう

こんにちは。
ブログ3度目、シアター組では矢吹可奈担当のノグチです。

さて、いきなりですがガンスリンガーストラトス3が絶賛稼働中です!
皆さま楽しんでいただけているでしょうか?
今後もより良いゲームになっていくよう、運営開発チームも気合を入れていく所存なので、ぜひ遊んでみてください!


話は変わって。
今回も某日に行われた企画座談会についてお送りしたいと思います。

議題は、「他己紹介をしてみよう!」

バイキングにも新人企画マンが入社してきました。
そこで、企画座談会で自己紹介を行おうという話になったのですが、それでは去年と同じで面白くない。
だったらと、社長の尾畑が「他人同士を嘘を交えてさもすごい人であるかのように紹介し合おう!そっちのがおもろい(誇張表現)」といったことから、他己紹介をする、というのが今回の議題になりました。

……。

思いつきではないですよ?ちゃんと理由もあります(本当です)。
企画マンたるもの、とっさの状況で固まらず、アドリブを効かせないといけない場面が結構あります。
そこで、各人にその能力がどこまで備わっているのか、把握するのによいのではないか?
という主旨がしっかりとあります。


ということで他己紹介が始まりました。


ノグチ→Y氏への他己紹介

・Y氏はノグチとは同期であり、同じ専門学校出身。
・人柄がいいため、よく詐欺にあい、みんなが毎日彼の心配をしている。
・映画が趣味であり、特にバットマンのジョーカーが好き。
・ジョーカーになりきるため、放火の方法を調べている。
・ゲームの趣味は特殊であり、ノグチがおすすめしたゲームが彼の心をとらえることがない。


さて、ワタクシはどこまでアドリブで彼をすごい人に見せられたかというと……
結構本当のことをしゃべってしまっています。(放火や詐欺は当然嘘です)


やはりアドリブで答えていくとなると、どうしても自分が知っている情報を思いついた順に並べてしまいがちです。
たとえ、とっさにこうした方がおもしろいんじゃないか?というひらめきがあったとしても、
それを話に組み込んでいくことはなかなか難しいです。


この喋りのスキルは、会議などの話す機会で得られる経験値がとっても大事です。
会議などのかしこまった場だけではなく、
日々のプログラマーさん、デザイナーさんとの仕様相談、
企画マン同士のどうすればゲームが面白くなるかの議論etc.
経験値をためていける場は毎日に転がっています。


今回の座談会で、各人自分のスキルが把握できたかと思います(僕はへぼでした)
毎日に学び、一流の企画マンを目指して日々精進していきます!

IMAG0148.jpg

ではでは。




posted by byking at 10:50| 日記

2016年05月13日

ガンスリンガーストラトス3 稼働開始!


ガンスリンガーストラトスでプログラマーを務めていますTK(高橋)です。
最近は日本酒飲みたい病で、たまに何人か拉致って飲み行く事が増えてます。
高田馬場にあるウニ料理が食べれる某お店がお気に入りです!


ガンスリンガーストラトス2が続編の3の稼働に伴い、
5月11日を持ちまして稼働終了となりました。
運営期間がおよそ2年と、ユーザーの皆様に応援して頂けたお陰で長い間稼働する事が出来たと思います。

先日に行われたガンスリンガーストラトス2最後の大会「超天空杯」も、
約400チームもお集まり頂き、最後にふさわしい大会で締めくくれたと思います。
決勝トーナメントはほとんどの試合が3試合目までもつれるという、どちらが勝ってもおかしくない素晴らしい試合を見させてもらいました!
(決勝トーナメントで実験体7号のロマン技である下格闘が決まるとは思いませんでした。決まった時にうっかり吠えてしまった)



そして、先にチラっと触れましたが、
5月12日からガンスリンガーストラトス3がいよいよ稼働となりました!
http://gunslinger-stratos.jp/gs3/


ガンスリンガーストラトスシリーズもついに3作目を迎え、
1作目から開発に携わっている身としては感慨深いものがあります。



ガンスリンガーストラトス3のメイン要素の1つ「チームルームモード」
離れた地域で遊んでいるユーザー同士が同じルームに入室する事でチームを組んで遊ぶ事が可能です。
一緒に遊ぶだけではなく、離れた拠点同士でボイスチャットを使用し、声を掛け合って連携を取る事も可能です。
(生声を聞かれると恥ずかしいと思う方は、ボイスチェンジャーも搭載していますのでご活用ください)

開発中、深夜に遠く離れている何店舗かのゲームセンターにご協力頂いてプレイチェックを行いました。
(深夜にご協力頂いたゲームセンター様ありがとうございました!)
離れた拠点でコミュニケーションを行いながらチームを組んで対戦出来るというのはとても新鮮で不思議な感じがしました!
本当に同じ店でプレイしている感覚で遊べます。

チームを組みやすい&練習をしやすい土台は用意できたと思います。

「大会に興味があるけど、遠くに住んでいるメンバーと会って練習する時間が取れない…」
という方も、優勝を狙ってみるのはいかがでしょうか!


旧作からのプレイヤーの方も、新規のプレイヤーの方も満足して遊んで頂けるように運営開発も気合を入れていきます!
ガンスリンガーストラトス3を一緒に盛り上げていきましょう!!



posted by byking at 15:30| 日記

2016年05月06日

デザイナー新人研修レポート 第1回

こんにちは。バイキングデザイナーの駒形です。
背景を担当していまして、今回は新人研修担当の一人としてデザイナー新入社員に3D研修を行っています。そこで、今回のブログはデザイナー新人研修レポート第1回をお送りします。

デザイナー新入社員は4名です。Yさん、Tさん、SさんとHさんで、私の担当はYさんとTさんです。3D研修後は各デザイナー分野での研修を行っていただきます。SさんとHさんはモーションに特化された方で、新人研修レポート第2回で詳しく紹介されると思います。

各デザイナー分野での経験をしてもらう研修は去年から行っているのですが、今回は3D未経験ということですので、さらに基本的な事柄を習得してもらうための研修を行っています。また、フォトショップについても未経験とのことでしたので合わせて習得してもらっています。実際の作成に関しましては、なるべく簡単かつ作成の流れがわかるような方法をとり、段階的に難易度を上げて進めています。自分の専門柄、配置物や建物を主に作成してもらっていますが、作成する上で直線が多く、また適度に曲線も含まれるので3Dに慣れるには良いかと思います。

ここで研修中のお二人にコメントをいただいていますのでご紹介します。

1.3Dをはじめる前に感じていたこと

Yさん「学生時代はプログラマとしてゲームを作っていて、3Dで表現したい世界やキャラクターが作れることに憧れを持っていました。」

Tさん「これまでは3Dソフトを用いずに手で立体造形をしてきたのですが、時代的にも環境的にも、3Dは必ず習得しなければならないと感じていました。3Dも造形ツールのひとつとして勉強できれば、今後いろんなものを作っていけると思います」

2.実際にいくつか3Dで作成してみて感じたこと

Yさん「研修で作っている簡単なモデリングでも、それっぽく見えることに感動しました。どの制作段階でも手順を立てて行っていかないと、後になって無駄な手間が増えてしまうところが難しいです。」

Tさん「頭がパンクしそうですね…!目的のための手段が一つではない上、うかつに一歩踏み出すとエラーは出るわ、後々の修正で泣くハメになるわで、筋道と段取りがとても大事だなぁと思います。」

3.今後の抱負を一言

Yさん「2Dと同様に「こういう時はこう作る、こうすれば良い」というような持っているパターンを、自分の中で増やすことが上達にように感じたので、まずは数をこなして、自分の中に知識を蓄えて行きたいです。」

Tさん「まだソフトに使われている状態だとひしひし感じます。ソフト側に自分をフィックスしていければ、きっと素直なツールに化けてくれるんじゃないかなぁ…という気がしているので、焦らずにじっくり乗りこなしていくつもりです。」

まだまだ3D研修は続きますが、お二人にはがんばってもらいたいと思います。

また、ポートフォリオに光るものがある方でしたら、お二人のように3D未経験からでもデザイナーとしてスタートできますので、3Dでの制作経験がないからとあきらめずに是非是非ご応募していただければと思います。
blog160428.jpg

posted by byking at 20:20| 日記